鴋澤歩『鉄道のドイツ史』


 副題は「帝国の形成からナチス時代、そして東西統一へ」。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 世間はコロナ禍で騒然としていますが、こんな時こそ外出せずに家で本でも読むに限りますね。行こうかなと思っていた特別展も軒並み中止になっているようですし。
 ちなみに東洋文庫の『大清帝国展』は明日オンラインで配信があるようです。このほかにもオンライン配信のある展示があるようなので、気になる方はチェックしてみるといいかもしれません。

 さて、新刊情報。
 平凡社4月、中世から近世へシリーズ、小川雄『水軍と海賊の戦国史』。江戸期に入ってからも含めた水軍衆の歴史が書いてあるようで、なかなか面白そうです。
 山川出版社4月、しばらくぶりの世界史リブレット人の新刊は高橋進『ムッソリーニ――帝国を夢みた政治家』の模様。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

リチャード・E・ルーベンスタイン『中世の覚醒』


 副題は「アリストテレス再発見から知の革命へ」。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
西アジア史が好きな一介の歴史好き。歴史理論にも興味があり哲学関係の本も読みます。
望月桜先生の『囚われの歌姫』を考証面でお手伝い中。

当ブログは管理人が読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ