紀行モロッコ史/那谷敏郎


 著者が実際に現地に赴いた際の紀行文と交えながら書かれた、モロッコを含めたマグリブ(北アフリカ)の通史。
 紀行文と通史部分が交互に記されており、その点いっしょくたになってしまう煩わしさは無い。
 扱われている時代は古代カルタゴからヌミディア、古代ローマ、ヴァンダル時代を前史とし、イスラーム化、ベルベル諸王朝、そして植民地時代を経た現代。聖者主義というキーワードを軸に、ベルベル的イスラーム、ひいてはその原理が建てた国家について解説する。
 あくまで「紀行」と冠しているように学術書ではなく、気軽に読める。その上、山川の西アジア史以上に詳しいと言って良い。

 紀行部分も現地の空気を知る上で役に立つ。
 管理人のはやたら著者がコーラを飲んでいる部分が記憶に残っているが。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ