近況と最近読んだ本など

 ここのところ自分のプロパーで気軽に読める本が少なくなってきたので(積読と読みたい洋書は多いけど)、今回は四冊とも日本史本です。伝記含めていくらでも本があるので日本史はいいなあと思います。もっとも、中世マイナー史好きの血が騒がないので南北朝動乱期以外はそこまで深入りする気はないんですが。

 というわけで以下、最近読んだ日本史本。

続きを読む

イスラムと近代化/新井政美[編著]


 イスラーム派との関わりに注目し、オスマン帝国末期からトルコ共和国の近現代史を追った本。

続きを読む

近況と最近読んだ本など

 今更ですが、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 ご覧の通りヌールッディーン伝の更新が止まってるんですが、ヌールッディーンの対北方(ルーム=セルジューク朝とキリキア・アルメニア王国)関係で苦戦していまして……なかなか直接言及した文献が無いんですね。もともとはマヌエル1世の勢力均衡策に乗っかったのはまず間違いないと思うんですが、ダニシュメンド朝の王侯がヌールッディーンのもとに転がり込んできてからの北方への干渉は、巻き込まれただけなのか、それともヌールッディーンの積極的な北方への野心を表わしているのか、評価に困るところでして。
 ルーム=セルジューク朝関連の書籍は、一応英語文献で無いことはないようなので、まずはそれを手に入れてみようと思います。時間がかかるようなら、先に後の章の方を執筆するかもしれません。

 最近の読書は資金が無いので主に積読の消化中。バラーズリー『諸国征服史』の二巻が幸いやっと今月末に出るようで、嬉しいことではありますが、かなり財布に痛いw;
 ということで、以下最近読んだ本と見たDVD

続きを読む

中国イスラーム哲学の形成 王岱輿研究/堀池信夫


 中国イスラーム哲学者、回儒の先駆けとなる王岱輿に関する研究書。

続きを読む

イブン・バットゥータの世界大旅行/家島彦一


 イブン・バットゥータ『大旅行記』の役者自身の手による『大旅行記』の入門書。

続きを読む

5.対十字軍戦争

以下詳細

続きを読む

4.ダマスカス陥落

以下詳細

続きを読む

3.アレッポ王ヌールッディーン

以下詳細

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ