近況・新刊情報と最近読んだ本など

 お久しぶりです。ヘイドン・ホワイト『メタヒストリー』にかかりきりになっていて更新が滞ってしまいました。紹介は下で書きましたが、いずれ他の本や言語論的転回と歴史学の関係性の展開とも絡めてもう少しちゃんとした記事にしたいですね。
 閑話休題。先日、KYOTOオープンサイエンス勉強会さん&せんだい歴史学カフェさんのリアルイベントが京都であったので参加してきました。史料の読み方、特に法律文書についてなどは(私の出身が法学部ということもあって)非常に面白く聞かせていただきました。私は何の肩書もない人間なので、こういった機会があるのはとてもありがたいことですね。
 KYOTOオープンサイエンス勉強会、せんだい歴史学カフェの皆さん、どうもありがとうございました。

 さて、新刊情報。
 平凡社東洋文庫8月、アッタール『神の書』。東洋文庫、やはりアラブ・ペルシア圏であっても思想関連の本は強いですねえ。
 中公新書8月、伊藤之雄『大隈重信』(上・下)。大隈も単純に偉人として持ち上げるには難しい人物ですが、どのような書き方になっているのか。
 ちくま学芸文庫8月、フィリップ・マティザック『古代アテネ旅行ガイド 一日5ドラクマで行く』 。ローマ版とエジプト版は創元社から出ていたと思いますが、古代アテネは学芸文庫に収録される模様です。
 ミネルヴァ書房8月、日本評伝選より森茂暁『懐良親王――日にそへてのかれんとのみ思ふ身に』。森先生の南北朝ものということでこれは期待できそう。
 山川出版7月(山川のことなので例によって翌月にずれ込むかもしれませんが)、日本史リブレット人、川畑恵『尚泰――最後の琉球王』、そして歴史の転換期シリーズ、岸本美緒[編]『1571年――銀の大流通と国家統合』。
 また、山川の世界各国史シリーズが近年の情勢を加筆の上ソフトカバー化されYAMAKAWA SELECTIONとして刊行されるようです。第一回配本はアメリカ史と中国史の模様。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 最近よくTRPGで遊んでいるのですが、自由度が高いのはやはりいいですねえ。近頃はネット環境も充実していて画面越しでも複数人と簡単にやり取りができるので隔世の感があります。

 さて、新刊情報。
 東方選書6月、関尾史郎『三国志の考古学――出土資料からみた三国志と三国時代』。中国史において出土資料から文献史学を再検討するというのは鶴間先生が『人間・始皇帝』でやっていましたが、本書は三国時代について出土資料から検討した一冊の模様。なかなかおもしろそうです。
 山川出版社7月、世界史リブレット人の新刊は坪井祐司『ラッフルズ――海の東南アジア世界と「近代」』。
 中公新書6月、山之内克子『物語オーストリアの歴史』。個人的にはバーベンベルク家時代が気になるわけですが、やっぱりハプスブルク中心なんでしょうか。
 ちくま学芸文庫6月、岡本隆司『増補 中国「反日」の源流』。もとはメチエのものだったので講談社からちくまへ移って増補版が出る模様。積んでいるのでこの機会に読みますかね。
 同7月、アミン・マアルーフ『世界の混乱』。『アイデンティティが人を殺す』に続いてマアルーフの和訳が出るようです。どっちも原著はそう新しい本というわけではないんですが、編集部でマアルーフに注目する何事かでもあったんでしょうかね。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 しばらく記事を書かないうちに読んだ本が溜まってしまいました。こまめに書かないといけないとは思うのですが。
 世間は史上初の10連休だったそうですが、私は普通に仕事でした。やれやれ。

 さて、新刊情報。
 勉誠出版5月、アジア遊学シリーズにて古松崇志・臼杵勲・藤原崇人・武田和哉[編]『金・女真の歴史とユーラシア東方』。契丹・遼に続いて金・女真の特集号ということになります。この調子でタングート・西夏も出してほしいところ。
 青土社ユリイカ6月号は『「三国志」の世界』ということで特別展「三国志」に便乗して特集が組まれているようです。金文京先生や渡邉義浩先生が参加しているようで面白そうです。
 講談社選書メチエ6月、藤澤房俊『地中海の十字路=シチリアの歴史』。
 ミネルヴァ書房5月、村井祐樹『六角定頼――武門の棟梁、天下を平定す』。同6月には臼杵陽『日本人にとってエルサレムとは何か――聖地巡礼の近現代史』。
 平凡社5月、中世思想原典集成精選の4巻『ラテン中世の興隆2』。イスラーム哲学についてもこの巻に収録されるようです。
 ちくま学芸文庫6月、岡本隆司『増補 中国「反日」の源流』。元はメチエで出ていたもの。版元は変わりましたが増補版が出るようで。
 時期は未定ですが、知泉書館からリウトプランド『コンスタンティノープル使節記』の和訳が出るとのこと。

続きを読む

宮野公樹『学問からの手紙』を読む

 先日の記事で梅田であったトークイベントに行ってきたという話はしましたが、その際の登壇者の宮野公樹先生(京大の准教授)が新刊を出すということで少し紹介がありました。それがこの『学問からの手紙』という本です。

 本書は宮野氏の学問観を述べた本になっていまして、構成は次の通り。

 問いに学ぶ
 第1章 大学で学ぶということ
 第2章 学問の役割
 第3章 学者として生きる
 おわりに

 以下、個人的な関心(人文学・在野・アマチュア)に基づいた感想や、関連しそうな学問論、思想などと絡めつつ中身を紹介していきたいと思います。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 TRTの日本語版が報じていますが、イラク南部で新バビロニア時代の円筒書簡が発掘されたそうで、これが世界最初の絶縁状だったとのこと(「世界最初の「別れの手紙」が発見」)。差出人は新バビロニア最後の王として知られるナボニドゥスで、宛先は彼の女奴隷。どうやら王はこの女奴隷に浮気されていたらしく、その裏切りに失望して別れを切り出したようです。
 王のものとは言え、まさか2500年の時を経てどちらかと言えば私事に属するような(個人的な)手紙が発見されるというのは、なんとも想像を絶することで。

 さて、新刊情報。
 岩波新書から「シリーズ アメリカ合衆国史」という叢書が出るようです。第一回配本は4月20日で和田光弘『植民地から建国へ――19世紀初頭まで』。予定では全四冊となっています。
 パブリブ4月、木村香織『亡命ハンガリー人列伝』。パブリブも面白い出版社で色々ニッチな本を出していますが、今回は亡命ハンガリー人がテーマ。A5判352頁というのでけっこうな重量級。
 中公新書5月、島田周平『物語 ナイジェリアの歴史――「アフリカの巨人」の実像』。中公の物語○○の歴史シリーズは割とマイナーな国のものも出ていますが、それにしてもなかなか攻めたセレクトです。これはマストアイテム。
 白水社5月、ウィリアム・トーブマン『ゴルバチョフ』上巻。まだ存命の人物ではありますが、大部の評伝が訳されるようで。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ