近況・新刊情報と最近読んだ本など

 先の日曜日に梅田であった鈴木晶×岸見一郎『フロムに学ぶ「愛する」ための心理学』刊行記念トークイベントに行ってきました。特段愛について悩んでいるというわけではなく初期フランクフルト学派の一員としてのエーリッヒ・フロムに興味があったというのが主な理由なんですが、いろいろ裏話も聞けて(フロム『愛するということ』の旧訳の酷さがぶち上げられた時に相変わらず売れ続けていたので新訳を出す他なく鈴木先生にお鉢が回ってきたという話など)面白かったです。

 さて、新刊情報。
 山川出版社4月、世界史リブレット人の新刊は鈴木恒之『スカルノ――インドネシアの民族形成と国家建設』。そう言えばいっときに比べると評伝をあまり見なくなった人ではあります。なお著者の鈴木先生はパレンバン王国を専門にしている方のようです。
 中公新書4月、岩崎育夫『アジア近現代史――「世界史の誕生」以後の800年』。なんか最近岩崎先生この手の本出すことが多いですね。
 NHK出版新書4月、岡本隆司『腐敗と格差の中国史』。岡本先生も相変わらず多作のようで。タイトルが若干アレなのはいつものことなので中身は真面目であることを期待しましょう。
 ミネルヴァ書房4月、日本評伝選から岡田清一『北条義時――これ運命の縮まるべき端か』。
 講談社学術文庫5月、村山吉廣『楊貴妃――大唐帝国の栄華と滅亡』。20年以上前に中公新書から出ていたものですが、文庫化されるようです。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 去る2月16日、大阪梅田の某所で開かれたトークイベント「「学問2.0~交錯する理系知と文系知」第3回 ~学問は役に立たないといけないの?役に立つの?いやそもそも役に立つってどういうこと?」に行ってきました。普段土日は仕事なのでこの手のイベントには行けないことが多いのですが、今回はたまたま休日だったので開催4日前にイベントの存在を知ってそのままチケット取って突撃しました。
 内容は書籍化の可能性があるとのことなのでそちらに譲りますが、著書を買って伊勢田先生にサイン貰ったりできたのもあり行ってよかったなあと思います。

 もう一件、ワラキア公ヴラド3世を主人公にしたマンガ『ヴラド・ドラクラ』の二巻が出ました。登場人物がほぼ全員オッサンという渋すぎるマンガですが、ワラキア内の権力闘争や周辺大国との関係など面白い描き方になっているのでぜひしっかり続いてほしいものです。

 『ハルタ』はこれに限らずいい歴史ものをたくさん連載しているので頑張ってほしい雑誌のひとつですね。

 さて、新刊情報。
 井筒俊彦も亡くなってかなり経ちますが未だ関連本が沢山出ますね。
 先日『神秘哲学』が岩波文庫に収録されたばかりですが、今月は『意味の深みへ』が文庫化されるようです。解説が斎藤慶典先生なのでこれも楽しみ。
 集英社新書3月、重松伸司『マラッカ海峡物語――ペナン島に見る多民族共生の歴史』。著者の重松先生はインド世界の研究者の方。
 中公新書3月、河上麻由子『古代日中関係史――倭の五王から遣唐使以降まで』。
 山川出版社3月、歴史の転換点シリーズ小松久男[編]『1905年 革命のうねりと連帯の夢』。次の配本は第10巻のようです。予定は30日になっていますが、まあ山川のことなので翌月にずれこむくらいは想定しておくべきかなとは。
 岩波書店3月、日本のなかの世界史シリーズ、油井大三郎『平和を我らに――越境するベトナム反戦の声』。

 中国史関連も活発なようです。先日立ち上げられたばかりの志学社から吉川忠夫『侯景の乱始末記』が未収録稿も加えて復刊予定との由、予定は初夏頃とのこと。
 勉誠出版3月、アジア遊学シリーズの最新刊は山田敦士[編]『中国雲南の書承文化――記録・保存・継承』。多文化世界としての雲南をテキストという面から見た一冊になっているようでなかなかおもしろそうです。また同社のTwitterによると「中国史書入門 現代語訳」シリーズでは『新唐書』が作業中の他、『北斉書』の刊行も決定しているようです。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ