近況・新刊情報と最近読んだ本など

 年内最後の更新になりそうです。今年もお世話になりました、来年もよろしくお願いします。
 今年もなんとか年間読書冊数が100冊を超えたのでぼちぼち勉強はできたかなあといったところ。読書会でも重田園江『ミシェル・フーコー』、鎌田雄一郎『ゲーム理論入門の入門』、アブナー・グライフ『比較歴史制度分析』、山下範久[編]『帝国論』と四冊読めたので来年も継続していきたいですね。次はバーク『文化史とは何か』かハーバーマス『公共性の構造転換』になる予定。

 ところで、11月12月は京都の上七軒にある上七軒文庫というところで講義を受けてきました。大学の先生が(市民講座のようにレベルを落としたものではない)講義を一般に開放してくれている場ということで、私のような、何ら肩書を持たない人間にはとてもありがたい場所です。
 受講してきたのは師茂樹先生の「井筒俊彦を読む:「東洋哲学」入門」の第一回と第二回です。井筒は取り扱っている範囲が非常に広く、検証しながら読むにもなかなか骨が折れるのですが、この講義では仏教学の視点から井筒の文章を読んでいくことによって考察を深めていく方針を取っています。

 もう一点、講談社がホワイトハートコミックスという新レーベルを立ち上げるそうなのですが、創刊ラインナップのうちに望月桜先生作画のエルトゥールル帝国シリーズ『囚われの歌姫』(原作:貴嶋啓先生)という作品が。実はこれ、考証を手伝わせてもらっていまして、原稿も確認しています。配信は2月からなので少し先ですが、よい作品なのでぜひよろしくお願いします。


 さて、新刊情報。
 ちくま学芸文庫1月、R・W・サザン『ヨーロッパとイスラーム世界』。原題を見る限り中世ヨーロッパのイスラーム観がメインになるのでしょうかね。
 講談社学術文庫1月、弓削達『地中海世界 ギリシア・ローマの歴史』。新書西洋史シリーズで出たものですが、シリーズまるごとではなくこれだけ学術文庫に収録されるようですね。また2月には森茂暁先生の『南朝全史』が収録される模様。
 現代新書1月、高橋弘美『物語 パリの歴史』。まるで中公新書のようなタイトルですが、版元は講談社。
 岩波新書1月、丸橋充拓『江南の発展 南宋まで――シリーズ 中国の歴史②』。①も積んでいるのでさっさと読んでしまっておかねばなりません。同2月、大津透『律令国家と隋唐文明』。
 吉川弘文館1月は人物叢書が三冊一気に出ます。藤井譲治『徳川家康』、五野井隆史『ルイス・フロイス』、小川剛生『二条良基』。特に小川先生の二条良基本は楽しみですね。なお2月には山本博文『徳川秀忠』も出る模様。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

レビューインデックス(50音順)

これまでのレビューにリンクで飛べるようになっています 著者名50音順

続きを読む

水上遼『語り合うスンナ派とシーア派』


 副題は「十二イマーム崇敬から中世イスラーム史を再考する」。

続きを読む

ウルリヒ・メーラート『東ドイツ史 1945-1990』


 邦語で読めるものとしてはヴェーバー『ドイツ民主共和国史』以来、実に30年近くぶりとなる東ドイツの通史。訳者は東ドイツ史の研究者である伊豆田俊輔氏。

続きを読む

野田仁・小松久男[編著]『近代中央ユーラシアの眺望』


 ソ連崩壊以後、発展を遂げてきている近代中央ユーラシア史研究の最新の成果をわかりやすくまとめた論集。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ