千年の帝国ビザンチン/NHK


 NHK制作のドキュメンタリー。エジプト領シナイ半島、シナイ山のふもとにある聖エカテリニ修道院の活動を軸に据えて、ビザンツ帝国の歴史をなぞる。
 
 どうやらTV放映されたものの一部のようだが、これはこれで興味深い内容になっている。このDVDの内容に限れば、中東の正教徒がムスリムたちと共存している環境を、ビザンツの歴史の流れの中に位置づけているように見受けられる。

 流石NHKと言うべきか、予備知識がなくとも分かりやすい構成になっており……と言いたいところではあるが、分かりやすいことは分かりやすいもののビザンツ帝国の歴史がこれで把握できるかというとそうでもない。伝えたいことと、中心に据えられている聖エカテリニ修道院の歴史は(ビザンツについて知識がなくとも)ちゃんと分かるので、ビザンツ帝国史のなかの一つの細い断面として見るのが妥当だろう。
 いい悪いで言えば、面白いし映像も貴重なものがあるので一見の価値がある。また、本作を観て中東のキリスト教徒について興味を持たれた方は、菅瀬晶子『新月の夜も十字架は輝く』を参照されたし。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ