ヌールッディーン伝あとがき

 というわけで、やっとヌールッディーン伝を書き上げることができました。「はじめに」を書いたのが2012年の12月なので、結果的に都合1年5ヶ月くらいの長期連載ということに(バイバルス伝を10日で書いたことを思うと……)。昨年4月に就職して学生時代のように時間が取れなくなったこともありますが、それ以上にヌールッディーンは読まねばならない英文の資料が多く、就中根本資料になるエリセエフの『ヌールッディーン』がフランス語なので骨が折れました(ぶっちゃけた話エリセエフはあまり利用できてませんが)。

 ヌールッディーンはサラディンの先駆者として重要な人物で、研究もそこそこあるものの、日本での知名度はさほど高いとは言えません。この文章によって知名度が上がるかと言えばそんなことは無いと思いますが、例えばサラディンの本を読んでいて興味を持った方に読んでもらえれば多少は役に立つのではないかと思っています(あまり初学者向けでない文章になってしまったのは反省点ではあります)。
 最初は「十字軍史の文脈に囚われないヌールッディーン像を書く」などと息巻いていましたが、中盤以降の馬力不足は否めず、当初の目標に対して及第点を与えられるかどうかの判断は読者の皆さんに委ねたいと思います。

 次の人物伝の予定は未定ですが、多分、11~13世紀の中東から動くことはないと思われます。需要の面から言えばサラディンを書けばいいんでしょうが、彼については少々書くことが多すぎて私の手に余るのが正直なところ……まあそれはさておき、リクエスト等ありましたら拍手からどうぞ。ただ、必ずしも要望に応えられるとは限りません。
 最後になりましたが、今回は以前にも増して多くの方の力を借りてこの稿を書き上げることができました。この場で深くお礼申し上げます。

10.領国統治

以下詳細

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ