総目次

続きを読む

レビューインデックス(50音順)

これまでのレビューにリンクで飛べるようになっています 著者名50音順

続きを読む

野田仁・小松久男[編著]『近代中央ユーラシアの眺望』


 ソ連崩壊以後、発展を遂げてきている近代中央ユーラシア史研究の最新の成果をわかりやすくまとめた論集。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 お久しぶりです。一ヶ月くらい記事を書いていませんでしたが、裏では事情があって盛期オスマン帝国の文化史を色々調べているところです。それなりに色々読んでいるはずの地域・時代でも分野が微妙にズレると知らないことがザクザク出てきて勉強不足を痛感しますねえ。中でもちょっとおもしろかったのはイスタンブルにはスレイマン大帝の大宰相だったイブラヒム・パシャの邸宅が現存しているそうで、今は美術博物館兼カフェになっているそうです。

 もう一点、今年のサントリー学芸賞が発表されましたが、藤原辰史先生が『分解の哲学』で受賞されたようでめでたいことです。サントリー学芸賞、割と攻めた選考をすることが多い(そのため稀にちょっとハズすこともありますが)ので納得の受賞。

 さて、新刊情報。
 河出書房12月、菊池良生『ウィーン包囲――オスマン帝国と神聖ローマ帝国の激闘』。紹介文に「世界征服を企てるオスマン帝国」なんていう文言が踊っているので思わず笑ってしまいましたが、まあ菊池先生の本なら読み物としては面白いものになっているのではないでしょうか。
 白水社今月、ウルリヒ・メーラート『東ドイツ史1945-1990』。東独研究も色々盛り上がっているようで。同来月、エイドリアン・ゴールズワーシー『古代ローマ名将列伝』。古代ローマ、コンテンツとして割と人気が高い割にこの手の本が出ることが少ない気がしますが、面白そうです。
 吉川弘文館からは人物叢書シリーズ、森公章『阿倍仲麻呂』。結構な有名どころでも(有名どころだからこそかもしれませんが)後回しになっている人物がちょいちょいあるシリーズですが、阿倍仲麻呂もまだだったんですね……。また翌月には同シリーズで酒井紀美『経覚』。呉座先生の『応仁の乱』でも中心視点の一人として取り上げられていましたが、今回単独で評伝が出ることになります。
 山川出版社12月、歴史の転換期シリーズ、千葉敏之[編]『1187年 巨大信仰圏の出現』。1187年と言えばサラディンのイェルサレム奪還の年ですが、どんな内容になっているのか非常に楽しみです。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

境界を越えて旅するブッダ―インド、中東、ヨーロッパ、日本―

 違う宗教の人々が同一の人物を聖者、聖人として尊んでいるというのはしばしば見られる事例です。有名所ではドラゴン退治で知られイングランドの守護聖人でもある聖ゲオルギウス(聖ジョージ、アラビア語ではマール・ジュリエス)がパレスチナのムスリムの間でも崇敬されており、リッダ祭と呼ばれる祭日にはキリスト教徒もムスリムもこぞって彼の墓所に詣でるとのこと*1
 またやや知名度に劣るものの面白い事例として、カトリックの聖人として聖別されているフランスの聖王ルイ9世についてのものがあります。彼は十字軍で向かった先のチュニジアで没しているのですが、現地チュニジアの伝承ではイスラームに改宗し聖者となって人々を教化して後、この地で亡くなったということになっているそうで*2
 これらはいずれも聖者、聖人の話ですが、ある宗教の開祖が系列関係にあるわけでもない他宗教に肯定的なイメージのまま取り込まれてしまう事もありました*3。それが今回の主題、仏教の開祖、ブッダの物語の遍歴です。

 言うまでもなく仏教誕生の地はインドですが、現存する世界宗教のうち、仏教と初めて接触したのはイスラームでした*4。仏教は徐々に東遷していき、インドではヒンドゥー教が多数を占めるようになっていきますから、ムスリムと仏教徒の接触があったのは7世紀半ばから9世紀頃までということになります*5
 この時期のムスリムは仏教の教義についてもそれなりに関心を持っていたようで、書店主で文献学者でもあったイブン・アン=ナディーム(932頃-990)は『フィフリスト』の中で仏教徒のことを「シャマーニーヤ」すなわち沙門教徒と呼び、ブッダが信徒たちに神の言葉を伝えた旨述べています*6。また、『諸分派と諸宗派の書』で有名な分派学者シャフラスターニー(1076-1153)に至っては仏教でいうところの六波羅蜜や十善業をほぼ理解していたといいます*7
 学者たちの関心とは別に、民間でもブッダ伝は広く知られていたようで、四門出遊の逸話(シャカがまだ太子の頃、王城の四つの門でそれぞれ苦しんでいる人たちを見て出家を決意したというエピソード)を元にしたと思われる『ビラウハルとブーダーサフの書』という書物(ブーダーサフは菩薩の転訛)が流通していたとのこと*8
 おそらくは仏教の教義がどうこうというより、人生に普遍的な苦しみを扱う物語であるがゆえに広がったのでしょう。

 面白いのがこの書物の遍歴で、イスラーム世界に隣接していたグルジアにおいて翻訳が行われ、そこから『バルラームとヨサファット』というタイトルでキリスト教世界にも広がっているのです*9
 先に書いた通り仏教そのものは東遷していき、6世紀には日本にも伝来していたわけですから、ブッダの行状が形を変えユーラシアの東端と西端にまで到達していたということになります。
 ところが話はこれで終わらず、大航海時代に宗教的使命感に燃え、荒海の東アジアへ繰り出した宣教師たちは布教のため手に聖者伝をたずさえていました。この聖者伝の中に先の『バルラームとヨサファット』も含まれていました。
 これは最終的にローマ字表記で日本語訳され、1591年に発刊された聖者伝集『サントスの御作業』に「さん・ばるらあんとさん・じよざはつの御作業」として収録される運びとなったのです*10
 東へ向かったブッダと西へ向かったブッダが海を渡って同じ場所へたどり着いたわけですが、さて当時の日本人はこれらが元は同じであると気付いていたのでしょうか?
 いずれにしても、ローカライズされながらもユーラシアを半周づつして日本で再び出会った物語に、宗教圏を越えるブッダの魅力というものを感じるのでありました。

*1 菅瀬晶子『新月の夜も十字架は輝く』pp.35-36
*2 那谷敏郎『紀行モロッコ史』p.202
*3 逆に言えば系列関係にある宗教では珍しくはない。例えば、アブラハム系一神教において、イエスはキリスト教のみならずイスラームでも預言者である。
*4 なお既に滅びた世界宗教としてマニ教があるが、マニ教の開祖マーニー・ハィイェーは戦略的かつ積極的に既存宗教の取り込みを図り、イエス、ゾロアスター、ブッダの後継者を名乗っている(青木健『マニ教』pp.80-81)。
*5 小布祈恵子「ムスリムから見たブッダ」『クルアーン入門』p.475
*6 The Fihrist, pp.824-825
*7 森本公誠「仏教」『新イスラム事典』
*8 同前。
*9 岩瀬由佳「『ビラウハルとブーザーサフ』」『岩波イスラーム辞典』
*10 同前。

藤原辰史『[決定版]ナチスのキッチン――「食べること」の環境史』


 キッチン・台所からドイツの近現代史に迫った一冊。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ