近況と最近読んだ本など

 おそらく最後の長期休暇になるであろうということで、相変わらず積読の消化に励んでいます。
 それに、やる夫獅子心王スレの作者さんにいい本だと教えてもらったAnne-Marie Edde "Saladin"を購入して拾い読みしています(訳しても仕方がないので英語のまま流し読み)。ヌールッディーン伝に役立つところは既に指摘してもらっているので、ありがたく使わせていただきます。
 ムワッヒド朝・アイユーブ朝関係を読んだところ、ムワッヒド朝君主にどういう君主号で呼びかけるかで喧々囂々の議論があったようです。アッバース朝の顔は立てねばならず、さりとてムワッヒド朝の援助はほしい……。そもそもアルファーディルはムワッヒド朝が嫌いだった模様(本人曰く「マグリブが暗黒に包まれていると言えど、ナースィル王(サラディン)の正義と勧進は東方にあまねく広がっている。神よ彼に従う者に祝福を」だそうで)。
 「ムワッヒド朝艦隊はイタリア艦隊に比肩しないまでも、それに対抗できる唯一のムスリム艦隊であった」というわけで、この艦隊の援助がサラディンは欲しかったようです。ムワッヒド朝艦隊の実力についてはすごかったんだぞ、という話はちょくちょく見かけるものの、どういう実態だったのかとんと見かけず……まあ史料がないのかもしれませんが。

 てなわけで、以下最近読んだ本。

続きを読む

近況と最近読んだ本など

 資金が無いので(『康煕帝の手紙』も『諸国征服史』の2巻も実はまだ買えてない)積んである本を崩しています。レビューにもここにも載せてない本だと『英文翻訳術』や、SF、ロシア文学などを……。
 山川の「世界史リブレット・人」シリーズの4月に出る5冊のタイトルが決まったようで、アレクサンドロス、孔子、カール大帝、バーブル、ビスマルクのようで。日本史の方と同じく全100冊の要諦だそうです。中世枠がちょっと厳しい気がしますが、続報を待つことにしましょう。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

ビザンツ帝国の最期/ジョナサン・ハリス


 ビザンツ帝国滅亡までの100年を書く。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ