横手慎二『スターリン』


 副題「「非道の独裁者」の実像」。ソ連指導者スターリンの評伝。

 スターリン。第二次世界大戦を戦ったヒトラーと並べて称されることもある独裁者であるが、著者によると現代ロシアでもスターリンを肯定的に見る人は少なくないという。ではそれはなぜなのか、私達はスターリンについてどこまで知っているのかと著者は問う。

 基本的に時系列順にスターリン本人と周囲の環境について見ていくオーソドックスな評伝のスタイルを取るのだが、著者は極端な解釈を誘う史料に対して極めて慎重に接し、また現在から見ればスターリン個人の異常性と見られがちなことも、当時の社会においてはさして逸脱したものではなかった可能性にも目を向ける。
 例を挙げれば、少年期の部分ではスターリンの(特に悪い方向での)特殊性を強調する幼友達の回想や、(母子家庭であるにも関わらず)母親との交流が絶え母子の愛情がなかったとする説にも、手紙のやり取りなどから疑問を呈しており、また一方、ロシアにおいて「革命家」が社会から遊離した存在ではなかったことも述べる。
 とは言え、著者はスターリンの弁護をしているのではない。本文の言葉を借りるなら「農業集団化に伴う飢餓や大粛清といった暗い過去」についても目をそらしてるわけではないからだ。
 著者は、スターリンの冷徹な性格が育まれた切っ掛けは逮捕と流刑の時だと考えているようだ。なるほど「何度も変装を見破られ、逮捕された人間が他人を容易に信じなくなるのは自然」である。また彼の政権就任以後の行動について、レーニンの赤色テロルとの関係も示唆されている(本文にあるレーニンの所業については1990年代末にやっと公表された文書に基いている)。

 レーニン政権期のスターリンは民族問題などの処理で頭角を現してゆくが、このあたりは『スルタンガリエフの夢』が、スルタンガリエフが中央アジアのタタール民族の問題に関してスターリンと付き合いがあったことと関連して詳しい(なお本書『スターリン』にも少しだけバシキール共和国に関する記述がある)。
 以後、スターリンは権力闘争を勝ち残りソ連の指導者となり、ソ連の工業化を成功させ、大損害を出しながらもヒトラーの侵攻を退けた。最後にはスターリンの評価が割れている具体例を示しつつ、本文を終えている。「私達はスターリンについてどこまで知っているのか」という著者の問いが、問いではなくむしろ反語だったのだとすれば、この本は著者の目的を達したと言えるだろう。
 断定を避ける傾向があるのは、スターリンという極めて政治的な対象を扱うがために気後れしたというよりは、評価の揺れ動く対象に対しての著者の誠実さだと善意に解釈したいところである。

 不満と言うほどではないが、ソ連の対外関係に関連して、ユーゴスラヴィアやベトナムに関する記述はほとんど無い。このあたりは別の本を当たった方がよかろう。スターリンを知るためには、ページ数的にも文章的にも読みやすい上に新書ということもあり値段も手頃で、更に言えば極端な偏向もないため、興味があれば手に取るべきだろう。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ