近況と最近読んだ本など

 一応卒業要件単位を満たしたので卒業できそうです。実定法の成績が今ひとつ(というかギリギリ)で、法社会学や法史学の方がマシといういつものパターンでした。
 ところで、山川出版社のTwitterアカウント曰く、「世界史リブレット・人」シリーズが4月から刊行されるようで。ラインナップなど詳しいことはまだわかりませんが、楽しみにしておくことにしましょう。

 今回読んだ本のうち二冊は英国近代史(海軍関連)を専攻してる友人から借りたもの。前に『大英帝国という経験』は読みましたが、そうは言っても予備知識が少なくてなかなか苦労しました。しっかりレビュー書けるレベルではないような気がするので、こっちに置いておくことにします。

続きを読む

ビザンツの国家と社会/根津由喜夫


 世界史リブレット第104巻。ビザンツ帝国の概説書。

続きを読む

中央アジアのイスラーム/濱田正美


 世界史リブレット第70巻。タイトル通り中央アジアのイスラームについて扱った本。

続きを読む

名士列伝:カーディー・アル=ファーディル

『名士列伝』英訳2巻PP.111-116
Al-Kadi'l-Fadil
「アル=カーディー・アル=ファーディル」

角括弧内は原注、丸括弧内は管理人の注
改行は管理人が適宜行った
管理人は翻訳に責任を持たない

以下訳文

続きを読む

近況と最近読んだ本など

 大学が終わったのでしばらくのんびりできそうです。が、定期が切れた上に資金が無いのでここのところ本屋に行けてないのでちょっとストレスが……。まあ積んである本を消化する分にはいいんですけどね。
 時間ができたので、やっとヌールッディーン伝の6章を更新しました。次はエジプト遠征ですが、これは割合資料も多いのでなんとかなるでしょう。関連する完史の記事を訳し終わり次第、書いていくつもりです。

 以下、最近読んだ本

続きを読む

559年 記事番3 バーニヤース奪取

イスラム暦559[西暦1163-1164]年 完史英訳2巻PP148-150
「ヌールッディーンがいかにしてフランクからバニヤースをも奪ったか」

括弧内は管理人の注
管理人は翻訳・要約に責任を持たない

以下訳文

続きを読む

559年 記事番2 ヌールッディーン、ハーリム奪取

イスラム暦559[西暦1163-1164]年 完史英訳2巻PP146-148
「フランクの敗北とハーリムの奪取」

括弧内は管理人の注
管理人は翻訳・要約に責任を持たない

以下訳文

続きを読む

559年 記事番1 第一回エジプト遠征

イスラム暦559[西暦1163-1164]年 完史英訳2巻PP144-146
「シールクーフと、ヌールッディーンの軍勢がエジプトへ遠征し帰還したことに関する記事」

括弧内は管理人の注
管理人は翻訳・要約に責任を持たない

以下訳文

続きを読む

6.対諸侯戦争

以下詳細

続きを読む

550年 ヌールッディーンのルーム侵攻ほか

ダマスカス年代記英訳P322-325
「イスラム暦550年」

管理人は翻訳に責任を持たない

以下訳文

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ