河合晴信『政治がつむぎだす日常』


 副題は「東ドイツの余暇と「ふつうの人びと」」。
 私的空間のみにおいて政治的議論が可能であったとする従来の東ドイツ理解に対して、本書では余暇という私的問題にも政府が関わらざるを得ず、その結果私的問題を政府に訴えること自体が政治的であったと主張している。

続きを読む

川喜多敦子『東欧からのドイツ人の「追放」』


 副題は「二〇世紀の住民移動の歴史のなかで」。
 第二次世界大戦末期、ドイツ東部から東欧にかけての地域において、自主的避難、報復的や憎悪による追放を含め、ドイツ人の大規模な住民移動が発生し、また戦後連合国側の取り決めによってドイツ系住民がドイツへと強制移住させられるところとなった。ドイツで「追放」と呼ばれるこの一連の出来事についてまとめたのが本書である。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 一部読書家界隈では劉慈欣『三体』というSF小説が話題になっています。本格SFは『華竜の宮』以来ですが、気になったので読んでみました。

 文革で、ある理論物理学者が惨殺されるシーンから始まるショッキングな開幕で、三体問題がキーになりつつ話が進行していく展開。色々な自然科学用語も出てきますが、特に意味が取りにくいということもなく非常に面白く読めました。続編もあるそうで、邦訳が待たれるところ。ただ、中盤以降で明らかになるある事実が帯に書いてあって、販促のためとは言えネタバレじゃねえかみたいな感想が脳裏をよぎったのも事実。
 なんにせよ、面白い本なのでおすすめです。

 また、16世紀フィレンツェを舞台に女流画家を主人公としたマンガ、『アルテ』がアニメ化されるようです。原作が好きなので楽しみにしているのですが、原作の絵の情報密度が高いので作画がなかなか大変になりそうな気がします。『将国のアルタイル』の二の轍を踏むことはないように願いたいところ。アニメ公式サイトはこちらです。

 さて、新刊情報。
 角川選書8月、黒田基樹『戦国大名・伊勢宗瑞』。角川選書の評伝単発ものは割といい本が多いので要チェック。著者は黒田先生ですし安心でしょう。
 中公新書8月、和田裕弘『織田信忠――天下人の嫡男』。信忠は割と興味深い人物ではあるのですが、新書一冊分だけ書けることがあるのか気になります。同じく中公新書から中野等著『太閤検地』。
 同9月、滝川幸司『菅原道真――学者政治家の栄光と没落』。
 京都大学学術出版会8月、プルタルコス『英雄伝』の第五巻。アレクサンドロスやデモステネスが収録されている巻となります。
 角川新書9月、大西泰正『「豊臣政権の貴公子」宇喜多秀家』。
 中公文庫9月にはミシュレの『ジャンヌ・ダルク』が収録されるようです。訳者は森井真、田代葆両氏。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ