スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

525年 記事番3 その他の出来事

イスラム歴525[西暦1130-1131]年 完史英訳1巻P288-289
「その他の出来事」

括弧内は管理人の注
管理人は翻訳・要約に責任を持たない

以下訳文
 この年の間に、バーティニー派がダマスカスのあるじであるタージ=アッディーン・ブーリー・イブン=トゥクテギンを攻撃し彼は二箇所に傷を負った[原注:ジュマーダー2月/1131年5月]。二箇所の傷のうち一方は治癒したがもう一方は敗血症となり、痛みを発した。しかし、彼は公の会議に参加し弱っているにも関わらず騎乗して公衆の前に姿を見せた。
 この年、以下の人々が死去した:
 ラジャブ月[原注:1131年6月]にアル=ムスタルシドの兄弟であったアミール・アブール=ハサン・アリー・イブン=ムスタズヒル・ビッラー[原注:また、天然痘で名前が未詳の21歳のアル=ムスタルシドの息子が死去したとも伝えられている]。
 シャッワール月[原注:1131年9月]にバグダードのニザーミーヤ学院の教授でウラマーであったシャフィイー派の法学者アル=ハサン・イブン=サルマーン・イブン=アブドゥッラー、アブー=アリー。彼はもともとザウザーンの人であった。
 ラビー1月[原注:1131年2月]イブン=アル=トゥースィーとして知られたウラマーのアブー=ナスル・アフマド・イブン=アブドゥルカーディル。モスルのウラマーであった[原注:イブン=アル=ジャウズィは彼をアフマド・イブン=ムハンマド・イブン=アブドゥルカーディルと呼んでおり、ハディースと彼の詩のいくつかを彼から教わった。彼はモスルに移り、そこでラビー1月21日/1131年2月19日の土曜日に死去した]。
 アル=ラフバの糖蜜商人ハンマード・イブン=ムスリム。彼は極めて禁欲的ですばらしい仕事人であり、またハディースの学徒で、多くの弟子と子供たちを教えた。私はシャイフのアブール=ファラジュ・イブン=アル=ジャウズィが彼を批判し誤りを指摘しているのを見たことがある。しかし、このシャイフに対して他の敬虔な人々は彼を模範とし、イブン=アル=ジャウズィは『タルビース・イブリース』[原注:D.S.マルガリウスによって『悪魔の妄念(The Devil's Delusion)』のタイトルで訳されている]と題した本を著し、その中で、彼は正しいムスリムの主人がない状態を書いている[原注:イブン=アル=ジャウズィは、ハンマードはラマダーン月/1131年7月28日-8月26日に死去したがシャリーアの学習を書いており無知からくる思い違いをしばしばしていたという。イブン=アキールも人々に対し、彼について警戒するよう呼びかけている]。
 大臣ヒバトゥッラー・イブン=ムハンマド・イブン=アブドゥルワーヒド・イブン=アル=ハスィーン・アル=シャイバーニー。彼は432年[原注:1040-41年]に生まれた。彼はアブー=アリー・イブン=アル=ムハドディブとアブー=ターリブ・イブン=ゲイラーンやその他の人からハディースを学んだ。彼はアフマド・イブン=ハンバルのムスナド、ゲイラーニーヤやその他の集成の権威であった[原注:彼はシャッワール月14日/1131年9月9日に死去した。イブン=アル=ジャウズィは彼自身からイブン=ハンバルのムスナドを聞いた]。
 ムハンマド・イブン=アル=ハサン・イブン=アリー・イブン=アル=ハサン、アブー=ガーリブ・アル=マーワルディー。彼は450年[原注:1058年]にバスラで生まれた。彼は多くのハディースを聞き、アブー=ダーウード・アル=シジスターニーのスンナを伝えた。彼は正義の人であった[原注:彼はラマダーン月/1131年7月28日-8月26日に死去した]。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。