スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良修一『鄭成功』


 世界史リブレット人の一冊。副題は「南海を支配した一族」。
 
 本書冒頭にもある通り、鄭成功は明末清初の英雄として、中華人民共和国、台湾(中華民国)、日本のいずれでも人気の高い英雄である。話はそんな鄭成功の生い立ちからはじまる――わけではなく、明の官憲と倭寇(倭人が占める割合は少なかったといわれるいわゆる後期倭寇)とオランダのしのぎあいから説き起こされている。本書の副題は「南海を支配した一族」だが、確かに本書の構成は鄭成功の一代記というよりは鄭氏四代の事績を追うような形になっている。

 そもそも、鄭成功の父親、鄭芝龍は明の政府からも独立した勢力を築き上げていた海商であったが、当時海商と倭寇は紙一重であった。というのも、海賊と言ってしまうと略奪をこととするように思えるが、実際は武装した密貿易商であるからだ。鄭芝龍ははじめ海商の李旦の配下だったが、李旦は平戸を拠点としており、かつての倭寇の大頭目、王直も平戸を拠点とした海商であった(なお、このあたりの事情は上田信『シナ海域 蜃気楼王国の興亡』や、中島楽章「海商と海賊のあいだ――徽州商人と後期倭寇」(東洋文庫編『東インド会社とアジアの海賊』所収)を参照のこと)。
 明末の中央政府は地方の実権を把握しておらず、鄭芝龍を招安し、官位を与えて政権側に引き込もうとした。かつて王直は招安に応じたものの結果的に刑死したが、王直の時とは異なり、既に明政府に鄭芝龍の勢力を抑え込むだけの力はなかったのである。
 明が滅亡すると鄭芝龍は変わり身も早く清に降伏するが、息子の鄭成功が明の皇族の残存政権(南明)を支援し抗戦を選んだために処刑されてしまう。

 では、父が清に降伏したにも関わらず、なぜ鄭成功は抗戦を選んだのだろうか。そのあたりのことは、直接的に著者は考察していないが、本書で紹介されている限りの彼の経歴だと、儒学を学び、院試に合格していることなどが関わっているのだろうか。
 その後の展開については日本乞師や北伐の失敗、台湾攻略の対オランダ戦など、よく知られているところだろう。
 著者の鄭成功の評価としては、清に対して徹底的に戦ったことは評価してよいものの、軍閥の常なのか、身内殺しや、行き過ぎた厳格な軍規などは人心を失う原因となったのではないか、としている。

 話はここで終わらない。鄭氏政権のその後についてもかなり頁が割かれている。鄭成功の子、鄭経、そしてそのブレーンであった陳永華の事績について詳述してある。陳永華は台湾支配のために制度を整え、屯田制を敷いたり、学校を設置したり、産業を育成したりしたという。
 三藩の乱に際しては、鄭経は彼らとの連携を模索するが、うまくいかず、結局仲間割れするなどしている。
 その後、孫世代にあたる鄭克塽の時代に鄭氏の台湾統治は終わりを迎えることになる。

 全体を通じて、先にも書いた通り鄭成功の評伝というよりは鄭氏政権の通史のような趣のある本だったが、それゆえに痒い所に手が届く面も大いにあったので、これはこれで良いように思う。当時の東アジアの国際情勢も視野に入れられることもあって、なかなか面白い本であった。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。