イスラームの創始と展開/佐藤次高[編]


 山川出版社の「宗教の世界史」シリーズの1冊。宗教としてのイスラームの歴史の概説書。

続きを読む

近況と最近読んだ本など

 勉学を、したい時分に、暇は無し。
 どうも、ご無沙汰しております。いろいろしでかしてガチ凹みしたり、帰ってくるなりぶっ倒れて寝たりであまり時間が取れず厚めの本も読めてないんですが、しばらくこの状況が続きそうです。ここのところ『中東国際関係史研究』や『モンゴル覇権下の高麗』、『モンゴル帝国の戦争と軍隊』そしてついに完結した動乱の東国史最終配本『鎌倉府と室町幕府』などなどA5版500頁超えの大著を二冊含む新刊ラッシュなので時間が欲しいのですが。

 ところで、最近網野善彦先生の本を読んでいて、こういう民俗学的な手法を取り入れた下からの歴史研究って西アジア・北アフリカ史で現状どうなってたっけ、なんてことを取り留めもなく考えています。聖者を拝むことに関しては私市正年先生の研究がありますし、『イスラム社会のヤクザ』もこういうアプローチの本でしょう。文学から読み取るのは前嶋信次先生が得意にしていたと記憶しています……こうやって考えると色々あるんですが、史料の性格からかあるいは絶対量からか、仮に網野先生と阿部謹也先生の対談なんかに誰かこの辺の研究者を参加させて、話が噛み合うのかなあなんて思ったり思わなんだり。

 さて、今更ながら12月の新刊情報ですが、山川出版社の世界史リブレット人は『イブン・ジュバイルとイブン・バットゥータ』、『ピョートル大帝』の模様。家島彦一先生はイブン・バットゥータについては割と色々書いている気がしますが、イブン・ジュバイルについて何を書かれるのか楽しみです。
 同じく山川の「イスラームを知る」は、(『文明の邂逅』が立ち消えになったのか後回しになったのか、どっちかはわかりませんが)予定を変更して、2期のラインナップから繰り上げで三浦徹先生の『イスラームを学ぶ 史資料と検索法』が出版される模様。我々在野の人間には色々ありがたい本になりそうで期待しています。それにしても『文明の邂逅』ははたしてどうなったのか……。
 刀水書房の『十字軍の歴史』は11月予定のはずだったんですが、未だに書店でもみかけませんし、Amazonでも注文できる状態にありません。公式ページではやっと表紙が出ていますが、さて、いつになることか。

 小説では吉川永青さんの『義経いづこにありや』が18日刊行、そして塩野七生女史が『皇帝フリードリッヒ2世の生涯』を出すとか……。塩野女史の本はまあ、不安の方が大きいですがとりあえず買うだけ買っておこうと思います。

 てなわけで、以下、最近読んだ本。

続きを読む

歴史創作短歌まとめ

 歴史上の人物をテーマにして作っていた短歌の数が地味にたまってきたので、一度ここらでまとめておきます。
 なお、それぞれに付いている短い解説文は物語性を優先させて史実と異なる伝承、あるいは俗説などを取り入れている場合がありますので注意。書名はもう少し詳しく知りたい方向け。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ