近況と最近読んだ本など

 岩明均さんのアレクサンドロス時代に取材した漫画『ヒストリエ』を7巻まで買って一気読みしました。表紙の絵柄で食わず嫌いしてたんですが、これは面白い! エウメネス主人公ってことはディアドコイ戦争までやるんですかね? えらい長さになりそうですが。
 大学最後の夏休みも半分終わったことですし(9月末まで)、なんかもうちょっと活動的なことをしたいところでありますが、暑さがまだまだ厳しい……。
 あと、岩波のイスラーム原典叢書なんですが4ヶ月に一度刊行予定と公式ページにあるんですが、『諸国征服史』の二巻がまだ出る気配がないですねえ。二巻はイベリア半島の征服についても書いてあるらしいので期待して待ってるんですけども。

 以下、最近読んだけどレビューには入れない本。

続きを読む

オスマン帝国はなぜ崩壊したのか/新井政美


 トルコ近現代史が専門の新井政美先生の著作で、改革派知識人たちという「人物」を中心としたオスマン帝国末期の概観。帯には「憂国のポエジー」とある。

続きを読む

天文学の誕生/三村太郎


 副題は「イスラーム文化の役割」。アラビア天文学史本。

続きを読む

最近読んだ本など

 恒例の読書録。珍しく日本史本もありますが、これまでたまたまタイミングが合わなかっただけなので今後日本史の本も増えていくことと思われます。

 以下詳細

続きを読む

564年 記事番3 シールクーフ死去

イスラム暦564[西暦1168-1169]年 完史英訳2巻P175-176
「アサド=アッディーン・シールクーフの死去に関する記事」

括弧内は管理人の注
管理人は翻訳・要約に責任を持たない

以下訳文

続きを読む

ファーラービーの哲学/ファフレッティン・オルグネル


 アリストテレスに次ぐ「第二の師」と呼ばれた中世のムスリム哲学者、ファーラービーの評伝の和訳。著者はトルコ人である。

続きを読む

北・東北アジア地域交流史/姫田光義[編]


 ユーラシア東北部を中心とした交流史の各論概説集。

続きを読む

イングランド王国と戦った男/桜井俊彰


 ウェールズ人としてウェールズの教会をイングランドの支配下から独立させるべく戦ったある混血の男の評伝。

続きを読む

義経の東アジア/小島毅


 源平(+奥州藤原)合戦を東アジアの世界情勢を俯瞰した上で捉え直そうという趣旨の著作。

続きを読む

近況と最近読んだ本など

P2012_0806_222930.jpg
 どうも、管理人です。テスト終了と夏休み突入につき更新ペースを上げていきたいと思います(多分単位は問題ない……はず)。
 写真はうちの洋書類ですが、マクリーズィーのエジプト史の英訳(真ん中のA History of~。アイユーブ朝分だけですが)を手に入れたのでぼちぼち訳していきたいと思います。特に完史の記述は1231年で終わっているのでそれ以降は役立ってもらうことになりそうな予感。

 以下、最近読んだ本でレビューは書かない予定のものなど。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ