近況・新刊情報と最近読んだ本など

 すっかり久しぶりの更新になってしまいました。世間では卒業の時期ですが、史学科を卒業された皆さんが、どうか事実と過去と人の生きた証に誠実に向き合う心を忘れずに済むような世間であることを願ってやみません。

 さて、ここ最近は西洋哲学・イスラーム哲学の存在論やら意思論やらについて勉強していましたが、ふと中国思想ではどう扱われているのだろうと思って調べています。西洋(中世)哲学・イスラーム哲学では、神が絶対の前提にあるのに対し、中国思想・中国哲学では「そもそも天って何ぞや」というところから議論があるようで、「キーワードで読む中国古典」シリーズの『コスモロギア 天・化・時』に収録されていた中島隆博先生の「天について」が非常に面白かったです。このシリーズ、値段も手頃な上、論点ごとに章がまとまっていて分かりやすく、法政大学出版局にしては表紙デザインも格好いいのでなかなか満足度の高い品になっています。
 柳宗元の天論に興味が出てきたので、関連する本も読んでみたいところです。

 では、新刊情報。
 まずは吉川弘文館の東北の古代史シリーズ。同時期に刊行が始まった東北の中世史シリーズに比べてやや遅れ気味でしたが、今月末に5巻『前九年・後三年合戦と兵の時代』が、来月半ばに4巻『三十八年戦争と蝦夷政策の転換』が、それぞれ出版されるようです。
 岩波文庫4月には『太平記』の5巻が予定に挙がっています。太平記として、また岩波のシリーズ物としては珍しく順調に出版されているので、今年中に完結を拝めそうな雰囲気になってきました。今回も帯がどうなるのか楽しみです。
 同じく岩波の現代全書から4月に『梁啓超――東アジア文明史の転換』が。梁啓超もなかなかおもしろい御仁なので期待できそうです。
 講談社学術文庫5月では興亡の世界史シリーズ『オスマン帝国500年の平和』の文庫版が出ます。オスマン帝国史概説としては、最近の知見を盛り込んでいる上、衰退期として等閑視されがちだったスレイマン大帝期以降のオスマン帝国についても詳しく、マストアイテムとなっています。未所持の方は是非買いましょう。
 イブン・ジュバイル『メッカ巡礼記』新訳の三巻も5月。これにて完結となります。

 以下、最近読んだ本。

■松山洋平『イスラーム神学』
 最近出たイスラーム神学の入門書。言われてみればイスラーム関連の本がそれなりの数書かれてきた中、これまで神学を専門に扱った本は皆無に等しい状況で、著者の言うとおり、キリスト教神学の本があれこれ出版されているのとは対照的です。
 そんな状況で満を持して出版された本書は、第一部でスンナ派を構成する3つの潮流(アシュアリー神学派およびマウトリーディー神学派からなる思弁神学派と、「ハディースの徒」)を概観した後、第二部でスンナ派の信仰箇条についてナサフィー『信条』を和訳した上、逐次、全文に解説をほどこすという徹底ぶりの一冊。
 第一部では、各派の共通点・違いの他、各派間の相互認識や、神学派と法学派の対応関係も扱われています。特にこれまでのイスラームに関する概説では、アシュアリー派が重視され、マウトリーディー派や「ハディースの徒」については注釈に追いやられることが多かったのですが、そのあたりもぬかりなく対応。
 第二部では、『信条』の一文一文に、解説をほどこすという形をとり、各学派の見解の相違する部分にはその旨を記しています。解説はスンナ派の各学派の古典に基づいていて、巻末の参考文献一覧を見ても分かるように、かなりの数の文献を参照しており、著者の苦労が偲ばれるところ。
 「入門書」とは言っても、あくまで「神学の入門書」なので、イスラームについて全く知らない人に勧めることはできませんが、ある程度予備知識を得た後、宗教としてのイスラームを深く知るにあたっては、もはや必読書であると言っていいのではないでしょうか。


■東長靖・今松泰『イスラーム神秘思想の輝き――愛と知の探求』
 山川出版社の「イスラームを知る」シリーズの最終配本がめでたく出版されました。第三期の予定はないようなので、一期二期の全24冊でひとまず完結といったところでしょうか。
 本書はイスラーム神秘思想の概説で、思想の内容と、ルーム・セルジューク朝からオスマン帝国に至る教団の歴史の二本立てになっています。
 前者に関しては、スーフィズムがイコールイスラーム神秘思想ではないことが示され、スーフィズムの倫理学的・心理学的な側面について語られています。シャリーア(イスラーム法)は外面的な行動規範ですが、内面的な倫理規範についてはスーフィズムによって論じることができるというわけです。どうも、一部地域ではスーフィズムと言えば倫理学だろう、のような見方もあるらしく。
 思想としてはイブン・アラビーの存在一性論とスフラワルディーの照明哲学について触れられていますが、割とざっくりした説明なのでもっと詳しいことが気になる人は鎌田繁『イスラームの深層』を一緒に読みましょう。
 後者のスーフィー教団の歴史も同じく割とざっくりした説明ではありますが、スーフィー教団の歴史を見る上ですっ飛ばされがちな近現代まで一通り扱っているのがありがたいところ。ただ、地域がオスマン帝国支配域にほぼ限定されるので、それ以外のところ(特に布教にスーフィーが重要な役割を果たした南アジアや東南アジア)については別の本を当たる方がいいでしょう。


■ポール・ストラザーン『90分でわかるサルトル』
 友人の影響で実存主義に興味が出てきたので、本屋に行って手頃そうな入門書を手にとってみました。大学時代は割と講義で必要な本はいろいろと読んで興味のわかないジャンルにも手を出していたために、いろいろと思いがけないところで役立つ理解の下地ができていた面があるのですが、ここ最近はあんまりそういう機会もないので、積極的に手を出さないとなあなどと思っています。
 「90分でわかる」などと言いつつ喫茶店で一時間ほどで読んでしまいましたが、サルトル思想の解説というよりはサルトル伝の趣きのある本でありました(思想の内容に全く触れないわけではない)。
 現象学を下敷きにサルトルの実存主義が出てきたというところはわかりますが、どうしてそうなったんだよというとこれ一冊では心もとなくも。まあ、現象学については少しかじっていた(歯が立ったかどうかは別にして)こともあり、多少得るものはあったので良しとします。
 サルトルのパーソナリティ(割とろくでもない!)についてはよくわかるので、その辺興味があれば読んでもいいのではないでしょうか。なんにせよ、実存主義についてはもうしばらく漁ってみようと思います。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ