441年 バサーシリーがアンバールに進駐

イスラム暦441[西暦1049-1050]年
完史英訳セルジューク朝分抄訳P75
「バサーシリーがアンバールの統治権を手に入れる」

括弧内は管理人の注
管理人は翻訳に責任を持たない

以下訳文
 

 この年のダフール・カアダ月[原注:1050年3月27日-4月25日]、バサーシリーはアル=アンバールを占領し、彼の軍隊は街へ進駐した。これは、キルワーシュがその街の住民を悪し様に扱い、彼らの財産に手を伸ばしたためである。住民の一部がバグダードのバサーシリーのもとを訪ねて、街を明け渡すので彼に軍隊を派遣してほしいと頼んだのだ。彼はこれに同意し、軍隊を彼らのもとへ送り、街を占領した。バサーシリーは彼らに加わり、良く、また公正に住民たちに接した。彼は彼の軍隊に代金を払わないのなら一ラトルのパンも奪ってはならないことを命じ、街を再建して、管理体制が整うまでそこに留まった。その後、彼はバグダードへ帰った。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ