近況・新刊情報と最近読んだ本など

 もう二月ですが改めて今年もよろしくお願いします。新年一発目の記事はまさかのセンター試験ネタでしたが、まあこれはちょっと書いておかないといけないなと。結論自体は煮え切らないものになりましたが。

 さて、新刊情報。
 岩波新書3月、10講シリーズの新刊はイタリアの模様、北村暁夫『イタリア史10講』 。
 同じく岩波から単行本エチェンヌ・ドゥ・ラ・ヴェシェール『ソグド商人の歴史』。こちらは2月7日発売なのでもうすぐですね。
 角川新書3月、大木毅『「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨』 。著者が大木先生なので歴史学寄りとは言え角川でこの手のテーマは珍しいような?
 中公新書2月、野村啓介『ナポレオン4代』。ナポレオン1世、同3世ならともかく、4代という枠組みで扱うのは珍しい気がしますねえ。
 また、刊行時期は未定ですが名古屋大学出版会から小川道大『帝国後のインド――近世的発展のなかの植民地化』。「イギリスによる統治政策の導入と浸透はなぜ可能となったのか。帝国の衰退と後継国家による群雄割拠のもと生じた在地の大変動から条件を探り、暗黒史観を覆す」とのこと。A5判448頁6800円と重量級の本ですが面白そうです。
 京都大学学術出版会より、岩本佳子『帝国と遊牧民――近世期オスマン朝の視座より』。こちらは今月発売。
 ちくま学芸文庫3月、前田耕作『バクトリア王国の興亡 ヘレニズムと仏教の興隆の原点』。
 あまり聞かない出版社ですが現代政治経済研究社2月、アッラーマ・ヒッリー『イマーム位を知るための高貴なる道』。ヒッリーは十二イマーム派の学者で、フレグ・ウルス時代に活躍した人物ですね。

 以下、最近読んだ本と観たDVDなど。

続きを読む

センター試験をネタにホラズム・シャー朝の滅亡について考える

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 さて、世間ではセンター試験が行われたようで、受験生の皆さんはお疲れ様でした。私は毎年趣味で世界史Bを解いているのですが、今年は近現代史の問題が多かったようで、前近代に偏りがちな人間としては少し苦戦したので勉強の必要性を感じているところです。
 それはそれとして、試験内容として今年は以下のような問題が出題されました。

2019センター
(2019年センター試験、世界史B、p. 32より引用)

 モンゴル帝国を主題とした問題で、チンギスが題材になっているものです。問題の本文はチンギスという人物の権威化、いわゆるチンギス統原理の形成について述べられており、なかなか面白い内容になっているのではないでしょうか。
 ただここで問題にしたいのが問5です。ワールシュタットの戦いでモンゴル側を率いたのはバトゥ(直接分隊を指揮したのはバイダル)、大都を都としたのはクビライ、チャハルの出現は北元のダヤン・ハーン以降、ということで消去法を取れば正解は①ということになりますが、さてチンギスはホラズム・シャー朝を倒したのでしょうか?

(以下、長文になるので折りたたみます)

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 さて、今回が本年最後の近況記事になりそうです。年末はなんやかんやと忙しいわけですが、一応年間読書目標の120冊は突破したのでまずまずかなあと。下半期は哲学書の冊数が多かったのでブログの更新回数は減ってしまいましたが。
 友人との読書会も不定期ではありますがE・W・サイード『オリエンタリズム』、保苅実『ラディカル・オーラル・ヒストリー』、G・C・スピヴァク『サバルタンは語ることができるか』と三冊こなしているのでこの調子で続けたいところです。スピヴァクが難物すぎたので次はフーコーの予定。

 さて、新刊情報。
 明石書店1月、山口昭彦[編著]エリア・スタディーズシリーズから『クルド人を知るための55章』。言われてみれば出てもおかしくないのにまだ出てなかったなあという一冊。クルド人について時事からはやや距離をとって概説的な一冊が出るというのは非常にありがたいことです。
 平凡社ライブラリー1月、中世思想原典集成は『ラテン教父の系譜』。解説はアガンベン関係でよく名前を見かける岡田温司先生。同じく平凡社の「中世から近世へ」シリーズ1月、黒田基樹『今川氏親と伊勢宗瑞――戦国大名誕生の条件』。相変わらず黒田先生はガンガン本を出しますねえ。テーマとしてはこのシリーズの割にはやや古い時代になりそう。同シリーズ2月には長澤伸樹『楽市楽座とはなにか』。こちらも概説書で一冊扱うというのはけっこう面白い試みのように思います。期待。
 白水社1月、マニング・マラブル『マルコムX』。マルコムの大部の評伝(四六判上下併せて800頁超)の和訳が出るとは。
 ちくま学芸文庫2月、『資治通鑑』。抄訳のようですがそれでも文庫で624頁とのことでなかなかの大冊。マストアイテムになりそうです。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 しばらく放っておくと既読の本がたまって一冊あたりの紹介内容が薄い記事になりがちなのでこまめに書かないといけませんねえ。
 それはさておき先日大阪でうろうろしていた時の話。普段なら梅田のジュンク堂か紀伊國屋書店で本を探すところ、駅ビルの蔦屋書店というところに初めて入ってみたのですが、売り場面積はさておきジャンル毎に単行本も新書も文庫もレーベル関係なく置いてあってジュンク堂や紀伊國屋とはまた違った発見があって面白かったです。大阪に行った折にはまた寄ってみたいところ。

 さて、近刊情報。
 山川の歴史の転換期シリーズ、次の刊行は島田竜登[編]『1683年 近世世界の変容』の模様。750年を楽しみにしてるんですがなかなか出ませんねえ。発売は12月下旬。
 同じく山川、今月末に日本史リブレット人の新刊、林淳『渋川春海――失われた暦を求めて』。小説『天地明察』が面白かったので手軽に主人公の渋川春海の実像に触れることができるのはありがたいところ。
 中公新書12月は注目の本が二冊。まず坂井孝一『承久の乱――真の「武者の世」を告げる大乱』。『応仁の乱』、『観応の擾乱』ときて次は承久の乱。先の二冊も面白かったので、これも期待が大きい一冊になりそうです。
 次に小笠原弘幸『オスマン帝国――繁栄と衰亡の600年史』。新書でのオスマン帝国通史だと鈴木先生の『オスマン帝国』以来ですから実に26年ぶりですか。内容紹介をみている限りだといわゆる最盛期以降もきっちり書いてあるようなので新たなスタンダードになることを期待したいと思います。
 勉誠出版12月はアジア遊学シリーズで永山ゆかり・吉田睦[編]『アジアとしてのシベリア』。あまり見ないテーマですが、非常に面白そうです。これで一冊出せるのはさすが勉誠出版。変な本出さずにこの路線で頑張ってほしいものです。
 白水社12月、これはまさかですが、エリザベス・ドネリー・カーニー『アルシノエ二世』。クレオパトラの先駆者、という煽り文句がついていますが、ヘレニズム諸王国の人物で評伝が出るというのはそれこそクレオパトラ意外では非常に珍しいと思います。訳者は安心の森谷公俊先生。
 11月末、戎光祥出版から大庭裕介『江藤新平―尊王攘夷でめざした近代国家の樹立』。江藤新平と言えば毛利先生の本がイメージを形作って長いことたつような感じですが、ちょっと目新しめの論点のようなので楽しみです。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 先日福井に旅行に行ってきました。20年ぶりくらい(つまり前に行ったのは開館時)に恐竜博物館に行ってきたわけですが、やはりのどかな風景の中に突然メタリックのドームが出現するとインパクトがありますねえ。獣脚類展の会期だったわけですが、流行りというべきか鳥との関わりに着目した展示になっていました。協力してくれている博物館の大半が中国だったあたりは時勢だなあと。
 平日だったにも関わらず、駐車場に水戸や神戸、島根ナンバーの車が止まっていてなかなか遠方からの来館者も未だ多いようで、繁盛しているなら何よりです。

 さて、新刊情報。
 中公新書10月、佐々木雄一『陸奥宗光――「日本外交の祖」の生涯』。中公新書の人名タイトルものは良書が多いのでこれも期待できそうです。
 刀水書房10月、宮脇淳子『モンゴルの歴史[増補版]』。増補内容がどういうものなのかちょっと期待と不安が半々といったところですが、元の本を持っていないのでこの機会に入手したいと思います。
 吉川弘文館10月、人物叢書から見瀬和雄『前田利長』。
 講談社現代新書11月、宮本正興、松田素二[編]『改訂新版 新書アフリカ史』。アフリカ史のロングセラーですが、こちらも改訂新版が出るようで。これは要チェック。
 星海社新書11月、日本史史料研究会[編]『戦国僧侶列伝』。最近、星海社新書は日本史成分が強めですねえ。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ