総目次

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 先の近況報告で書いた通り京都の国宝展に行ってきましたが、個人的な目玉は後宇多天皇の宸筆でしたかね。後宇多天皇と言えば大覚寺統の非後宇多流と持明院統の双方を抑え中継ぎ天皇として後醍醐帝を立てたというかなりの豪腕政治家ですが、書跡の部で展示されており、どちらかというと仏教関係者(最澄の真筆も!)ゆかりの品が多かったところにポンと出てきたので思わず目を剥きました。
 年末は忙しくなってきそうな気配ですが、余裕のある時に年内あと一回くらい遠出しておきたいなあと思っています。まあどうなるか分かりませんが。

 さて、新刊情報。
 まずは来月の12月分。
 世界史リブレット人新刊は中島毅『スターリン――超大国ソ連の独裁者』。割と最近中公新書でスターリンの評伝が出ましたが(レビューはこちら)、違いがどう出るのか気になりますね。
 珍しいところから出ますが、集英社のインターナショナル新書から廣瀬匠『天文の世界史』という本が。著者は南インドの天文学などについて造詣の深い方のようで、ヨーロッパに偏らない文字通りの世界史になりそうです。
 作品社からはイブン・タイミーヤ『イブン・タイミーヤ政治論集』。編訳及び解説は(まあ他にはいないだろうというところですが)中田考氏。
 中公新書では佐藤彰一『剣と清貧のヨーロッパ――中世の騎士修道会と托鉢修道会』 、アリステア・ホーン『ナポレオン時代――英雄は何を遺したか』あたりが面白そうです。
 吉川弘文館の歴史文化ライブラリーは時々世界史ものを出しますが、12月分の新刊に古畑徹『渤海国とは何か』というタイトルが挙がっています。

 講談社学術文庫ではハードカバーで出ていた「天皇の歴史」シリーズが収録されるようです。このところ興亡の世界史といい天皇の歴史といいハードカバー本の文庫収録が続きますが、「中国の歴史」シリーズは相変わらず音沙汰がありませんねえ。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

レビューインデックス(50音順)

これまでのレビューにリンクで飛べるようになっています 著者名50音順

続きを読む

大野誠『ワットとスティーヴンソン』


 世界史リブレット人の一冊。副題は「産業革命の技術者」。

続きを読む

藤原辰史『トラクターの世界史』


 中公新書の一冊で著者は農業史がご専門の藤原辰史氏。副題は「人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち」。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ