近況・新刊情報と最近読んだ本など

 しばらく放っておくと既読の本がたまって一冊あたりの紹介内容が薄い記事になりがちなのでこまめに書かないといけませんねえ。
 それはさておき先日大阪でうろうろしていた時の話。普段なら梅田のジュンク堂か紀伊國屋書店で本を探すところ、駅ビルの蔦屋書店というところに初めて入ってみたのですが、売り場面積はさておきジャンル毎に単行本も新書も文庫もレーベル関係なく置いてあってジュンク堂や紀伊國屋とはまた違った発見があって面白かったです。大阪に行った折にはまた寄ってみたいところ。

 さて、近刊情報。
 山川の歴史の転換期シリーズ、次の刊行は島田竜登[編]『1683年 近世世界の変容』の模様。750年を楽しみにしてるんですがなかなか出ませんねえ。発売は12月下旬。
 同じく山川、今月末に日本史リブレット人の新刊、林淳『渋川春海――失われた暦を求めて』。小説『天地明察』が面白かったので手軽に主人公の渋川春海の実像に触れることができるのはありがたいところ。
 中公新書12月は注目の本が二冊。まず坂井孝一『承久の乱――真の「武者の世」を告げる大乱』。『応仁の乱』、『観応の擾乱』ときて次は承久の乱。先の二冊も面白かったので、これも期待が大きい一冊になりそうです。
 次に小笠原弘幸『オスマン帝国――繁栄と衰亡の600年史』。新書でのオスマン帝国通史だと鈴木先生の『オスマン帝国』以来ですから実に26年ぶりですか。内容紹介をみている限りだといわゆる最盛期以降もきっちり書いてあるようなので新たなスタンダードになることを期待したいと思います。
 勉誠出版12月はアジア遊学シリーズで永山ゆかり・吉田睦[編]『アジアとしてのシベリア』。あまり見ないテーマですが、非常に面白そうです。これで一冊出せるのはさすが勉誠出版。変な本出さずにこの路線で頑張ってほしいものです。
 白水社12月、これはまさかですが、エリザベス・ドネリー・カーニー『アルシノエ二世』。クレオパトラの先駆者、という煽り文句がついていますが、ヘレニズム諸王国の人物で評伝が出るというのはそれこそクレオパトラ意外では非常に珍しいと思います。訳者は安心の森谷公俊先生。
 11月末、戎光祥出版から大庭裕介『江藤新平―尊王攘夷でめざした近代国家の樹立』。江藤新平と言えば毛利先生の本がイメージを形作って長いことたつような感じですが、ちょっと目新しめの論点のようなので楽しみです。

続きを読む

薩摩真介『〈海賊〉の大英帝国』


 副題は「略奪と交易の四百年史」。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ