総目次

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 去る2月16日、大阪梅田の某所で開かれたトークイベント「「学問2.0~交錯する理系知と文系知」第3回 ~学問は役に立たないといけないの?役に立つの?いやそもそも役に立つってどういうこと?」に行ってきました。普段土日は仕事なのでこの手のイベントには行けないことが多いのですが、今回はたまたま休日だったので開催4日前にイベントの存在を知ってそのままチケット取って突撃しました。
 内容は書籍化の可能性があるとのことなのでそちらに譲りますが、著書を買って伊勢田先生にサイン貰ったりできたのもあり行ってよかったなあと思います。

 もう一件、ワラキア公ヴラド3世を主人公にしたマンガ『ヴラド・ドラクラ』の二巻が出ました。登場人物がほぼ全員オッサンという渋すぎるマンガですが、ワラキア内の権力闘争や周辺大国との関係など面白い描き方になっているのでぜひしっかり続いてほしいものです。

 『ハルタ』はこれに限らずいい歴史ものをたくさん連載しているので頑張ってほしい雑誌のひとつですね。

 さて、新刊情報。
 井筒俊彦も亡くなってかなり経ちますが未だ関連本が沢山出ますね。
 先日『神秘哲学』が岩波文庫に収録されたばかりですが、今月は『意味の深みへ』が文庫化されるようです。解説が斎藤慶典先生なのでこれも楽しみ。
 集英社新書3月、重松伸司『マラッカ海峡物語――ペナン島に見る多民族共生の歴史』。著者の重松先生はインド世界の研究者の方。
 中公新書3月、河上麻由子『古代日中関係史――倭の五王から遣唐使以降まで』。
 山川出版社3月、歴史の転換点シリーズ小松久男[編]『1905年 革命のうねりと連帯の夢』。次の配本は第10巻のようです。予定は30日になっていますが、まあ山川のことなので翌月にずれこむくらいは想定しておくべきかなとは。
 岩波書店3月、日本のなかの世界史シリーズ、油井大三郎『平和を我らに――越境するベトナム反戦の声』。

 中国史関連も活発なようです。先日立ち上げられたばかりの志学社から吉川忠夫『侯景の乱始末記』が未収録稿も加えて復刊予定との由、予定は初夏頃とのこと。
 勉誠出版3月、アジア遊学シリーズの最新刊は山田敦士[編]『中国雲南の書承文化――記録・保存・継承』。多文化世界としての雲南をテキストという面から見た一冊になっているようでなかなかおもしろそうです。また同社のTwitterによると「中国史書入門 現代語訳」シリーズでは『新唐書』が作業中の他、『北斉書』の刊行も決定しているようです。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

レビューインデックス(50音順)

これまでのレビューにリンクで飛べるようになっています 著者名50音順

続きを読む

比佐篤『貨幣が語るローマ帝国史』


 副題は「権力と図像の千年」。貨幣の図像の分析をもとにローマの歴史を通覧する。

続きを読む

読書案内:歴史学の脇道としての現代思想

 このブログの近況記事をチェックされている方はお察しのことと思いますが、最近よく哲学書を読んでいます。きっかけはいくつかありますが、ひとつは現代歴史学が言語論的転回への対応に苦慮していた、ということです。記事タイトルからはヘーゲルやマルクスの歴史哲学、あるいは歴史の引き受け方を論じたベンヤミンの『歴史の概念について』などの話かと思われるかもしれませんが、その手の話はほぼ出てきません。
 この記事では、歴史学と哲学の関わりを中心に簡単な読書案内をしてみたいと思います。基本的には歴史学に軸足を置いている人を対象としているので、哲学書に関しては原典より解説書の紹介の方が多くなると思います。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 もう二月ですが改めて今年もよろしくお願いします。新年一発目の記事はまさかのセンター試験ネタでしたが、まあこれはちょっと書いておかないといけないなと。結論自体は煮え切らないものになりましたが。

 さて、新刊情報。
 岩波新書3月、10講シリーズの新刊はイタリアの模様、北村暁夫『イタリア史10講』 。
 同じく岩波から単行本エチェンヌ・ドゥ・ラ・ヴェシェール『ソグド商人の歴史』。こちらは2月7日発売なのでもうすぐですね。
 角川新書3月、大木毅『「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨』 。著者が大木先生なので歴史学寄りとは言え角川でこの手のテーマは珍しいような?
 中公新書2月、野村啓介『ナポレオン4代』。ナポレオン1世、同3世ならともかく、4代という枠組みで扱うのは珍しい気がしますねえ。
 また、刊行時期は未定ですが名古屋大学出版会から小川道大『帝国後のインド――近世的発展のなかの植民地化』。「イギリスによる統治政策の導入と浸透はなぜ可能となったのか。帝国の衰退と後継国家による群雄割拠のもと生じた在地の大変動から条件を探り、暗黒史観を覆す」とのこと。A5判448頁6800円と重量級の本ですが面白そうです。
 京都大学学術出版会より、岩本佳子『帝国と遊牧民――近世期オスマン朝の視座より』。こちらは今月発売。
 ちくま学芸文庫3月、前田耕作『バクトリア王国の興亡 ヘレニズムと仏教の興隆の原点』。
 あまり聞かない出版社ですが現代政治経済研究社2月、アッラーマ・ヒッリー『イマーム位を知るための高貴なる道』。ヒッリーは十二イマーム派の学者で、フレグ・ウルス時代に活躍した人物ですね。

 以下、最近読んだ本と観たDVDなど。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ