近況・新刊情報と最近読んだ本など

 前回の近況記事から一月も間が空いてしまいました。この間、「始皇帝と大兵馬俑展」や「朝鮮時代の水滴」展を見に行ったりしています。
 兵馬俑展は大阪国立国際美術館での開催で、今回初めて訪れたんですが、あそこ、地下にかなり大きな展示スペースがあるんですねえ。初見ではちょっと驚きました。
 一緒に行った方の話では兵馬俑は現地ではガラスケースに入って展示されているそうですが、今回の展示では八体の兵馬俑が覆い無く細部まで観察できるようになっていました。個人的に面白かったのは銅製馬車でしょうか、窓の作りが面白く、是非これは実物を見てもらいたいと思います。
 図録はハードカバー・フルカラー200ページの大型本というなかなか立派なもの(買ったもののちょっと置き場所に困っていたりしますけれども)。
 なお、大阪での開催期間は明々後日の10月2日までです。

 「朝鮮時代の水滴」展の方は東洋陶磁美術館にて。特段陶磁器が好きなわけではないのですが、たまに気になる企画展があって見に行くと面白いものがあったりします。今回の展示では饅頭のような形の水滴(硯用の水差しです)がたくさん置いてありましたが、あれがインテリア的に格好いいかなと思ったり。
 展示を見て朝鮮でも文具マニアというのはいたんだなあと感慨にふけるひとときでありました。
 同日に大阪歴博の「真田丸」展にも行きたかったのですが、生憎火曜日休館だったのでまた後日ということに。どなたか付き合ってくださる方がいれば連絡ください。
 また、東洋陶磁美術館でチラシを見つけたのですが、大和文華館で10月8日から「呉越国」展が開催されるようで。呉越と言えば銭鏐は好きな武将なのですが、どちらかと言えば文化系の展示のようです。こちらも付き合ってくださる方がいればご連絡をば。

 さて、新刊情報。
 中公新書10月には呉座勇一『応仁の乱』。複数のファクターの事情がそれぞれに絡み合いすぎて何が何やらわからないのが応仁の乱ですが、果たして呉座先生が新書のページ数でどのようにまとめてくるのか。
 講談社からは氣賀澤保規『則天武后』が11月に学術文庫より。おそらく白帝社の中国歴史人物選の同タイトルの文庫化と思われます(同シリーズは良書が多いので他のものも文庫化してくれるとありがたいのですが)。同月の興亡の世界史シリーズ文庫版は小杉泰『イスラーム帝国のジハード』。
 メチエ11月にはミシェル・ロクベール『異端カタリ派の歴史 十一世紀から十四世紀にいたる信仰、十字軍、審問』。定価3100円というメチエにあるまじき値段設定になっていますが、相当分厚いのでしょうか……。
 吉川弘文館「人をあるく」シリーズ10月は早島大祐『足利義満と京都』、また「読みなおす日本史」シリーズには下出積與『木曽義仲』が収録されるようです。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

新井政美『憲法誕生』


 副題は「明治日本とオスマン帝国 二つの近代」。著者はオスマン帝国とトルコの近現代史を研究している新井政美氏。

続きを読む

奈良修一『鄭成功』


 世界史リブレット人の一冊。副題は「南海を支配した一族」。

続きを読む

設樂國廣『ケマル・アタテュルク』


 世界史リブレット人の一冊。副題は「トルコ国民の父」。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ