近況・新刊情報と最近読んだ本など

 すっかりご無沙汰で広告が出てしまってましたが、ブログ更新せずに何をやっていたかというと事情があって9~10世紀のバグダードの世相、文化、人物なんかについて調べていました。まだ宗派対立・宗教対立が顕在化せず、色んな人間が技術や知識や資金を持ち寄って社会を作っていっていた時代である一方、街には任侠・無頼の徒が闊歩し貧富の差も広がり始めていた頃ということになりますが、なかなか色んな面から切り取れて面白いところです。

 ところで、『サマルカンド年代記』や『エイレーネーの瞳』を放送してきたNHKラジオの「青春アドベンチャー」枠で知人の同人誌が原作の「斜陽の国のルスダン」が放送されるようです(詳細はこちら)。モンゴル侵攻期の中世グルジアが舞台のお話です。是非チェックをば。

 さて、新刊情報。
 吉川弘文館からは8月に人物叢書から『源頼義』が。源氏全体としてはややマイナーかもしれませんが、それでも該当時代の重要人物です。
 講談社現代新書8月は岩崎周一『ハプスブルク帝国』。448頁ということなのでかなり分厚い本になりますね。(何度か言った気もしますが)現代新書は最近メチエに色々吸い取られているのか元気がありませんが、頑張って欲しいところです。
 同じく講談社の学術文庫9月では興亡の世界史の収録が再開されています。今回は『地中海世界とローマ帝国』。文庫サイズでローマ史をざっとさらう分には便利な本になるのではないでしょうか。
 白水社9月にユージン・ローガン『オスマン帝国の崩壊――中東における第一次世界大戦』というタイトルが挙がっています。とうとう邦訳が出るかと思うとなかなか感慨深いものがあります。これはもうマストアイテムでしょう。
 予定は未定ですが岩波現代文庫に年内に『ラディカル・オーラル・ヒストリー』が収録されるようです。これもいつか読まねばと思いつつ先延ばしになっていたので確保したいところ。

 以下、最近読んだ本(今回は2冊)。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ