イスラム・スペイン千一夜/小西章子


 イスラーム・スペインを通史的に見る。どちらかというと歴史書よりは随筆に近い。
 
 扱われているのは西ゴート王国の滅亡、イスラーム=アンダルスの成立から、グラナダの陥落。後ウマイヤ朝のアミール・カリフ、エル=シド、グラナダの国王まで。ただし、マグリブ王朝のスペイン領に関する情報はそれほど無い。
 「歴史学」なぞ何処吹く風で、人物史的な要素も存分に取り込み、当時の詩も引用しながら著者の思い入れもちりばめつつ史実をなぞっていく。

 イスラーム時代のイベリアの歴史が概観できるので、一冊あると便利である。更に詳しい史実を知りたい場合は「イスラムとヨーロッパ/前嶋信次」か「寛容の文化/マリア・ロサ・メノカル」あたりをお勧めしておく。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ