サラディン伝 サラディンの誕生

サラディン伝英訳P17
「彼の誕生―彼の上に神の慈悲を―」

括弧内は管理人の注
管理人は翻訳に責任を持たない

以下訳文

続きを読む

遊牧民から見た世界史 増補版/杉山正明


 「遊牧民から見た世界史 民族も国境も越えて」と題して以前出版されたものの増補版。
 帯には「西欧本位、中華王朝史観を問い直す!」とある。

続きを読む

近況報告

どうも、テスト期間につき潜ってましたがようやく一段落ついたので戻ってきた管理人です(挨拶)。
とは言ってもtwitterにはいつも通りいたんですが……。

・近況その一
ラマダン月中には、シリアでは毎年大河ドラマを録っているようで、その中にAbed Fahd主演の「ザーヒル・バイバルス」というシリーズがありまして。youtubeに全シリーズ(5話を除く)上がってるのでぼちぼち観てます。アラビア語なので史実を知らないとさっぱりわからないとは思いますが……。

↑シリーズ1話のパート1。右側の数字が話数で、左側がそのパートナンバー。

・近況その二
完史の二巻と、バハーウッディーンのサラディン伝を買いました!
和訳してブログに載せたいところです。

アクソンコル・アル=ブルスキについて

 大半の人は「誰だそれ?」って言うと思うんですが12世紀前半のセルジューク朝の武将です。
 ラカブ(尊称)はカーシム=アッダウラ(王朝の慈悲……の、はず)。
 アミン・マアルーフの「アラブが見た十字軍」にも名前が出てきてます(文庫版だと185p,196p)。一応褒めてはあるものの、アレッポ城主に任命されて、暗殺教団に殺されたよっていうわりとかわいそうな役回り……。
 ですが、当時のセルジューク朝の内部事情においてはキーパーソンの一人であると管理人は考えてます。
 イブン・アル=アシールの「完史」は、死亡記事に簡単な人物評が載ってることが多いんですが、そこからちょっとマアルーフ風に引用してみましょう。

続きを読む

イブン=ハルドゥーン/森本公誠


 歴史序説の訳者による、アラブ最大の歴史哲学者、イブン=ハルドゥーンの評伝。

続きを読む

513年 記事番1 トゥグリルの叛乱

イスラム歴513[西暦1119-1120]年 完史英訳1巻P199-200
「王弟トゥグリルの、彼の兄弟スルタン・マフムードに対する叛乱」

括弧内は管理人の注
管理人は翻訳・要約に責任を持たない

以下訳文

続きを読む

ヨーロッパとイスラーム世界/高山博


 山川の世界史リブレットの58冊目。著者はシチリア史で有名な高山博教授。

続きを読む

611年 記事番1 アラーウッディーンの征服活動

イスラム歴611[西暦1214-1215]年 完史英訳3巻P161-162
「ホラズムシャー・アラーウッディーン[・ムハンマド]によるケルマーン、マクラーン、スィンドの奪取」

括弧内は管理人の注
管理人は翻訳・要約に責任を持たない

以下訳文

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ