近況・新刊情報と最近読んだ本など

 寒波が列島を襲っていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。こちらは雪でえらいことになっています。まあ外出できないと積読の消化が捗るのでそれはそれでいいんですが。

 中央公論新社の3月分新刊の情報が出ています。新書については珍しくこの月はこのブログとしてはあまり注目すべき本はないかなあという感じですが、文庫に西牟田靖『本で床は抜けるのか』というタイトルが挙がっていて他人事じゃねえなあ……みたいな気分に。
 さて、それ以外の新刊情報。
 星海社新書3月、『周』の佐藤信弥先生の『中国古代史研究の最前線』。日本史以外の歴史本がこのレーベルから出るのは珍しい気がしますが、著者を見る限り安心して読めそうです。
 山川の世界史リブレット人3月は松浦義弘『ロベスピエール――世論を支配した革命家』。

 以下、最近読んだ本。
 

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ