近況・新刊情報と最近読んだ本など

 久々に連載記事を書き始めたわけですが、手を付けてなかった洋書を読んでいくと書こうと思っていたことと真逆の記述があって頭を抱えている管理人です。……いやはや、趣味とは言え先行研究はちゃんと把握しておくべきですね。

 ところで、だいぶ前からトルコ本国などで人気だということで話題になっていた歴史ドラマ『華麗なる世紀』が日本でもCSで放送されるそうで(公式サイトはこちら)。『オスマン帝国外伝』というタイトルになっており、じゃあ正伝はどこやねん、というツッコミはあるわけですが、まあトルコドラマの日本上陸自体は歓迎したいところです。
 このドラマ、基本的に宮廷が舞台なので日本の大河ドラマよりも韓ドラの宮廷ものに近い雰囲気があるんですが、日本でどう受け入れられるのか気になるところです。

 さて、新刊情報。
 中公新書7月は渡辺克義『物語 ポーランドの歴史――東欧の「大国」の苦難と再生』 、亀田俊和『観応の擾乱――室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い』 、桃井治郎『海賊の世界史――古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで』と、面白そうな本が三冊も出ます。『応仁の乱』のヒットが話題になって久しいですが、『観応の擾乱』はそれに続くことができるんでしょうかね。物語シリーズとしては意外なことにポーランドはまだ出てなかったのか、というところ。こちらも楽しみです。
 平凡社からは新シリーズ「中世から近世へ」という叢書が創刊される模様。第一弾は7月で柴裕之『徳川家康』と黒田基樹『羽柴家崩壊』ということの模様。四六判で1700円とのことなので割と手頃なシリーズになりそうです。
 また、アブー・スラミー『イスラーム騎士道』という本が作品社から8月に。フルースィーヤを扱った本になるんでしょうかね。類書が無いのでマストアイテムになりそうです。

 以下、最近読んだ本(今回は二冊のみ)。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 貴重なビザンツ帝国を舞台としたライトノベル、『緋色の玉座』を早速買って読みました。一巻目はユスティニアヌスが即位するタイミングまで。主人公ベリサリウスは真面目なカタブツ、相棒プロコピオスは皮肉屋ながらベリサリウスを評価している、という王道の凸凹コンビになっています。ライトノベルなのでもっとファンタジー気味かと思っていましたが、少し魔術絡みの便利ツールが出て来るのと、指揮官どうしの一騎打ちがあるのを中心に個人武勇の比重が大きいこと以外は割と手堅くまとまっていて好印象です。
 著者のTwitterによると二巻の原稿ももう出来ているとのことなので近々続刊も出ることでしょう。


 さて、新刊情報。
 戎光祥出版の「実像を知る」シリーズ今月の新刊は金松誠『松永久秀』と天野忠幸『荒木村重』。特に松永久秀という人は俗流のイメージと最近の研究で明らかになってきた実像の乖離が戦国時代の人物の中でも特に大きいと思うのですが、気軽に手に取れる本で彼について知ることができるのはありがたいことです。
 今月17日発売の集英社新書に片平孝『サハラ砂漠 塩の道をゆく <ヴィジュアル版>』。歴史の本ではないようですが、塩金交易の道を実際にラクダで踏破した記録のようで、なかなか面白そうです。
 講談社選書メチエ6月からは二点。まず白石典之『モンゴル帝国誕生――チンギス・カンの都を掘る』という一冊。言わずと知れたモンゴル考古学の白石先生がメチエから出すとなればこれはもうマストアイテムでしょう。
 二点目は後藤敦史『忘れられた黒船――アメリカ北太平洋戦略と日本開国』。
 発売日はいずれも9日。
 同じく講談社の学術文庫6月には澁谷由里『馬賊の「満洲」 張作霖と近代中国』。メチエの『馬賊で見る「満州」』の文庫化でしょうかね。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 年度も変わりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
 どうも季節の変わり目というのはよろしくないらしく、私は体調崩して寝込んでいました。この時期は毎年風邪を引きやすいので気をつけてはいたんですが、どうも引越し先で気候が違ったのが良くなかったらしく(今は元気です)。

 そう言えば、スニーカー文庫からユスティニアヌス時代のビザンツ帝国を舞台にしたライトノベル『緋色の玉座』が出るようです。戦国・三国ものはさておき、こういう本格派寄りの歴史ライトノベルは最近見てなかったので応援したいところ。読んでみて面白ければ、通常のレビューではなくて特集記事みたいなのを書いてみたいなあと思います。

 さて、近刊情報。
 明石書店の世界歴史叢書からチャールズ・キング『黒海の歴史』が今月20日。
 山川の「宗教の世界史」シリーズから小島毅『儒教の歴史』が5月28日に。このシリーズも忘れた頃に新刊が出ますが、今回は儒教。
 中公新書5月の新刊では桜田美津夫『物語オランダの歴史――大航海時代から「寛容」国家の現代まで』。中公新書の物語シリーズは各国色々出てますが、意外なことにオランダはまだだったんですねえ(ベルギーは出てるのに)。
 世界史リブレット人、渡部良子『ラシード・アッディーン』は、だいぶずれ込みましたが和田春樹『レーニン』と一緒に5月に出るようです。渡部先生はどちらかというとモンゴル帝国史ではなくイラン史方面からモンゴル時代イランを研究されている方ですが、どういう切り口になるんでしょうかね。
 勉誠出版からはなんと『隋書』の邦訳が! 『中国史書入門 現代語訳 隋書』というタイトルでこちらも5月。本紀全文と列伝のピックアップの邦訳ということになるようです(列伝のチョイスについては勉誠出版の書籍ページを参照)。全訳ではありませんが、それでもA5判520ページという大冊。この調子で他の正史の邦訳も出たらありがたいなあと思いますが、さて。
 日本史の方では真田丸が終わっても相変わらず精力的な黒田基樹先生が角川選書から『井伊直虎の真実』という本を。発売日はこれも5月。

 小説では佐藤賢一さんが中公からモハメド・アリを扱った一冊を出すようです。タイトルは『ファイト』で発売日は5月18日。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 この間野暮用で沖縄に行ってきたのですが、残念だなあと思ったのが予定がギチギチに詰まっていて勝連に行く機会がなかったことです。昨年9月末に勝連城(グスク)でローマ帝国のコインとオスマン帝国のコインが出土したことがニュースで取り上げられていただけに、一度現場を見に行きたかったのですが。
 オスマン帝国時代には既に勝連城は廃城となっていたそうなので、なんでそんなところでそんなものが出てきたのか非常に気になるところです。

 そう言えば、今年の大河ドラマは去年とは違った形で盛り上がっているようで。私は引っ越して以降テレビの入手を後回しにしていたのですが、やっと買えたので遅ればせながら毎週見ています。
 去年の真田家が国衆としてはかなりの勝ち組だったのに対し、今年の井伊家は「ふつう」の国衆なのでその辺の違いを見ながら楽しみたいところ。前回の放送では井伊家の男たちが揃って亡くなり、女城主直虎の登場ということになるわけですが、次回予告ではそう事はすんなり進まなさそうな雰囲気になっておりました。

 さて、新刊情報。
 山川出版社の世界史リブレット人、新刊は『ラシード・アッディーン』。
 山川と言えば『オスマン帝国治下のアラブ社会』はいつものことながら延期になったようでAmazonでは4月28日発売となっています。
 戎光祥出版「実像に迫る」シリーズ第七巻は亀田先生の『征夷大将軍・護良親王』で、発売は4月上旬。この間の『楠木正成・正行』に続いて南北朝ものということになります。
 森本先生訳のタヌーヒー『イスラム帝国夜話』下巻は4月21日。これは予想外に早く出ますね。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 近況記事を書くほど読んだ本が溜まっていなかったので年始の挨拶をしておりませんでした。今更ですが明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 実は仕事の方で引っ越すことになりまして、生まれてこの方過ごしてきた瀬戸内を離れて日本海側に出て一ヶ月というところになっています。大きな本屋が近場にないのがいささか不便ですが、通勤時間は圧倒的に短縮されたので作業する時間はできそうかなあというところ。

 最近、某ゲームの影響で色々部外にも影響があるようです(というか私も便乗して年始のコラムを書いたわけですが)。どうやらその流れにのって筑摩書房が学芸文庫の岩村忍『暗殺者教国』を復刊したとのこと。あの本、ニザール派の本と見せかけて途中からモンゴルの話になっていくので、その辺大丈夫かなあとは思いつつ、サブカルの影響で学術界隈の本が復刊されるのは大いに歓迎したいところです。
 本の販促の話と言えばつい先日京都に遊びに行った折に折角だからということで丸善の京都本店に行ってたのですが、岡本隆司先生の『中国の誕生』のサイン本があったので結構な予定外の出費になったものの買ってしまうという一幕が……。

 それはさておき新刊情報。
 戎光祥出版の「シリーズ・実像に迫る」から生駒孝臣『楠木正成・正行』が今月23日。大楠公であれ小楠公であれ、楠木一党は軍記以外では史料が少なくあまりよくわかっていない人たちだと思うのですが、さてどう料理してくるのか。
 同シリーズからは4月に亀田俊和『征夷大将軍・護良親王』も予定に挙がっています。亀田先生は高師直や足利直義の評伝も書いていますが、今回は護良親王とは。
 角川選書より平山優『武田氏滅亡』が今月24日。選書なのに750頁3000円越えという何故分冊しなかったのかという疑問が湧くようなシロモノ。しかしながら平山先生の武田本とあれば関心のある向きには必読でしょう。
 集英社新書3月に神田千里『宣教師と『太平記』』。日本に来る宣教師はみんな太平記を読んでいて、なぜかと言えば太平記こそ当時の日本で大人気かつ基礎教養であったからだ、という内容の本の模様。とても面白そうです。
 山川出版社の世界史リブレットの新刊『オスマン帝国治下のアラブ社会』は、そろそろ出てもいい頃なんですがAmazonでは予約中になっています。
 ちくま学芸文庫3月には山内進『増補 十字軍の思想』。新書で出ていたものが増補版になって文庫に収録されるようです。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ