クルアーン異聞―聖典異本伝―

 少し前にバーミンガム大学所蔵のクルアーンが、年代測定によって現存する最古のものであると確認されたことがニュースになりました*1。預言者ムハンマド存命中のものである可能性もあるとのことですが、何がそんなにビッグニュースであったかというと、そもそも書物としてクルアーンがまとめられたのは、ムハンマドの死後20年経ってから、第三代カリフ、ウスマーンの命によるものだとされてきたからです。
 それまで、クルアーンは部分的に書き留められた他、主にハーフィズ(クルアーン暗誦者)によって引き継がれていましたが、戦争でのハーフィズたちの戦死や、領土の広がりに伴い、クルアーンを書物としてまとめる必要が出てきました。ウスマーンはクルアーンを冊子の形にまとめることを命じ、編纂作業がはじまります。書物の形にまとめられたクルアーンを「ムスハフ」といいますが、この時、ウスマーン版以外のムスハフは全て焼却されたことになっています。そのため、現在世界で流通しているクルアーンは全てウスマーン版に基づき、例外はありません。
 ところが今回出てきたクルアーンは、ムハンマド存命中のものである可能性があるといいます。これは、クルアーン成立史に何がしかの示唆を与えてくれる可能性があるわけです。

 さて、枕が長くなりましたが本題、中世に存在した非ウスマーン版のクルアーンの話です。聖典の異本というと、少し眉唾ではないかと疑いたくなる話ですが、実際、これを伝えているイブン・アン=ナディームも半信半疑のようです。概要は以下のとおり。
 ムハンマドの直弟子であったアブドゥッラー・イブン・マスウードは独自にムスハフを編纂しており、ウスマーン版のクルアーンが作られる時、これに抵抗を示したと伝えられる。というのも、彼はハーフィズの一人で、またムハンマドが指名したクルアーン読誦の師範の一人であり、要するに、最初期のクルアーンの権威であったからだ(なお彼、『諸国征服史』などを読んでいるとイスナードにも時折名前が出てきます)。結局、イブン・マスウードはウスマーンに対して折れてイブン・マスウード版のクルアーンは消滅した……はずだった。ところが。
 イブン・アン=ナディームは10世紀バグダードの書籍商で種々の書籍を扱い『アル=フィフリスト』(目録の書)と呼ばれる書誌学の大著を物している人物で、文化史の研究をする上ではかならずぶち当たる人物です。その彼が『アル=フィフリスト』の中で、イブン・マスウード版のクルアーンを実見したと述べているのです。とは言えイブン・アン=ナディームは「イブン・マスウードのムスハフの写本と称するものを数多く見たが、どれ一つ互いに一致するものはなく、その多くが何度も削られた獣皮紙を使っていた。一度200年前に書かれたムスハフを見たが、それには開扉章があった。[情報を伝えている]ファドル・イブン・シャーザーンはクルアーンと伝承(ハディース)に関する権威の一人なので、我々自身が実見したことにもかかわらず、彼からの伝聞を記載した」*2と述べています。
 彼が見たのが偽作であるのかどうなのかは分かりませんが、仮にウスマーン版以前のものだとすれば、これもムスハフ成立の歴史についていろいろなことが分かるであろうという期待から、西洋の学者たちは血眼になって探していますが、未だ手がかりは杳として掴めていないのでありました。

 余談ですが、ウスマーン版のクルアーンの最初期のもの、特にウスマーンが所持したとされるものは、第二回十字軍の際にブーリー朝ダマスカス政権が士気高揚のために持ちだしたり*3、ティムールが中央アジアに持ち帰った伝承があったり*4、こちらにもいろいろと尾ひれが付いて伝えられているようです。

 いずれにせよ、どこまでが事実でどこからがただの虚構か、分かりかねる部分もありますが、聖典というのものはそれだけで様々な言説を纏う磁場を持っているのかもしれないなあ、 という話でした。

*1 The Qur'an Manuscript display 2015年11月28日閲覧
*2 小杉泰『『クルアーン』――語りかけるイスラーム』 p.44 より引用。
*3 Thomas Asbridge (2010) The Crusades pp.234-235
*4 大川玲子「ウズベキスタンのウスマーン写本―「世界最古」のクルアーン(コーラン)写本―」『国際学研究』37、2010年



 本稿の種本は小杉泰『『クルアーン』――語りかけるイスラーム』。古典入門シリーズ「書物誕生」の一冊。書物としてのクルアーンの成立などにも詳しい。
 イブン・アン=ナディームと『アル=フィフリスト』については日本語ではさしあたり清水和裕「イブン・ナディームの『目録』」。『イスラーム 書物の歴史』に収録されている。
 『アル=フィフリスト』そのものはBayard Dodgeの手による英訳がある。

玉木俊明『ヨーロッパ覇権史』


 全世界において、近代化という言葉がヨーロッパ化を指したことは言を俟たないが、ヨーロッパ発の「普遍性」が世界を覆うのは19世紀以降のことである。ヨーロッパはたかだか一世紀の間にヨーロッパ中心主義の強固な幻想を作り上げた。言い換えれば、それだけ19世紀のヨーロッパによる支配の影響が強かったということだと著者は述べる。では、そのヨーロッパの覇権はどのようにして展開したのか、本書は、それを述べることを目的としている。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 少し前の話で、うっかり書くのを忘れていたのですが、NHKの名作ドキュメンタリー『映像の世紀』のリメイク版『新・映像の世紀』の放送がはじまりました。第一回放送は10月25日で、次回は今月29日になるようです。
 実は私、旧『映像の世紀』(95年放送)を知らない世代なので、新旧を比較することはできません。とは言え、旧版の評価の高さは知っていたので期待して見たわけです。
 第一回放送ではちゃんと「オスマントルコ」ではなく「オスマン帝国」と言っている割にアラビアのロレンスの解釈が古いことにおいおいと思いつつも、それなりには楽しめました。一次大戦のカフカス戦線や亡命先のオランダで薪割りに勤しむヴィルヘルム2世など珍しい映像もあり、興味深かったので一応最後まで追ってみるつもりです。
 なお、旧版はBS1でデジタル・リマスター版を放送しているようですが、生憎私の家ではBSは映らないのでした。
 NHKの歴史関連のドキュメンタリーと言えば『文明の道』や『大モンゴル』が思い浮かびます。できたらDVD視聴できるようにして欲しいのですが、DVDが出ていないシリーズや、ハイビジョンスペシャル『ビザンチン帝国』のようにダイジェスト版(『千年の帝国ビザンチン』)しか出ていないシリーズなどもあり、NHKには頑張ってほしいところです(『ビザンチン帝国』については割と最近の作品である上に11年に再放送しているので映像が残っていないわけでもないと思うのですけれども)。

 さて、新刊情報。
 呉座勇一先生の『一揆の原理』がちくま学芸文庫に収録されるようです。前から読もうと思っていたのですが確保できていなかったので、この機会に買おうと思います。
 同じくちくまから14日、選書で後藤健『メソポタミアとインダスのあいだ─知られざる海洋の古代文明』という本が。
 12月16日、京都大学学術出版会からプロコピオス『秘史』が出ます。ユスティニアヌス時代のあれやこれやをすっぱ抜いた問題の書。『戦史』の方も是非出していただきたいものであります。
 18日に岡田英弘先生が『チンギス・ハーンとその子孫』という本を。ただ、出版社がビジネス社ということで割と不安なのですが。
 新書では集英社から『消えたイングランド王国』というタイトルが。著者は『イングランド王国前史』などの桜井先生。ノルマン・コンクエスト以前のイングランドの歴史について書いた本のようです。
 あとは塩野七生さんが『ギリシア人の物語』というシリーズを始動させるようで。うーむ……。

以下、最近読んだ本

続きを読む

白石典之[編]『チンギス・カンとその時代』


 学際的な研究によって、チンギス・カンとその時代について記した一冊。

続きを読む

長堀祐造『陳独秀』


 世界史リブレット人の一冊。中国共産党初代指導者、陳独秀の評伝。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 今年も紀伊國屋書店がこの一年間で出版された人文書ベスト30を選出する「じんぶん大賞」を開催するようです。今年一年で出版されて読んだ人文書をざっと思い返してみると間違いなく『世界の辺境とハードボイルド室町時代』は入選するという確信に至ります。
 過去にアンサーリー『イスラームから見た「世界史」』が入選した他は西アジア・中東史関連の本は見当たらないので、今年こそなにがしか入選して欲しいなあと思います。

 さて、新刊情報。
 岩波書店から『近代フランス農村世界の政治文化』が19日に。この本自体がどうこうというよりも、世界歴史選書シリーズから新刊が出るということの方が衝撃です。『木簡・竹簡の語る中国古代』と『貨幣システムの世界史』の増補新版が出たり、佐藤先生の『イスラームの国家と王権』が岩波オンデマンドに収録されたりはしていましたが、純粋な新刊となると2008年の『近世パリに生きる』以来なので実に7年ぶりということに。未刊の同シリーズの中には『通訳たちのオスマン帝国』というタイトルがありますが、さて、いつ出ることか。
 吉川弘文館の東北の古代史シリーズ3巻『蝦夷と城柵の時代』は今月25日(うっかりしていましたが中世史シリーズ3巻『室町幕府と東北の国人』は先月30日に出てました)。
 山川歴史モノグラフから今月下旬に『オスマン朝の食糧危機と穀物供給』という本が出るそうです。著者の澤井さんの論文「穀物問題に見るオスマン朝と地中海世界」は『オスマン帝国史の諸相』に収録されていましたが、この論文と同じ方向性の本になる感じでしょうか。
 東洋文庫12月にはガザーリー『哲学者の自己矛盾』が。是非とも『中庸の神学』と合わせて読みたいところ。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

世界史の中の三本の矢

 「三本の矢」と聞いて、日本史に詳しい人であれば大抵は毛利元就の逸話が出てくると思います。元就が臨終に際して子供たちを集め、子供の数だけ矢を取り寄せて「この矢一本ではたやすく折れる。だが、これをひとつに束ねると折れにくい。お前たちはよくこのことを考えて、仲よくしなければならぬ。けっして仲違いをするではないぞ」*1と、遺訓として示したという話で、聞いたことのある方も多いことでしょう。
 その実、これは史実ではないらしく、どうやら実在の三子教訓状にいろいろと尾ひれがついた結果の模様です*2

 ところで、三本の矢を用いて遺言を遺した人物と言えば、他に唐末五代の群雄の一人、李克用が居ます。テュルク系の名将で「鴉軍」と呼ばれる黒尽くめの騎馬軍を率いて活躍し、「独眼龍」の異名を持つなど話題に事欠きません。
 その彼が、臨終に際して息子李存勗に言い残したのが以下の言葉。
「一本の矢で劉仁恭を撃て。汝は、まず幽州をくだすことなく河南を図ってはならぬ。一本の矢でキタイ(契丹)を撃て。そもそも(耶律)阿保機は吾と腕をとりあって盟し、結んで兄弟となり、唐家の社稷を復さんと誓った。しかるに今、約に背いて賊に附した。汝や必ずやつを伐て。一本の矢で朱温(=朱全忠)を滅ぼせ。汝が能く吾が志を成すならば、死すとも憾むことはない」*3
 毛利の逸話が団結を訴えるものであるのに対して、「この矢でライバルたちを撃て」とはなかなか血の気の多い李克用らしい逸話ではあります。以下に李克用の逸話よりもさらに毛利の逸話に似た話を紹介しますが、対象が棒や草などではなく矢である点、その数が三である点など、ひょっとしたら李克用の逸話が毛利の逸話の成立に影響を与えた片方の原点かもしれない、と、杉山正明氏は書いています。

 さて、三本とは限りませんが、*2の岩下論文で紹介されている中にはイソップ童話や、吐谷渾の逸話、チンギス・カンとその息子たちの逸話などで矢・棒などを束ねて折らせる話が出てきます。岩下論文では紹介されていませんが、セルジューク朝のトゥグリル・ベクにも似たような逸話があるので紹介したいと思います。
「トゥグリル・ベクは兄弟に一本の矢を渡して「折ってみろ」と言った。彼はそれを折り、今度はトゥグリルは二本を渡したがこれもまた折れた。三本になると、なかなか折れなかったがついに折れた。四本に達すると、とうとう折れなくなった。「これは我々のようなものだ。少人数でいれば自分から破滅するようなものだ。集まっていれば、誰も我らを打ち負かすことはできない」」*4
 これは遺言などではなく、ダンダナカーンの戦いの大勝利の後、兄弟のチャグリー・ベクに諭して言ったものです。この後、トゥグリルの別の兄弟、イーナールがトゥグリルと対立してしまう歴史を思うと、トゥグリルの思いは残念ながら届かなかったようです。
 また、セルジューク朝にはこの逆パターンの話も残っています。こちらはセルジューク朝の名宰相ニザーム・アル=ムルクの『統治の書』にあるエピソード。
 チャグリー・ベクの息子アルプ・アルスラーンは、部下に馬の毛を切らせ、10本まで束にしても簡単に切ることができても結い上げて綱にすると全く切れないことを示し、「敵というのも同様である。一人、二人、あるいは五人ならばたやすく滅しうる。しかし数が多くなって互いに援護し合うようになると、彼らは根絶しがたい存在となり、我らにとって問題となる」と述べました*5
 これは、その部下がシーア派の人間を登用した時に発した警句です(ニザームの創作である可能性も否定できませんが)。

 岩下論文ではプルタルコスがスキタイに似たような逸話があることを紹介していたことと、それが草原の道を通じて東西に伝播した可能性について書いてありますが、スキタイ、吐谷渾、モンゴルと来て初期セルジューク朝となると、かなり説得力が高いのではないでしょうか。
 イリヤス・エセンベルリンの大河小説『遊牧民』はカザフ建国の叙事詩的大作ですが、ここにも似た逸話が出てきます(折るのは矢ではなくシモツケソウの束)。
 エセンベルリンは以下のように書いていますが、三本の矢から、ユーラシアの悠久の、そして広大な歴史に思いを馳せるのも良いのではないでしょうか。

「この教訓のことは子どもたちでも知っている。彼は、他のバティルやスルタンたちがその息子たちに話したように、また歌い手たちが幾世紀の前から歌い伝えてきたことを、一語一語繰り返した」*6

*1 台詞は『名将言行録』の北小路・中澤訳 pp.111-112より引用
*2 岩下紀之「毛利元就の三本の矢の話」『愛知淑徳大学論集』12号、1987
*3 杉山正明『疾駆する草原の征服者』 pp.113-114
*4 Zahir al-Din Nishapuri The History of the Seljuq Turks p.167 より重訳
*5 ニザーム・アルムルク『統治の書』 p.207 より引用
*6 エセンベルリン『遊牧民』 p.247 より引用



 名将言行録は講談社学術文庫の現代語訳版が簡便。原典で紹介される192人中、22人を抜き出して現代語訳してあるが、一人ひとりの記事に関しては全訳。原典の全文は岩波文庫版を参照のこと。
 李克用については、さしあたり杉山正明『疾駆する草原の征服者』を挙げておく。遼に関連する記述にほぼ半分の頁を割き、それと関連して李克用ら沙陀軍閥についてもかなり詳しい記述がある。

桑野栄治『李成桂』


 世界史リブレット人の一冊。朝鮮王朝の太祖、李成桂を扱う。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ