近況・新刊情報と最近読んだ本など

 今週末から神田神保町で古本まつりのようです。学生時代に一度行ってきりでご無沙汰なのですが、なかなか予定があわず……。とは言え、土曜日には京都の国宝展に行くのでそちらを楽しみにします!
 もうひとつ、しばらく前の話ですが映画『関ヶ原』を見てきました。司馬遼太郎が画面に出るのには笑いましたが、あの長さの小説をよくよくまとめて映画にしたなあという感想です。いきなり秀次事件から始まるので予備知識のない人にはちょっと難しい部分もあるかもしれませんが、三成役の岡田さんにせよ左近役の平さんにせよはまり役で、また事前にあまり注目はしていなかったんですが東出さんの秀秋がとても人間味があっていい映画でした。

 さて、新刊情報。
 戎光祥出版の「実像に迫る」シリーズ、来月の新刊は石渡洋平『上杉謙信』の模様。そういえば謙信についての本って読んだことなかったなあと思うのでこの機会に。
 河出からは本邦でのアレクサンドロス研究の第一人者森谷公俊先生の新刊が出るようです。タイトルは『アレクサンドロス大王 東征路の謎を解く』。3700円384頁とのことでけっこう重量級の内容になりそうですね。発売予定は11月22日。
 ちくま学芸文庫11月には『応仁記』が……昨今のブームに乗ったわけではないんでしょうが、いいタイミングで出ることになったようで。
 中公新書11月からは服部英雄『蒙古襲来と神風――中世の対外戦争の真実』 と、小川剛生『兼好法師――徒然草に記されなかった真実』 。服部先生は山川から蒙古襲来について大冊を出していますし、小川先生はしばらく前から兼好法師についてのかなりインパクトの強い新説を発表されてますので、いずれも新書で読めるというのは大変ありがたいことです。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

長谷川貴彦『イギリス現代史』


 英国現代史について述べた一冊。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ