近況・新刊情報と最近読んだ本など

 年度も変わりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
 どうも季節の変わり目というのはよろしくないらしく、私は体調崩して寝込んでいました。この時期は毎年風邪を引きやすいので気をつけてはいたんですが、どうも引越し先で気候が違ったのが良くなかったらしく(今は元気です)。

 そう言えば、スニーカー文庫からユスティニアヌス時代のビザンツ帝国を舞台にしたライトノベル『緋色の玉座』が出るようです。戦国・三国ものはさておき、こういう本格派寄りの歴史ライトノベルは最近見てなかったので応援したいところ。読んでみて面白ければ、通常のレビューではなくて特集記事みたいなのを書いてみたいなあと思います。

 さて、近刊情報。
 明石書店の世界歴史叢書からチャールズ・キング『黒海の歴史』が今月20日。
 山川の「宗教の世界史」シリーズから小島毅『儒教の歴史』が5月28日に。このシリーズも忘れた頃に新刊が出ますが、今回は儒教。
 中公新書5月の新刊では桜田美津夫『物語オランダの歴史――大航海時代から「寛容」国家の現代まで』。中公新書の物語シリーズは各国色々出てますが、意外なことにオランダはまだだったんですねえ(ベルギーは出てるのに)。
 世界史リブレット人、渡部良子『ラシード・アッディーン』は、だいぶずれ込みましたが和田春樹『レーニン』と一緒に5月に出るようです。渡部先生はどちらかというとモンゴル帝国史ではなくイラン史方面からモンゴル時代イランを研究されている方ですが、どういう切り口になるんでしょうかね。
 勉誠出版からはなんと『隋書』の邦訳が! 『中国史書入門 現代語訳 隋書』というタイトルでこちらも5月。本紀全文と列伝のピックアップの邦訳ということになるようです(列伝のチョイスについては勉誠出版の書籍ページを参照)。全訳ではありませんが、それでもA5判520ページという大冊。この調子で他の正史の邦訳も出たらありがたいなあと思いますが、さて。
 日本史の方では真田丸が終わっても相変わらず精力的な黒田基樹先生が角川選書から『井伊直虎の真実』という本を。発売日はこれも5月。

 小説では佐藤賢一さんが中公からモハメド・アリを扱った一冊を出すようです。タイトルは『ファイト』で発売日は5月18日。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ