近況・新刊情報と最近読んだ本など

 お久しぶりです。一ヶ月くらい記事を書いていませんでしたが、裏では事情があって盛期オスマン帝国の文化史を色々調べているところです。それなりに色々読んでいるはずの地域・時代でも分野が微妙にズレると知らないことがザクザク出てきて勉強不足を痛感しますねえ。中でもちょっとおもしろかったのはイスタンブルにはスレイマン大帝の大宰相だったイブラヒム・パシャの邸宅が現存しているそうで、今は美術博物館兼カフェになっているそうです。

 もう一点、今年のサントリー学芸賞が発表されましたが、藤原辰史先生が『分解の哲学』で受賞されたようでめでたいことです。サントリー学芸賞、割と攻めた選考をすることが多い(そのため稀にちょっとハズすこともありますが)ので納得の受賞。

 さて、新刊情報。
 河出書房12月、菊池良生『ウィーン包囲――オスマン帝国と神聖ローマ帝国の激闘』。紹介文に「世界征服を企てるオスマン帝国」なんていう文言が踊っているので思わず笑ってしまいましたが、まあ菊池先生の本なら読み物としては面白いものになっているのではないでしょうか。
 白水社今月、ウルリヒ・メーラート『東ドイツ史1945-1990』。東独研究も色々盛り上がっているようで。同来月、エイドリアン・ゴールズワーシー『古代ローマ名将列伝』。古代ローマ、コンテンツとして割と人気が高い割にこの手の本が出ることが少ない気がしますが、面白そうです。
 吉川弘文館からは人物叢書シリーズ、森公章『阿倍仲麻呂』。結構な有名どころでも(有名どころだからこそかもしれませんが)後回しになっている人物がちょいちょいあるシリーズですが、阿倍仲麻呂もまだだったんですね……。また翌月には同シリーズで酒井紀美『経覚』。呉座先生の『応仁の乱』でも中心視点の一人として取り上げられていましたが、今回単独で評伝が出ることになります。
 山川出版社12月、歴史の転換期シリーズ、千葉敏之[編]『1187年 巨大信仰圏の出現』。1187年と言えばサラディンのイェルサレム奪還の年ですが、どんな内容になっているのか非常に楽しみです。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
西アジア史が好きな一介の歴史好き。歴史理論にも興味があり哲学関係の本も読みます。
望月桜先生の『囚われの歌姫』を考証面でお手伝い中。

当ブログは管理人が読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ