荷見守義『永楽帝』


 世界史リブレット人の一冊。副題は「明朝第二の創業者」。
 
 永楽帝は創業者である洪武帝(朱元璋)と同じくらいに、あるいはそれ以上に知名度の高い明朝の皇帝であろう。靖難の役、北京遷都、鄭和の大航海、モンゴル親征とその生涯に大事件は事欠かず、なかなかインパクトの大きい存在である。本書は、明朝の公文書(档案)研究に基づき、永楽政権によるバイアスのかかった『明実録』による永楽帝像、そして従来の永楽帝研究を修正していくというスタイルを取る。

 まずは明朝の成立と、永楽政権の前提となる洪武帝の統治の要点を拾う。洪武帝は各地に藩王を置き、地方を身内で固めたが、これは漢代初期の郡国制などとは異なり、藩王の軍権は少なく、資金源も中央が握っていた。著者は「呉楚七国の乱」や「八王の乱」に鑑みたのであろうと述べているが、確かに叛乱を抑制するには効果的なシステムである。のちの永楽帝こと朱棣(煩瑣なので以下永楽帝で統一する)も燕王として北京に赴任した。
 また、洪武政権の軍事についても述べられる。基本的に洪武帝晩年の軍事作戦はモンゴル系の政権が残存していた雲南の平定にリソースを割かされていた。本文の言葉を借りると「朱元璋は専守防衛に徹し永楽帝は外征に積極的だったという論評がよくなされるが、誤りである。洪武年間は国内統一に精力を集中させたうえ、雲南平定戦に足をとられていく」ということになる。

 朱元璋が亡くなると、二代建文帝が即位する。建文帝は永楽帝を最終ターゲットに、諸王の藩を取り潰していく(これを削藩、という)。建文帝は藩王の軍権を問題にしたが、これが果たして理由として適当か著者は分析している。『皇明祖訓』に示された規則によれば、皇帝の命が無い限り藩王は勝手に軍を動員できないことになっている。ただし緊急時には例外があり、この例外規定をどう読むかで藩王の軍権について弱小であったか強大であったかの議論があるようだ。とは言え、この附則が実際に適用されることはなかった。要するに、建文帝の理屈はこじつけである、ということになる。
 追い詰められた永楽帝はついに決起する。兵力差は建文帝側が圧倒的に有利であったものの、予想を覆して永楽帝は首都南京へ迫り、建文帝は行方知れずとなる。ここに、永楽政権が成立した。
 この戦役について、南北対立であったという見方があるようだが、著者によれば、衛所官の経歴などを記した『衛選簿』を分析すると、建文帝も永楽帝も明朝の全土から動員をかけており、それぞれの軍に地域性が見られるわけではないらしい。

 永楽帝は元燕王府の人材だけでは全国の統治には到底足りなかったために旧建文帝の臣下を大量に取り立てるが、意思決定については側近と相談の上で決定しており、これが内閣制度の事実上の始まりとされている。また建文旧臣についても、若手を取り立て、建文帝時代に大官であった者を牽制している。
 永楽政権の内政における大事業は北京遷都が挙げられるが、これに関しては永楽帝の本拠地が北京であったから、ということが大きいようだ。対モンゴルの前線としては実は西安や太原などの方が要衝で、北京は必ずしもその点では重要でなかったらしい。
 対外関係においてはモンゴル親征と鄭和の航海があるが、いずれも朝貢関係を軸としている。鄭和の航海は入貢を促すものであり、軍事や経済とはあまり関係がなかった(入貢してきた国には貢物の何倍もの土産を持たせて返すのが決まりであり、確かに経済的にはあまり意味がないだろう)。
 モンゴルにおいては彼らは永楽帝に従わず、永楽帝側の思惑を不意にした。これが親征へと繋がった、とする。結局この陣中で永楽帝は亡くなってしまうことになる。

 永楽帝が大元ウルスのクビライに範を取っていたのではないか、という指摘は一昔前にはよくされていたように思う(管理人の高校時代の世界史資料集にもその旨記述があった)、ところが、本書によると、永楽帝にはモンゴルを支配しようとする意図はなく、入貢してきてくれれば十分であり、また北京に都を置いたことに関してもたまたま彼のホームグラウンドが北京であったから、ということになるようだ。
 ただ、檀上寛『永楽帝』においては、クビライの治世を、永楽帝が華夷秩序に読み替えることによって理想化していたのではないか、と指摘されていた。この読み方をすれば、本書で示されている永楽帝像も、かなり限定的ではあるがクビライの後継者(クビライの実像の後継者ではなく、永楽帝が理想化したクビライの後継者、ということになろうか)と読めなくもない。

 本書は従来の永楽帝伝とは少し違った視点を用いており、これまでの永楽帝伝と読み合わせることで新たな発見があるのは間違いがない。なかなか面白い一冊であった。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ