ムハンマド時代のアラブ社会/後藤明


 世界史リブレット100冊目。ムハンマド時代、アラビア半島の遊牧民社会・都市社会の概説。
 
 内容は、まず最初にムハンマド時代の国家と人々について。これは前史から説き起こしてかつて存在したアラブ系国家についても言及されるが、ムハンマド時代当時のアラビアに国家らしい国家は無かった、ということが説明される。
 次に、系譜意識と部族について。血縁による部族組織が完全に社会を規定しているというこれまでのイメージに対して、必ずしもそうではなく、比較的融通のきくものであり、また生活の単位として意識されるものでもないという。この部分では著者が創作した物語によって、そのイメージを湧きやすくしてある(あまり話として面白いものではないのはご愛嬌だが)。
 また、メッカ及びメディナの都市社会に関して。これはメッカとメディナの都市としての性格の違い(商業都市か、農業都市か。またその人口構成他)などに記述が割かれている部分があり、当時のアラビア半島にあった都市が単一の性格を持つようなものではなかったことがわかる。
 最後は国家の建設で長らしきもののない社会であったアラビア半島に、イスラーム勢力の勃興とともに国家が出来上がってゆく過程が描かれる。

 概して新説を示すようなこともなくオーソドックスな記述に終始しているが、読みやすい本なので入門書としてはいいだろう。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ