総目次

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 年度も変わりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
 どうも季節の変わり目というのはよろしくないらしく、私は体調崩して寝込んでいました。この時期は毎年風邪を引きやすいので気をつけてはいたんですが、どうも引越し先で気候が違ったのが良くなかったらしく(今は元気です)。

 そう言えば、スニーカー文庫からユスティニアヌス時代のビザンツ帝国を舞台にしたライトノベル『緋色の玉座』が出るようです。戦国・三国ものはさておき、こういう本格派寄りの歴史ライトノベルは最近見てなかったので応援したいところ。読んでみて面白ければ、通常のレビューではなくて特集記事みたいなのを書いてみたいなあと思います。

 さて、近刊情報。
 明石書店の世界歴史叢書からチャールズ・キング『黒海の歴史』が今月20日。
 山川の「宗教の世界史」シリーズから小島毅『儒教の歴史』が5月28日に。このシリーズも忘れた頃に新刊が出ますが、今回は儒教。
 中公新書5月の新刊では桜田美津夫『物語オランダの歴史――大航海時代から「寛容」国家の現代まで』。中公新書の物語シリーズは各国色々出てますが、意外なことにオランダはまだだったんですねえ(ベルギーは出てるのに)。
 世界史リブレット人、渡部良子『ラシード・アッディーン』は、だいぶずれ込みましたが和田春樹『レーニン』と一緒に5月に出るようです。渡部先生はどちらかというとモンゴル帝国史ではなくイラン史方面からモンゴル時代イランを研究されている方ですが、どういう切り口になるんでしょうかね。
 勉誠出版からはなんと『隋書』の邦訳が! 『中国史書入門 現代語訳 隋書』というタイトルでこちらも5月。本紀全文と列伝のピックアップの邦訳ということになるようです(列伝のチョイスについては勉誠出版の書籍ページを参照)。全訳ではありませんが、それでもA5判520ページという大冊。この調子で他の正史の邦訳も出たらありがたいなあと思いますが、さて。
 日本史の方では真田丸が終わっても相変わらず精力的な黒田基樹先生が角川選書から『井伊直虎の真実』という本を。発売日はこれも5月。

 小説では佐藤賢一さんが中公からモハメド・アリを扱った一冊を出すようです。タイトルは『ファイト』で発売日は5月18日。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 この間野暮用で沖縄に行ってきたのですが、残念だなあと思ったのが予定がギチギチに詰まっていて勝連に行く機会がなかったことです。昨年9月末に勝連城(グスク)でローマ帝国のコインとオスマン帝国のコインが出土したことがニュースで取り上げられていただけに、一度現場を見に行きたかったのですが。
 オスマン帝国時代には既に勝連城は廃城となっていたそうなので、なんでそんなところでそんなものが出てきたのか非常に気になるところです。

 そう言えば、今年の大河ドラマは去年とは違った形で盛り上がっているようで。私は引っ越して以降テレビの入手を後回しにしていたのですが、やっと買えたので遅ればせながら毎週見ています。
 去年の真田家が国衆としてはかなりの勝ち組だったのに対し、今年の井伊家は「ふつう」の国衆なのでその辺の違いを見ながら楽しみたいところ。前回の放送では井伊家の男たちが揃って亡くなり、女城主直虎の登場ということになるわけですが、次回予告ではそう事はすんなり進まなさそうな雰囲気になっておりました。

 さて、新刊情報。
 山川出版社の世界史リブレット人、新刊は『ラシード・アッディーン』。
 山川と言えば『オスマン帝国治下のアラブ社会』はいつものことながら延期になったようでAmazonでは4月28日発売となっています。
 戎光祥出版「実像に迫る」シリーズ第七巻は亀田先生の『征夷大将軍・護良親王』で、発売は4月上旬。この間の『楠木正成・正行』に続いて南北朝ものということになります。
 森本先生訳のタヌーヒー『イスラム帝国夜話』下巻は4月21日。これは予想外に早く出ますね。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

たまには月夜に米の飯―西アジアの米の話―

 西アジア・北アフリカと言えば麦食のイメージが強いと思います。実際、アラブ圏での主要農作物は昔から麦類で*1、北アフリカの名物料理として知られるクスクス(粒パスタ)はひき割り小麦の料理ですし、エジプトやレヴァント(中東の地中海東岸地域)は古代以来の麦作地帯でした。
 そもそも、農業の発祥地の一つがあのあたりで、レヴァントからアナトリア高原の南東部、イランのザグロス山脈付近にかけて生育していた野生の麦をもとに、元前7000年頃から栽培が始まったと考えられています*2
 一方、世界三大穀物のもう一方の雄である米(なおもう一つはトウモロコシ)ですが、面積あたりの収量が世界トップを誇っているのはどの国かご存知でしょうか?
 日本はこと米だけは自給率が100%に近いというのはよく言われる話ですが、その日本の年間一ヘクタールあたりの収量がおよそ6.7トンで*3、世界平均4.5トンに比べてもかなり高いといえるでしょう。ところが、世界トップの一ヘクタールあたり収量は日本の収量を超え、世界平均のなんと二倍以上、9.5トンを誇っています。また、当該国家の米の生産高も600万トンに上っています。
 実はこの隠れた稲作大国、意外なことに先にも名前を挙げたエジプトなのです。
 ナイルの灌漑と長い日照時間のお陰ということもあるのでしょうが、近隣諸国ではシリア・ヨルダン・レバノンのレヴァント三国が生産なし、リビア・チュニジアが生産なし、スーダンが1.7万トン、エチオピアが13万トンということでエジプトの米の生産高は頭抜けているといえるでしょう。
 エジプト料理にも米を使ったものが少なくなく、葡萄の葉や野菜のご飯詰めや、国民食コシャリ(レンズ豆と米、パスタなどを炒め、トマトソースと揚げタマネギをかけた料理)、ご飯のモロヘイヤスープ掛け等々が存在しています。

 西アジア諸国の中ではイランでも米食が広く行われており、カスピ海南岸を中心に年間260万トンの米が生産されています。塩と油を加えて炊き上げた白ご飯(チェロウ)や具を混ぜて炊くピラフ(ポロウ)などはおもてなし料理として作られている模様*4
 ついでに言えば、モンゴル帝国時代に大部の歴史書『集史』を編纂したことで有名なイランのイルハン朝(フレグ・ウルス)のイラン人宰相ラシードゥッディーンは『残りしものと生けるもの』というタイトルの農業技術書を著していまして、穀物を扱う章では稲にもページが割かれていたりします*5
 さて、そんな西アジアの米ですが、パエリアなどの米料理で有名なスペイン・バレンシア地方にもイラク南部からエジプトを通り、アラブ支配の時代に広がったらしく、英語の「ライス」もアラビア語で米を表す「ルッズ」が転訛したものとのこと*6

 もともと麦食文化圏であった西アジアに、なんで米が広がったんだろうなということを考えてみる時に、面白いことを書き残している人がいます。ハプスブルク家からスレイマン大帝時代のオスマン帝国に派遣されていた外交官のビュスベックという人物です。以下は彼の報告書にある一節。

「私見では、穀物のうちでは稲、駄獣のうちではラクダからトルコ人は多大な益を得ている。この二つはともに彼らが行う遠征に極めて適しているのだ。米は劣化せず衛生的な食物であるし、少しの量で大人数の腹を満たすことができる。ラクダはかなりの重量の荷を運べ、空腹と渇きに耐え、さして世話に手間がかからない。(中略)スルタンは遠征に出る時、四万頭ものラクダと、ほぼ同数の荷ラバを準備する。目的地がペルシアであれば、その大部分はあらゆる種類の穀物――特に米――を積む。ラバとラクダはテントと武器、攻城兵器やその他あらゆる道具も運ぶ」*7

 確かに米は玄米は言うに及ばず精米でも適切に保管していれば1年や2年で食べられなくなったりはしませんし、(充分な水があるという条件はつきますが)炊くだけで食べられるので兵糧としても優秀だったのでしょう。
 桜井一彰氏の『オスマン朝の食糧危機と穀物供給』によると、イスタンブル付近の米所はバルカン半島の現ブルガリアのプロヴディフの周辺だったそうですが、やはりエジプトも重要な米所で、イスタンブルの食糧不足時にはエジプト総督に対して米の輸送を督促する指令が出されていたとのこと*8
 現代トルコの米の生産高は83万トンなのでエジプトやイランには及ぶべくもないながら、西アジア・北アフリカ諸国の中では比較的多い方に入ります。オスマン帝国時代の名残りもあるのでしょうか。

 ともあれ、西アジアは地理的にも文化的にも遠い地域のように思いますが、米の飯を同じくして食べる文化圏であるということは、知っておいてもいいのではないかなと思うのでした。

*1 大塚和夫「砂漠、農地、都市、そしてイスラーム」『世界の食文化10 アラブ』p.31
*2 大貫良夫他『人類の起源と古代オリエント』pp.52-57
*3 以下、統計数値は『世界国勢図会 第27版』に依る(データは2014年)
*4 鈴木珠里「似て非なる食卓の風景――イランの食文化」『イランを知るための65章』
*5 清水宏祐『イスラーム農書の世界』pp.20-21
*6 佐藤次高『イスラーム世界の興隆』pp.255-256
*7 The Turkish Letters of Ogier Ghiselin de Busbecq pp.108-9 より重訳
*8 櫻井一彰『オスマン朝の食糧危機と穀物供給』p.120, p.129

レビューインデックス(50音順)

これまでのレビューにリンクで飛べるようになっています 著者名50音順

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ