小泉龍人『都市の起源』


 副題は「古代の先進地域=西アジアを掘る」
 古代オリエント(就中、メソポタミア)は文明の興った最古の地であるとされている。この地はまた、最古の都市の興った地でもあるとされている。本書は、考古学の知見を元に西アジアにおける都市の発生についての考察を一般向けに解説した一冊である。

続きを読む

油井大三郎『ベトナム戦争に抗した人々』


 世界史リブレットの一冊。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 チュニジア沖でローマ帝国時代の海底遺跡が発見されたことがニュースになっています。4世紀の津波で沈んだネアポリスの一部と思われるとのこと。
 アラブの春で政権が転覆した国の中では唯一まともに民主化が進んでいるのがチュニジアで、考古学調査ができる余裕もある由、喜ばしいことです。願わくば、シリアやイラク、リビアでも早く平和が戻って欲しいものです。

 また、吉川弘文館の人物叢書の2017の復刊予定が出たようです。知らない間に在庫切れになってた本もちらほら。中世史で興味のある人物の分はあらかた揃えているので買うとしたら『勝海舟』あたりでしょうか。

 さて、新刊情報。
 中公新書9月にカレン・アームストロング『イスラームの歴史』。著者は歴史学ではなく宗教学の研究者のようです。日本のイスラーム概説は歴史学者か地域研究者の方が書くことが多いのですが、さて、これはどんな本になっているのでしょう。
 同10月に石野裕子『物語 フィンランドの歴史 北欧先進国「バルトの乙女」の800年』 。中公新書の物語シリーズは最近調子がいいですね。
 メチエでは峰岸純夫『享徳の乱 中世東国の「三十年戦争」』。峰岸先生の本は足利・新田関係でよく読んでますが、今回は享徳の乱とのこと。Amazonで紹介文を見たところなかなか挑戦的な文句が踊っています。
 現代新書には旦部幸博『珈琲の世界史』。著者は医学系の方で、コーヒーマニアのようです。コーヒー本と言えば中公新書の『コーヒーが廻り世界史が廻る』が既にあるわけですが、どう差別化してくるのか気になりますね。
 吉川弘文館の人物叢書10月には小池進『保科正之』が登場。初期江戸幕府のキーパーソンです。
 戎光祥出版今月の新刊は中世武士選書から野田浩子『井伊直政』。今年の大河ドラマも徳川の井伊谷侵攻を迎えて転機というところですが、合わせてきた感じですかね。実像を知るシリーズの方は大西泰正『宇喜多秀家』。
 ずれこみまくってる山川世界史リブレット人シリーズ『ラシード・アッディーン』はAmazonでは12月予定になってますね。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ