512年 記事番5 アブール=ハサンの脱走

イスラム歴512[西暦1118-1119]年 完史英訳1巻P192-193
「アル=ムスタルシドの兄弟、アミール・アブール=ハサンの脱走と帰還」

括弧内は管理人の注
管理人は翻訳・要約に責任を持たない

以下訳文
 人々がアル=ムスタルシド・ビッラーの就任式に忙殺されている時、彼の兄弟のアミール、アブール=ハサン・イブン=アル=ムスタズヒル・ビッラーが三人の供と船に乗り、アル=マダーインまで下った。そこから彼はデュバイス・イブン=サダカの元へ行き、彼は彼を敬意をもって受け入れ、アル=ムスタズヒル・ビッラーの死を知った。デュバイスは彼に気前よく支援を申し出た。アル=ムスタルシド・ビッラーがこの情報を得た時、彼は心配し不安に思った。彼はデュバイスに彼を送り返すよう使者を送った。返信は「私はカリフの僕でありその命に従う身です。しかし、彼は私の庇護を求めて我が家に来たのです。私は彼に何事も無理矢理させることは出来ません」というものであった。
 使者は行政長官のシャラフ=アッディーン・アリー・イブン=ティラード・アル=ザイナビーであった。彼はアミール・アブール=ハサンを探し、帰還についてと彼が望んでいるようにカリフが味方であることを伝えた。アブール=ハサンは戻ることに了解し、「私は悪事を企んで兄弟のもとを去ったのではない。恐れがあったから去っただけなのだ。もし彼が保護を与えてくれるのならば、私は彼の元へ戻ろう」と言った。デュバイスはじきじきに支度を整えバグダードへ同道することを請け合った。長官は帰還し、カリフに状況を伝えた。後者(カリフ)は彼が求めたものに合意した。
 この時、アル=ブルスキ、デュバイスとマンクーバルスの間で問題が発生した。それについて我々は既に述べ、問題は後回しにされた。
 アミール・アブール=ハサンはデュバイスと、この513年のサッファール月12日[原注:西暦1119年5月25日]まで留まった。そして彼はワーシトを目指し、アルヒッラを発った。ワーシトで彼に付いていく人数がふくらみ、彼が力をたくわえているという根強い噂がたった。彼はワーシトの街を占領し、危険になった。カリフのアル=ムスタルシド・ビッラーはフトバを明白な跡取り、彼の12歳の息子のアブー=ジャーファル・アル=マンスールのために唱えるよう命じた。ラビー2月の2日[原注:1119年7月13日]に、バグダードで彼の名はフトバに付け加えて唱えられるようになった。アミール・アブール=ハサンに関する問題で同じ命令を書いた手紙、彼はもはや保護下に無く、カリフの富と財産に攻撃を加えているとの手紙がデュバイス・イブン=マズィードに送られた。
 彼は彼を攻撃し彼が強くなる前に打撃を与えることを命じた。デュバイスは彼に対抗し軍を送り、ワーシトを棄てた。彼と彼の部下は何をするべきかを見失い、道に迷った。デュバイスの兵士達はアル=シルフに到着し、そこで彼らを驚かせ、彼の荷物を略奪した。クルドとテュルクは皆彼の軍から逃げた。残りはデュバイスのもとへ戻った。
 アミール・アブール=ハサンは10人の従者と、5リーグを水無しで進んだ。時は夏の盛りであり、彼は自分が死ぬに違いないと思った。二人のベドウィンが彼を追っていた。彼は自由を欲したがしかし不可能だった。彼の渇きが耐え難くなった時、彼らは彼を囲んだ。彼らは彼に飲み物を与え、彼をデュバイスのもとへ連れていき、彼がデュバイスに2万ディナールを与えた後、デュバイスは彼をバグダードへ送りカリフのもとへ連れていった。彼は宮殿に連れ込まれた。彼がバグダードを出てから帰ってくるまで11ヶ月が発っていた。
 彼がアル=ムスタルシド・ビッラーの前に来た時、彼は足に接吻した。アル=ムスタルシドは彼に接吻仕返し、彼らは互いに涙を流した。カリフは彼(アブール=ハサン)を、彼(カリフ)自身が即位するまで使っていた立派な邸宅に落ち着かせ、名誉の衣と多くの贈り物を彼に与えた。彼は心を落ち着かせ彼の安全を保証した。

要約
■カリフの兄弟のアブール=ハサンがデュバイスの元へ行った
■カリフはデュバイスにアブール=ハサンを引き渡すよう言ったがデュバイスは拒否した



ちょっと二段落目以降の訳に自信が無いです
このエピソード自体はイブン=アッティクタカーのアルファフリーにも載ってるんですが……
要約の続きはまた後ほど
訳も修正するかもしれません
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ