大モンゴルの世界 陸と海の巨大帝国/杉山正明


例によって杉山正明教授のモンゴル帝国入門書
 
 割と初期の著書であるせいか杉山節が押さえられている気がする。あるいは気がするだけで自分が慣れたのか……。
 概説史としては割と読みやすい方に入ると思われる。「モンゴル帝国と長いその後」や「クビライの挑戦」あたりはこの本か「モンゴル帝国の興亡」を読んでからの方が読みやすいだろう。

 イラン・キプチャク・ルーシ方面の記述は少ないので、その周辺を知りたい人は別の本も読んだ方がよかろう。
 個人的にはこの本で中央アジア方面のカイドゥ、アレグあたりの動向が頭に入った。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
西アジア史が好きな一介の歴史好き。歴史理論にも興味があり哲学関係の本も読みます。
望月桜先生の『囚われの歌姫』を考証面でお手伝い中。

当ブログは管理人が読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ