レビューインデックス(50音順)

これまでのレビューにリンクで飛べるようになっています 著者名50音順
 

ブックレビュー:歴史書(世界史リブレット人シリーズは最下段)

青木健『マニ教』
青木健『ゾロアスター教』
青木健『アーリア人』
青木健『古代オリエントの宗教』
秋田茂・桃木至朗[編]『グローバルヒストリーと帝国』
阿部重夫『イラク建国――「不可能な国家」の原点』
網野徹哉『インカとスペイン 帝国の交錯』
新井政美『オスマン帝国はなぜ崩壊したのか』
新井政美[編著]『イスラムと近代化――共和国トルコの苦闘』
新井政美『憲法誕生――明治日本とオスマン帝国 二つの近代』
アンサーリー、タミム『イスラームから見た「世界史」』
飯田洋介『ビスマルク――ドイツ帝国を築いた政治外交術』
飯塚正人『現代イスラーム思想の源流』
生井英考『空の帝国 アメリカの20世紀』
池田嘉郎『ロシア革命――破局の8ヶ月』
伊高浩昭『チェ・ゲバラ――旅・キューバ革命・ボリビア』
井筒俊彦『マホメット』
井筒俊彦『イスラーム哲学の原像』
井上浩一『生き残った帝国ビザンティン』
井上浩一『ビザンツ 文明の継承と変容』
井上浩一『私もできる西洋史研究』
井上文則『軍人皇帝のローマ――変貌する元老院と帝国の衰亡』
井野瀬久美恵『大英帝国という経験』
今井宏平『トルコ現代史――オスマン帝国崩壊からエルドアンの時代まで』
岩根圀和『物語スペインの歴史 人物篇』
岩村忍『暗殺者教国――イスラム異端派の歴史』
エッシェー、カタリン ・ レヴェデンスキー、ヤロスラフ『アッティラ大王とフン族』
江村洋『ハプスブルク家』
太田敬子『十字軍と地中海世界』
太田秀通『ポリスの市民生活』
大津留厚『ハプスブルクの実験――多分化共存を目指して』
岡本隆司[編]『宗主権の世界史――東西アジアの近代と翻訳概念』
小野亮介『亡命者の二〇世紀――書簡が語る中央アジアからトルコへの道』
オルグネル、ファフルッティン『ファーラービーの哲学』
加藤博『イスラーム世界の危機と改革』
金子民雄『ルバイヤートの謎――ペルシア詩が誘う考古の世界』
鎌田繁『イスラームの深層――「偏在する神」とは何か』
川口琢司『ティムール帝国』
川崎淳之介『チンギス・ハーン世界帝国の謎』
姜在彦『朝鮮儒教の二千年』
菊地達也『イスラーム教 「異端」と「正統」の思想史』
菊池良生『神聖ローマ帝国』
菊池良生『戦うハプスブルク家』
菊池良生『ハプスブルクをつくった男』
私市正年『原理主義の終焉か――ポスト・イスラーム主義論』
私市正年『サハラが結ぶ南北交流』
グタス、ディミトリ『ギリシア思想とアラビア文化――初期アッバース朝の翻訳運動』
久芳崇『東アジアの兵器革命』
コア、イヴ『ヴァイキング』
小泉龍人『都市の起源――古代の先進地域=西アジアを掘る』
小島毅『義経の東アジア』
小杉泰『ムハンマド――イスラームの源流をたずねて』
小杉泰『イスラーム帝国のジハード』
小杉泰『イスラームとは何か』
小杉泰『『クルアーン』語りかけるイスラーム』
小杉泰『イスラーム 文明と国家の形成』
小杉泰[編]『イスラームの拡大と変容』
後藤明『ムハンマド時代のアラブ社会』
小西章子『イスラム・スペイン千一夜』
小林登志子『シュメル――人類最古の文明』
小松香織『オスマン帝国の近代と海軍』
小松久男『イブラヒム、日本への旅』
桜井俊彰『イングランド王国前史』
桜井俊彰『イングランド王国と戦った男』
桜井俊彰『消えたイングランド王国』
佐藤育子・栗田伸子『通商国家カルタゴ』
佐藤次高『マムルーク』
佐藤次高『イスラームの「英雄」サラディン』
佐藤次高『イスラームの国家と王権』
佐藤次高『砂糖のイスラーム生活史』
佐藤次高『中世イスラム国家とアラブ社会』
佐藤次高『聖者イブラーヒーム伝説』
佐藤次高『イスラームの生活と技術』
佐藤次高[編]『イスラームの創始と展開』
澤田勲『匈奴――古代遊牧国家の興亡』
シェルドン、ローズ・マリー『ローマとパルティア』
嶋田義仁『砂漠と文明――アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明論』
清水和裕『軍事奴隷・官僚・民衆――アッバース朝解体期のイラク社会』
清水和裕『イスラーム史のなかの奴隷』
清水宏祐『イスラーム農書の世界』
清水正晴『《ドラキュラ公》ヴラド・ツェペシュ』
白石典之『チンギス・カン――"蒼き狼"の実像』
白石典之[編]『チンギス・カンとその時代』
白石典之『モンゴル帝国誕生――チンギス・カンの都を掘る』
菅瀬晶子『新月の夜も十字架は輝く――中東のキリスト教徒』
杉浦昭典『海賊キャプテン・ドレーク』
杉山正明『モンゴル帝国と長いその後』
杉山正明『疾駆する草原の征服者――遼西夏金元』
杉山正明『クビライの挑戦』
杉山正明『大モンゴルの世界――陸と海の巨大帝国』
杉山正明『ユーラシアの東西』
杉山正明『遊牧民から見た世界史 増補版』
杉山正明『モンゴル帝国の興亡』
鈴木董『オスマン帝国』
鈴木董『オスマン帝国の解体――文化世界と国民国家』
鈴木董[編]『オスマン帝国史の諸相』
スターク、ロドニー『十字軍とイスラーム世界――神の名のもとに戦った人々』
ダイアモンド、ジャレド『銃・病原菌・鉄』
高山博『ヨーロッパとイスラーム世界』
高山博『中世シチリア王国』
タート、ジョルジュ『十字軍』
田中克彦『「シベリアに独立を!」――諸民族の祖国をとりもどす』
谷口淳一『聖なる学問、俗なる人生――中世のイスラーム学者』
玉木俊明『ヨーロッパ覇権史』
田村実造『大モンゴル帝国』
手島兼輔『ギリシア文明とはなにか』
礪波護『馮道――乱世の宰相』
永田諒一『宗教改革の真実』
永富智津子『スワヒリ都市の盛衰』
那谷敏郎『紀行モロッコ史』
那谷敏郎『十三世紀の西方見聞録』
根津由喜夫『ビザンツ 幻影の世界帝国』
根津由喜夫『ビザンツの国家と社会』
根本敬『物語ビルマの歴史――王朝時代から現代まで』
橋口倫介『十字軍――その非神話化』
長谷川貴彦『イギリス現代史』
長谷部史彦『オスマン帝国治下のアラブ社会』
羽田正『東インド会社とアジアの海』
羽田正『イスラーム世界の創造』
羽田正『増補 モスクが語るイスラム史――建築と政治権力』
ハフナー、セバスチァン『図説プロイセンの歴史』
濱田正美『中央アジアのイスラーム』
浜本真美『共生のイスラーム――ロシアの正教徒とムスリム』
林佳世子『オスマン帝国の時代』
林俊雄『スキタイと匈奴 遊牧の文明』
ハラム、エリザベス『十字軍大全』
ハリス、ジョナサン『ビザンツ帝国の最期』
姫田光義[編]『北・東北アジア地域交流史』
藤沢房俊『ガリバルディ――イタリア建国の英雄』
藤由順子『ハプスブルク・オスマン両帝国の外交交渉』
藤原辰史『トラクターの世界史――人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち』
堀池信夫『中国イスラーム哲学の形成――王岱輿研究』
マアルーフ、アミン『アラブが見た十字軍』
前嶋信次『イスラムとヨーロッパ』
前嶋信次『イスラムの蔭に』
前嶋信次『東西文化交流の諸相 民族・戦争』
前嶋信次『アラビアの医術』
前嶋信次『千夜一夜物語と中東文化』
マゾワー、マーク『バルカン――「ヨーロッパの火薬庫」の歴史』
松井道昭『普仏戦争――籠城のパリ132日』
松谷健二『東ゴート興亡史――東西ローマのはざまにて』
松谷健二『ヴァンダル興亡史――地中海制覇の夢』
三浦徹『イスラームの都市世界』
南川高志『新・ローマ帝国衰亡史』
南川高志『ローマ五賢帝――「輝ける世紀」の虚像と実像』
南塚信吾『義賊伝説』
三村太郎『天文学の誕生――イスラーム文化の役割』
三宅正樹・新谷卓・中島浩貴・石津朋之『ドイツ史と戦争』
宮原辰夫『インド・イスラーム王朝の物語とその建築物』
ムーサ、スレイマン『アラブが見たアラビアのロレンス』
牟田口義郎『物語中東の歴史』
牟田口義郎[編]『イスラムの戦争』
牟田口義郎『カイロ』
村田奈々子『物語近現代ギリシャの歴史』
モーガン、マイケル・ハミルトン『失われた歴史』
本村凌二『地中海世界とローマ帝国』
本村凌二・中村るい『古代地中海世界の歴史』
護雅夫『古代遊牧帝国』
森谷公俊『アレクサンドロスの征服と神話』
森谷公俊『アレクサンドロスとオリュンピアス――大王の母、光輝と波乱の生涯』
森谷公俊『王宮炎上――アレクサンドロス大王とペルセポリス』
森谷公俊『アレクサンドロス大王――「世界征服者」の虚像と実像』
森平雅彦『モンゴル帝国の覇権と朝鮮半島』
森部豊『ソグド人の東方活動と東ユーラシア世界の歴史的展開』
森本一夫『聖なる家族――ムハンマド一族』
森本公誠『イブン=ハルドゥーン』
森安孝夫『シルクロードと唐帝国』
家島彦一『海域から見た歴史』
家島彦一『イブン・バットゥータの世界大旅行』
家島彦一『イブン・バットゥータと境域への旅――大旅行記をめぐる新研究』
八塚春児『十字軍という聖戦』
山内昌之『スルタンガリエフの夢――イスラム世界とロシア革命』
山内昌之『納得しなかった男――エンヴェル・パシャ 中東から中央アジアへ』
山内昌之『神軍・緑軍・赤軍――イスラーム・ナショナリズム・社会主義』
山根聡『4億の少数派――南アジアのイスラーム』
油井大三郎『ベトナム戦争に抗した人々』
湯川武『イスラーム社会の知の伝達』
横田貴之『原理主義の潮流――ムスリム同胞団』
横手慎二『スターリン――「非道の独裁者」の実像』
吉越英之『ルネサンスを先駆けた皇帝』
ルー、ジャン=ポール『チンギス・カンとモンゴル帝国』
レヴィ、ウディ『ナバテア文明』
レーンプール、スタンリー『バルバリア海賊盛衰記』
ローナイ、ガブリエル『モンゴル軍のイギリス人使節』
渡辺建夫『インド最後の王――ティプー・スルタンの生涯』
NHK「文明の道」プロジェクト『モンゴル帝国』
NHK「文明の道」プロジェクト『イスラムと十字軍』 

世界史リブレット人
001 中田一郎『ハンムラビ王――法典の制定者』
003 山田重郎『ネブカドネザル2世――バビロンの再建者』
005 澤田典子『アレクサンドロス大王――今に生き続ける「偉大なる王」』
006 高畠純夫『古代ギリシアの思想家たち――知の伝統と闘争』
008 南川高志『ユリアヌス――逸脱のローマ皇帝』
010 高木智見『孔子――戦えば則ち克つ』
012 富田健之『武帝――始皇帝をこえた皇帝』
014 沢田勲『冒頓単于――匈奴遊牧国家の創設者』
018 森部豊『安禄山――「安史の乱」を起こしたソグド人』
020 高野太輔『マンスール――イスラーム帝国の創建者』
024 松田俊道『サラディン――イェルサレム奪回』
028 家島彦一『イブン・ジュバイルとイブン・バットゥータ――イスラーム世界の交通と旅』
029 佐藤彰一『カール大帝――ヨーロッパの父』
033 小林義廣『王安石――北宋の孤高の改革者』
035 海老澤哲雄『マルコ・ポーロ――『東方見聞録』を読み解く』
037 桑野栄治『李成桂――天翔る東海の龍』
038 荷見守義『永楽帝――明朝第二の創業者』
042 奈良修一『鄭成功――南海を支配した一族』
046 間野英二『バーブル――ムガル帝国の創設者』
055 屋敷二郎『フリードリヒ大王――祖国と寛容』
056 稲野強『マリア・テレジアとヨーゼフ2世――ハプスブルク栄光の立役者』
057 土肥恒之『ピョートル大帝――西欧に憑かれたツァーリ』
059 大野誠『ワットとスティーヴンソン――産業革命の技術者』
062 上垣豊『ナポレオン――英雄か独裁者か』
065 大内宏一『ビスマルク――ドイツ帝国の建国者』
067 加藤博『ムハンマド・アリー――近代エジプトを築いた開明的君主』
073 和田春樹『レーニン――二十世紀共産主義運動の父』
074 長沼秀世『ウィルソン――国際連盟の提唱者』
078 田中比呂志『袁世凱――統合と改革への見果てぬ夢を追い求めて』
084 松本弘『ムハンマド・アブドゥフ――イスラームの改革者』
086 設樂國廣『ケマル・アタテュルク――トルコ国民の父』
090 長堀祐造『陳独秀――反骨の志士、近代中国の先導者』
096 渡辺和行『ド・ゴール――偉大さへの意志』
097 木畑洋一『チャーチル――イギリス帝国と歩んだ男』
098 池田美佐子『ナセル――アラブ民族主義の興隆と終焉』
099 砂野幸稔『ンクルマ――アフリカ統一の夢』
100 富田健次『ホメイニー――イラン革命の祖』

ブックレビュー:歴史小説・エッセイ
赤羽堯『復讐、そして栄光』
赤羽堯『アレクサンドロス大王征服記』
天野純希『青嵐の譜』
宇月原清明『廃帝奇譚』
高嶋哲夫『乱神』
北方謙三『楊家将』
金重明『抗蒙の丘』
ギュルメン、オスマン・ネジミ『改宗者クルチ・アリ』
クライトン、マイケル『北人伝説』
小林霧野『サラディンを生んだ者』
小林霧野『シャジャラ=ドゥル――真珠の樹という名の女スルタン』
小林正典『英国太平記』
小前亮『蒼き狼の血脈』
小前亮『王道の樹』
小前亮『宋の太宗 趙匡胤』
小前亮『天涯の戦旗 タラス河畔の戦い』
小前亮『中原を翔る狼 覇王クビライ』
斉城昌美『ビザンツの鷲』
定金伸治『ジハード』
佐藤賢一『傭兵ピエール』
佐藤賢一『カエサルを撃て』
佐藤賢一『双頭の鷲』
塩野七生『ロードス島攻防記』
塩野七生『絵で見る十字軍物語』
清水義範『ああ知らなんだこんな世界史』
清水義範『目からウロコの世界史物語』
清水義範『開国ニッポン』
白石一郎『蒙古襲来 歴史よもやま話』
白石一郎『風雲児』
田中芳樹『バルト海の復讐』
田中芳樹『海嘯』
陳舜臣『チンギス・ハーンの一族』
陳舜臣『耶律楚材』
伴野朗『元寇』
中里融司『北の雷鳴』
仁木英之『李嗣源』
仁木英之『朱温』
仁木英之『耶律徳光と述律』
野中敬子『最後のローマ皇帝――大帝ユスティニアヌスと皇妃テオドラ』
火坂雅志『蒼き海狼』
マアルーフ、アミン『サマルカンド年代記』
マアルーフ、アミン『光の庭 小説マニの生涯』
森下研『草原の彗星チムール』
夢枕獏『シナン』

映像作品レビュー
『キングダム・オブ・ヘブン DC版』
『十字軍』
『アレクサンドル・ネフスキー』
『ブレイブハート』
『ロスト・キングダム スルタンの暦』
『千年の帝国ビザンチン』
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ