総目次

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 読書会で『文化史とは何か』を終えたので、次は『財政゠軍事国家の衝撃』に手を出しています。普段読まない分野の本というのはやはり頭を使いますねえ。

 本屋はやっと通常営業に戻ったようですが、新型コロナ自体が消えたわけではないので用心深くいきたいものです。

 さて、新刊情報。
 刊行月は未定のようですが、今年中に名古屋大学出版会より櫻井康人『十字軍国家の研究――エルサレム王国の構造』が出るようです。エルサレム王国について日本語で読める研究書が出るというのはまさにビッグニュースで、お値段8800円とそこそこしますが、これは買うほかないでしょう。
 講談社学術文庫7月、アンリ・ピレンヌ/『ヨーロッパ世界の誕生――マホメットとシャルルマーニュ』。かなり前に出た訳書ですが、文庫化されるようです。また同月、廣岡正久『ロシア正教の千年』。NHKブックスからの収録の模様。
 中公新書6月、中谷功治『ビザンツ帝国――千年の興亡と皇帝たち』。このあいだオスマン帝国通史が出た中公新書から、今度はビザンツ通史が出るようです。ビザンツを扱った新書はかなり長い間出ていないので新たなスタンダードとなることを期待しましょう。また同月、倉沢愛子『インドネシア大虐殺――二つのクーデターと史上最大級の惨劇』。こちらは現代史の本。『世界史のなかの文化大革命』あたりと併せて読むといいかもしれません。
 白水社6月、マイク・ラポート『ナポレオン戦争』。ナポレオン戦争を初の総力戦として位置づけての一冊となるようです。
 山川出版社6月、『戦国期足利将軍研究の最前線』。「○○研究の最前線」シリーズは洋泉社の新書で出ていましたが、洋泉社がなくなってどうなるのかと心配していたら山川が引き継いでくれたようです。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

レビューインデックス(50音順)

これまでのレビューにリンクで飛べるようになっています 著者名50音順

続きを読む

高橋進『ムッソリーニ』


 世界史リブレット人の一冊。副題は「帝国を夢みた政治家」。

続きを読む

根津由喜夫『聖デメトリオスは我らとともにあり』


 副題は「中世バルカンにおける「聖性」をめぐる戦い」。

続きを読む

ピーター・バーク『文化史とは何か 増補改訂版第2版』


 史学史、史学理論について扱った本だが、なぜテーマが文化史なのかには説明を要する。数え方にはばらつきがあるが、1970~80年代において、歴史学は「文化論的転回」を迎えた、とされる。これは、従来の社会史を基調とした研究の潮流が行き詰まりを見せるのと相前後して「新しい文化史」として現れた。本書は、その「新しい文化史」について、前史および今後の展望も含めて述べたものとなる。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
西アジア史が好きな一介の歴史好き。歴史理論にも興味があり哲学関係の本も読みます。
望月桜先生の『囚われの歌姫』を考証面でお手伝い中。

当ブログは管理人が読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ