レビューインデックス(50音順)

これまでのレビューにリンクで飛べるようになっています 著者名50音順

続きを読む

竹中亨『ヴィルヘルム2世』


 ドイツにおいて最後の君主となったヴィルヘルム2世の評伝。副題は「ドイツ帝国と命運を共にした「国民皇帝」」

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 以前バーミンガム大学で年代測定によって現存する最古のクルアーンではないかとされる写本の断片が出てきたということがニュースになり、コラムでも少し触れました。中町信孝先生のTwitter情報で知ったのですが、この件の続報としてBBCが報じており、書体の年代の問題などから疑義が提出されているとのこと。炭素同位体測定の結果と書体の年代のズレが200年ほどあり、かつバーミンガム大によれば再利用紙ではないとのことなので、新品で200年も使われずに置いていた羊皮紙を使ったという推測が成り立つのではないかなあとのこと。
 なかなか面白い案件ですが、引き続いての報告を待ちたいところです。

 さて、新刊情報。
 今月の新潮選書、池内恵『シーア派とスンニ派』。以前同選書から出版された『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』と同じシリーズということになるようです。
 同じく今月、亜紀書房よりメアリー・ビアード『SPQR ローマ帝国史』。
 戎光祥出版は6月に丸山裕之『図説 室町幕府』。信頼できる出版社からこの手のわかりやすい図説本が出るのって室町幕府では非常に珍しい気がしますね。
 洋泉社歴史新書yより6月、亀田俊和[編]『初期室町幕府研究の最前線』。このレーベルの最前線シリーズはなかなか攻めてきていて応援したくなります。
 日本史リブレット人6月は『法然――貧しく劣った人びとと共に生きた僧』。

 小説では北方謙三氏がまさかのチンギスものを書くそうで。集英社より、第一巻タイトルは『チンギス紀 一 火眼』とのこと。楊家将や岳飛伝、水滸伝などで北アジア系政権のあれこれを書いてきているのでたしかに既定路線と言えばそうなのかもしれませんが……。つまらないものになることはないでしょうが、さてどんな作品になるのか。

以下、最近読んだ本。

続きを読む

エリック・H・クライン『B.C.1177 古代グローバル文明の崩壊』


 本書タイトルともなっている紀元前1177年はエジプトにおいてラムセス3世がいわゆる「海の民」を撃退した年だが、これは後期青銅器時代の末期にあたる。この出来事と前後して、中近東では多くの勢力が滅亡し、青銅器時代は終わりを告げた。本書のテーマは「ではその時期に一体何があったのか」を解き明かすことにある。

続きを読む

南川高志[編]『B.C.220年 帝国と世界史の誕生』


 山川出版社の新シリーズ「歴史の転換点」の第一回配本。

続きを読む

吉國恒雄『グレートジンバブウェ』


 副題は「東南アフリカの歴史世界」。本書で扱われるグレートジンバブウェは東南アフリカにおける最大の遺跡である。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ