コチャン・カンとリンク追加

人物まとめできるほど手元に史料が無いんですが、最近コチャン・カンと陳興道が気になってます。
どっちもモンゴルの侵攻に対抗した人で、コチャンはキプチャクの一支族長、陳興道は陳朝ベトナムの将軍です。

陳興道は後々語るとして、ひとまずコチャン。
モンゴルのスベデイとジェベのカフカス~ルーシ侵攻に際して、妻の父であるガリチ公を説得してキプチャク・ルーシ連合を結成、にもかかわらず1223年5月31日、カルカ河畔の戦いでモンゴルからフルボッコ。
1235年から始まるモンゴルの長子軍西征に際しては、他のキプチャク諸族が次々撃破されるなか(ちなみにバトゥの本隊とは離れてベルケがキプチャク征伐の別働隊を率いてたらしい)コチャンは頑強に抵抗を続け四万帳の大集団を引き連れたままベーラ四世治めるハンガリーへ。
多分ハンガリー騎兵とキプチャクが連合すればモンゴルに対抗し得ると考えてたんだろうが、最終的にハンガリーでモンゴルと戦う機会を得ぬままスパイ疑惑をかけられ死去。
コチャンを失ったハンガリーはサヨ河畔の戦いでモンゴルに散々に敗れ去る。

注目すべきは一度散々に破られた男が再びカンの座にいること。一度失脚して帰り咲いたのかそのままの地位にいたのかは分かりませんが、実力を重んじる遊牧民にとって負けた男を指導者として仰ぐのは珍しく、コチャンが結構やり手で人望もあったんじゃないかと思う次第。キプチャク・ルーシ連合にしても詰めの甘さはあるものの政治力がそれなりにあることを伺わせますし。
カルカ河畔の戦いからの10年以上、無為に過ごしてきたわけじゃないからこそキプチャク草原ではモンゴルに抵抗し得たんだろうなあと思います。
案外バハリ・マムルークの誰か……バイバルスじゃなくてもカラーウーンやサンカル・アルアシュカルあたりがコチャンの下にいたんじゃねぇのと妄想しつつ。


さて、リンク追加しました。
どちらも日参させてもらってるサイトさんです。
興味深い内容が盛り沢山なので是非ご訪問を!


あ、それと少し前の話ですが、ラカブについての記事を更新してます
シャムス・アッダウラは王朝の太陽って意味らしいよ

蒼き海狼/火坂雅志


 三度目の元寇はある――元の内情を探るため、故国を持たぬ男、朝比奈蒼二郎は日本の間諜として大陸へ赴く。
 流鬼国(樺太)、蝦夷地から琉球までの列島・中国・ベトナム(北ベトナムの大越、南ベトナムの占城)を股にかけた広大なスケールで描く冒険歴史小説。

続きを読む

拍手返信


続きを読む

一万HIT

いやはや、何か全然方針の固まってないブログですが一万いきましたね、ありがとうございます
方向性ホントどうすっかなあwww 歴史人物で遊ぶのとブックレビューは独立させた方がいい気がしてきたwww

そういえばすごい偶然なんですが、某所の某氏と同じ時期に「エジプトマムルーク王朝」を日本の古本屋っていうサイトで¥2800(送料含まず)で買いました。サンカル・アルアシュカルがどんな人かがなんとなくわかったよ!バハリ内でカラーウーンのライバルみたいな立場にいた人なのな。カラーウーンが不人気な原因が更に分かった気がするぞ。

まあ、近況はさておき、亀さんからありがたいリクがあったので「上司にしたい・したくない君主と、部下にしたい・したくない官僚や武将」を語ってみます

・上司にしたい君主
部下に過分な負担(主に戦争)をかけない(≒外交が上手い)って意味ではタイのチュラロンコン大王とか。
逆にこの人のためなら負担も惜しまないと思わせる人は……サラディンかな、やっぱり。
ルイ9世は実力相応の自重を知ってくれれば他に言うことはないのにと思う。
演義じゃなくて史実の話ですが、蜀の劉禅は自身の無能さを理解していたっぽいので有能な同僚が自分にいれば上司にしてもいいと思う。

・上司にしたくない君主
これはもうプロイセンのフリードリヒ・ヴィルヘルム1世ですね、ええ。ヤンデレ……っつーかヤンデル?(「お前は私を好きになるんだ!!」byフリヴィル)。んなこといってるとファンに殺されそうですが。
ナーディル・シャーや李克用なんかも苛烈過ぎるよね。嫌いじゃないが上司にはしたくない。
あと、武断派じゃなくて逆に文化狂いの宋の徽宗も個人的には勘弁かなあ……。

・部下にしたい官僚や武将
ザンギー朝のサラーフッディーン・ムハンマドとドイツ騎士団のヘルマン・フォン・ザルツァ、モンゴルのスベデイ。
三人とも使いっ走りっぽいとか言ってはいけない。実力もあって過分な野心は持ってないので使う方にとっては大変ありがたい人物。まあ、教皇と皇帝の間で綱渡りやってたヘルマンに限っては政治的な計算が出来ないと使いこなせなさそうな気もしますけど。
あと、ベルギーのロラン・ジャックマンとかベトナムの陳興道なんかもいてくれると助かるよね。

・部下にしたくない官僚や部将
ファーティマ朝末期の宰相シャーワル。野心あり・実力それほどなし・手段選ばず、の三拍子。コレはねーわ。
後、君主の意向を全く無視して事を進めようとするビスマルクもちょっと……。

蒙古襲来 歴史よもやま話/白石一郎


 元寇(と表現すると某教授に怒られるのだが)に関するエッセイ風の読み物。

続きを読む

イブン=ジュバイルとメロン

某ムガル帝国初代皇帝のお陰で最近メロンが流行だそうですが、個人的にメロンていうと十字軍時代のイブン=ジュバイルが出てくるのよね。メロントークに関しては皇帝陛下に劣るかもしれませんがw

というわけで以下メロンとイブン=ジュバイルについてうだうだと語り&落書きのイブン=ジュバイルとメロン

続きを読む

拍手返信


続きを読む

イスラム圏のラカブメモ

ラカブはイスラム圏の人に付けられるあだ名とか尊称のようなもので、中国の字に相当する……らしい
とりあえず典型的な「~=アッディーン」と「アル=~」をまとめてみました
この他にも「サイフ=アル=イスラーム(イスラムの剣)」とか「ニザーム=アル=ムルク(王国の柱)」とかの長めのラカブ、「ルウルウ(真珠)」のような短めのラカブもあります

続きを読む

絵で見る十字軍物語/塩野七生


 予てより塩野女史が十字軍ものを書いているという話だったのだが……その序章。

続きを読む

耶律楚材/陳舜臣


 副題は上巻が「草原の夢」下巻が「無絃の曲」。
 某教授には散々にこき下ろされている、キタイ人の官僚である耶律楚材が主人公。楚材の名は外国に用いられる人材、の意である。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ