堀川徹[編]『知の継承と展開――イスラームの東と西』


 「知のユーラシア」シリーズの一冊。本巻は、イスラームを軸として広域的な思想史・思想交渉史の中からテーマを各著者がピックアップした論集となっている。

続きを読む

薩摩真介『〈海賊〉の大英帝国』


 副題は「略奪と交易の四百年史」。

続きを読む

小松久男『革命の中央アジア』


 ロシア革命と相前後して中央アジアもまた革命の動乱に巻き込まれた。その動乱の中、中央アジアでは主体的に自らの歴史を作り出そうとする動きが始まっていた。本書は、そのムーブメントを起こしたジャディードと呼ばれる知識人たち、就中アブドゥラウフ・フィトラトを中心に近代中央アジアの歴史を読み解くものである。

続きを読む

楊海英『モンゴル人の中国革命』


 内モンゴル、特にウーシン旗が大戦期と国共内戦、人民共和国成立期にいかに民族自決を目指し、そして失敗したかを述べる。著者は『墓標なき草原』や『日本陸軍とモンゴル』の楊海英氏。

続きを読む

小松久男『近代中央アジアの群像』


 世界史リブレット人の一冊。副題は「革命の世代の軌跡」。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ