バーブル/間野英二


 世界史リブレット人の一冊。ムガル帝国の建国者、バーブルの評伝。
 バーブルと言えばティムールの子孫でインドに侵入してムガル帝国を打ち立てた君主であるが、これまで日本語で伝記は無かった。本書の著者間野英二氏はバーブルの自伝『バーブル・ナーマ』の校訂と和訳を行った方であり、バーブルの日本語で一冊目の伝記が出るにあたって、他にいないほど適任と言えよう。

 記述はいきなりバーブルの生涯からではなく、背景事情としてバーブルの時代の政治勢力について整理するところからはじまる。この部分はやや辞書的で、人名も多いので正直言って読みにくい(もっとも、ページ数は少ないのでそう苦痛ではないが)。

 次にバーブルの生涯、文人としてのバーブル、バーブルの人間性とその時代といったテーマが続く。バーブルはインド史上の人物というイメージが強いが、著者によれば彼はウズベキスタンで高い人気を誇るという。確かに、本書を読んでもわかる通り、彼がインドにいたのはその生涯の十分の一ほどで、多くは中央アジアやアフガニスタンで過ごしている。
 『バーブル・ナーマ』という自伝を残しているだけあって、彼の個人的なパーソナリティや何を考えていたのかがかなり分かっているようで、『康煕帝の手紙』にも通じる人間味のある評伝になっている。
 その『バーブル・ナーマ』であるが、この自伝にして回想録は著者によれば「簡潔無比の明晰な文体、諸状況の的確な描写、鋭い人物批評、自己の内面の告白、それにときに見られるユーモアのセンス」によって彩られた、興味深い本のようである。若い日の恋模様までかなり赤裸々に書いていたり、禁酒をやめた時の決意を述べていたりと、あけすけさに驚く。

 なお、『バーブル・ナーマ』の訳注は高価な本で、絶版になっている。著者は文庫本などの手に取りやすい形で日本の読者に提供したいと述べている。岩波文庫か講談社学術文庫ないし、ちくま学芸文庫あたりで出ないかと思うのだが、さて。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ