ロードス島攻防記/塩野七生



 エジプトのマムルーク朝によって地中海へ「掃き出された」聖ヨハネ騎士団はロードス島で命脈を保っていたが、そこへも遂にオスマン帝国の征服の波が迫る。守るは騎士600、傭兵1500、島民で参戦可能な者3000、対してオスマン帝国軍は20万――。
 塩野七生女史の地中海戦記三部作の第二弾。聖ヨハネ騎士団守るロードス島を、オスマン帝国の大帝スレイマン1世が陥落させるまでの経緯を描写、終章にはその後の騎士団の行く末も簡単に説明してある。

続きを読む

サラディンを生んだ者/小林霧野



 「鬼」ザンギーが格好いい。「卓越した政治家」アイユーブが格好いい。「隻眼の獅子」シールクーフが格好いい。サラディンは……ヘタレである。
 簡単に言うとそんな物語。

続きを読む

イスラムと十字軍/NHK「文明の道」プロジェクト


 初学者向け:◎

 2003年に放送されたNHKスペシャル「文明の道」シリーズを書籍化したもの。内容は流石NHKと言うべきか、非常に丁寧な作りになっている。

続きを読む

TruthInFantasy78騎士団/須田武郎


 初学者向け:◎

 ドイツ騎士団について知りたい人はまずこの本を読むべし。

続きを読む

ジハード/定金伸治


 歴史小説と言うべきかファンタジーと言うべきか。ちなみに裏表紙には「歴史ファンタジーシリーズ」とある。読んで字の如くそのまんまである。
 女の子が活躍する。しかもツンデレである。歴史物が苦手な人もライトノベルのノリで読めるだろう。というのも当然で、元はジャンプノベルだ。一般向けとしても面白いのではないかということで加筆修正を加えて集英社文庫から出版する運びとなったらしい。

続きを読む

復讐、そして栄光/赤羽堯



 ありがちな表現を使うなら、ヨーロッパ、エジプト、モンゴルによる三国志である。
 エジプトの歴史、というと大概の人の頭に浮かぶのは古代エジプトだろうが、この本の舞台はイスラム化した後、つまり中世のエジプトである。奴隷から身を起こしルイ九世の十字軍を撃破、当時破竹の勢いだったモンゴルの西進を止め、ついには王となった男が主人公だ。背景描写も素晴らしく、様子がありありと浮かんでくる。

続きを読む

神聖ローマ帝国/菊池良生


「この国にフランスは嫉妬し、イタリアは畏怖し、教皇は愛し、そして憎んだ。」――本書帯の文句より

 高校世界史レベルの知識があれば無理なく読める。が、Wikipediaを補助資料に使えば知識ゼロからでも読めないことはないと思われる。

 神聖ローマ帝国、というとハプスブルクのイメージがあるかもしれないが、この本は半数の章を大空位時代以前に割いており、真に「帝国」であった時代のこの帝国についての記述が豊富であるのが特徴だ。
 個人的にはフリードリヒ2世とカール4世の記述の為に買ったのだが、他の章もしっかり読めた。

続きを読む

物語 中東の歴史/牟田口義郎


 中公新書の「物語 ~の歴史」シリーズは概してハズレが無いと思うのだが、その中でもオススメの一冊。高校世界史レベルの知識があれば特に用語集などを用意せずとも読めるだろう。中東史の入門用に適していると思う。

続きを読む

物語 スペインの歴史 人物編/岩根圀和



初学者向け:◎

 スペインの歴史はややこしい。と、言うと不正確な表現故に怪訝な顔をされるので言い直そう。イベリアの歴史はややこしい。
 原住のケルト民族から始まり、ローマの征服、ヴァンダルの通過、西ゴート王国の成立、アラブの侵入、いくつかのキリスト教国ができ、レコンキスタの完了、やっとイベリアが統一されたと思ったところで、オーストリアのハプスブルク家に乗っ取られ、次はフランスのブルボン家、そして独裁制になり、民主化を経て今に至る。
 こと、イベリアのラテン系民族の視点で見ると、外から入ってきた支配者が多い。そのため日本の書籍ではイベリアの歴史は他の国々の歴史のついでのように出てくることが多い。よってイベリアの通史というものをきっちりと把握する機会に欠けるのである。

続きを読む

アラブが見た十字軍/アミン・マアルーフ


 十字軍史の基礎知識を西洋史側の資料で固めた後は、この本でアラブ側の見方も知ってもらいたい。文庫でありながら1500円とあって、かなり分厚い本だが、しっかりと読み通せば歴史の記述が如何に中立性を保つのが難しいかが分かるだろう。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ