近況・新刊情報と最近読んだ本など

 さて、今回が本年最後の近況記事になりそうです。年末はなんやかんやと忙しいわけですが、一応年間読書目標の120冊は突破したのでまずまずかなあと。下半期は哲学書の冊数が多かったのでブログの更新回数は減ってしまいましたが。
 友人との読書会も不定期ではありますがE・W・サイード『オリエンタリズム』、保苅実『ラディカル・オーラル・ヒストリー』、G・C・スピヴァク『サバルタンは語ることができるか』と三冊こなしているのでこの調子で続けたいところです。スピヴァクが難物すぎたので次はフーコーの予定。

 さて、新刊情報。
 明石書店1月、山口昭彦[編著]エリア・スタディーズシリーズから『クルド人を知るための55章』。言われてみれば出てもおかしくないのにまだ出てなかったなあという一冊。クルド人について時事からはやや距離をとって概説的な一冊が出るというのは非常にありがたいことです。
 平凡社ライブラリー1月、中世思想原典集成は『ラテン教父の系譜』。解説はアガンベン関係でよく名前を見かける岡田温司先生。同じく平凡社の「中世から近世へ」シリーズ1月、黒田基樹『今川氏親と伊勢宗瑞――戦国大名誕生の条件』。相変わらず黒田先生はガンガン本を出しますねえ。テーマとしてはこのシリーズの割にはやや古い時代になりそう。同シリーズ2月には長澤伸樹『楽市楽座とはなにか』。こちらも概説書で一冊扱うというのはけっこう面白い試みのように思います。期待。
 白水社1月、マニング・マラブル『マルコムX』。マルコムの大部の評伝(四六判上下併せて800頁超)の和訳が出るとは。
 ちくま学芸文庫2月、『資治通鑑』。抄訳のようですがそれでも文庫で624頁とのことでなかなかの大冊。マストアイテムになりそうです。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

小笠原弘幸『オスマン帝国』


 オスマン帝国通史。副題は「繁栄と衰亡の600年史」。

続きを読む

堀川徹[編]『知の継承と展開――イスラームの東と西』


 「知のユーラシア」シリーズの一冊。本巻は、イスラームを軸として広域的な思想史・思想交渉史の中からテーマを各著者がピックアップした論集となっている。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ