スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代地中海世界の歴史/本村凌二・中村るい


 古代地中海世界史の概説通史。放送大学のテキストを文庫化して加筆修正したものとのこと。
 
 もともと概説の教科書なので、極端な記述も無く、著者の専門柄ややローマ史の記述は多いもののバランスが良く(逆に言えば細かい所はともかく全体を通して見た時のメリハリが少ないが)通史を解説してある本である。不満と言えば、せいぜい地中海世界といいながらカルタゴ・北アフリカの記述がやや少ないことくらいで、メソポタミア、エジプトの記述も十分な割合である。
 章立てなどもオーソドックスなスタイルを取っているが、あえて特徴を挙げるとすれば薄さと情報の圧縮率で、全体の概要を過不足なくまとめ、なおかつ読みやすい記述になっていることだろうか。予備知識が少なくともすぐ読めるので、初心者にはすこぶるおすすめである。
 全十五章中三章が美術史に割かれているので、全体的な通史の中の美術史というものも見ることができる。

 「地中海世界」という枠組みでの各論集と言えば地中海世界史シリーズがあるが、その予習としてもいい本だろう。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。