近況・新刊情報と最近読んだ本など

 去る8月16日、大阪府立弥生文化博物館に「世界の文字の物語」展に友人と行ってきました。平日とは言え夏休み中でしたが、人も少なく快適に見られました(こんなに少なくて大丈夫かとは思ったりしなくもなかったですが)。
 実物大のハンムラビ法典が屹立していたり、ヒエラティック・ヒエログリフ・デモティック・コプト文字の関係などもすっきり分かったりと中々面白い展示でした。
 昼食を取った後は大阪観光をしたり、梅田のジュンク堂で一緒に本を見たり。

 さて、新刊情報。
 戎光祥出版から「シリーズ・実像に迫る」という評伝の叢書が出る模様。ラインナップは大河ドラマを意識したのか第一巻は真田信繁、第二巻は大谷吉継となっています。A5版で100頁ほどのようなので、山川の日本史リブレット人シリーズと似たような感じになるのでしょうか。
 ミネルヴァ書房からは日本評伝選で9月に新井孝重先生の『護良親王』、10月には亀田俊和先生の『足利直義』が出版され、二か月連続で南北朝ものが出ます。
 南北朝と言えば岩波文庫『太平記』六巻は10月。これにて完結となります。ちゃんと順調に出たので何より。函入りセットは出るんでしょうかね。
 中公新書9月では佐藤信弥『周―理想化された古代王朝』。同じく中公新書から昨年出ていた落合先生の『殷―中国史最古の王朝』の続編的な扱いなのでしょうか。甲骨文だけでなく金文研究の成果も盛り込まれている模様。
 講談社学術文庫「興亡の世界史」シリーズ文庫版は9月が『ロシア・ロマノフ王朝の大地』、10月が『通商国家カルタゴ』。
 来年の大河ドラマ絡みで井伊直虎本も複数出るようです。小和田哲夫『井伊直虎』は洋泉社歴史新書yから9月5日、夏目琢史『井伊直虎(仮)』が講談社現代新書から10月18日。

 もうひとつ。めでたいことにリンク先の歴史系倉庫さんがPHPからマンガを出されます!

 発売日は9月21日。私も少しだけお手伝いしました。
 歴史系倉庫のマンガ読者の方なら魅力の説明は不要と思いますが、全編描き直し・描き下ろしです。Amazonの他、楽天やhontoでも予約が始まっていますので、興味のある方は是非。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

ディミトリ・コロベイニコフ「「東方と西方の王」:ムスリムおよびキリスト教徒の史料中にみるセルジューク朝の王朝理念と称号」

Dimitri Korobeinikov ,''The King of the East and the West': The Seljuk Dynastic Concept and Titles in the Muslim and Christian Sources' , The Seljuks of Anatolia ( 2013 , NY & London )
当該論文における読書メモ。注は断りがない限り管理人による。以下要約。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 こんにちは、有給一日に加えて通常の休みをずらしてつなげることにより盆休みというか三連休をゲットすることに成功した管理人です。暑い日々が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
 私は「世界の文字の物語」展と「始皇帝と大兵馬俑」展に行く予定があるので楽しみにしています。
 展示会と言えば10月から京都文化博物館で「黄金のファラオと大ピラミッド展」もあるようです。相変わらず古代エジプトは人気ですねえ。

 さて、新刊情報。
 世界史リブレット人、今月の新刊は『ケマル・アタテュルク』と『鄭成功』の模様。ケマルは日本語で読める評伝が随分古い(その上ケマルにかなり寄っている)ものしかなかったので、今回の出版は実に有り難いことです。鄭成功は実は『国姓爺』というタイトルで日本史シリーズであるはずの吉川弘文館の人物叢書から一冊出ていたりするのですが、こちらは世界史シリーズなので視点の違いに注目です。
 また、慶応大出版会から9月に橋爪烈先生の『ブワイフ朝の政権構造』という専門書が出る模様。ブワイフ朝に関する概説といえば山川世界各国史の西アジア史を読むくらいしか方法がなかったわけですが、さて、この本の出版によってどう変わることか。この本自体もすこぶる面白そうなので楽しみです。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

荷見守義『永楽帝』


 世界史リブレット人の一冊。副題は「明朝第二の創業者」。

続きを読む

宮原辰夫『インド・イスラーム王朝の物語とその建築物』


 副題は「デリー・スルターン朝からムガル帝国までの500年の歴史をたどる」。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ