岡本隆司『世界史序説』


 中国近代史が専門の岡本隆司氏によるアジア視点からの世界通史。副題は「アジア史から一望する」。

 言ってしまえば蛮勇である、というのは著者本人があとがきで述べている通りだ。世界史を一人の手で書くということは細部に渡る史実が各地域各時代次々と明らかになり、論点も種々生まれている時代にあって極めて困難である。しかしながら、筋の通った世界史の叙述は分担執筆では不可能である、というのが著者の立場だ。そこで世界史叙述にあたって基礎づけとなるセオリーを東洋史の成果から引き出し、貫徹させて記述したのが本書、ということになる。

 冒頭での著者の主張はこうだ。ウォーラステインの世界システム論、フランクのリオリエント、ポメランツの大分岐、そして近年の「グローバルヒストリー」などを漸次的な西洋の脱中心化の過程として評価はするが、最終的な道具立てや視座、使用概念などが未だ西洋中心主義を抜け出ていない、と言う。
 著者が用いる叙述の軸となるのは二つ、ひとつは梅棹忠夫『文明の生態史観』に基づくユーラシアの乾燥地帯を中心とした横軸、そして宮崎市定の時代区分論にヒントを得た西洋由来の時代区分からの脱却という縦軸である。

 具体的な叙述の段になると杉山正明氏、岡田英弘氏、森安孝夫氏など中央ユーラシア研究の中心人物の論を引いてきたり、ブリュア『財政=軍事国家の衝撃』といった西洋史の研究成果も盛り込んでおり、実は目新しい論はあまりない。どちらかといえば、それらの組み合わせ方に妙がある、というところだろう。
 ただし、結語に近い部分で改めて述べられているポメランツ批判は興味深い。東洋と西洋の一定時期までの数値の同期とそこからの分岐を論じるポメランツだが、その数値の中身を見ていない、と著者は批判する。遊牧・定住の様式の間で分業ができていた東洋と、そうではなかった西洋では初期条件が違い、そもそも分岐というなら生態環境からである、とする。このあたりの議論はダイアモンド『銃・病原菌・鉄』などと比べてみると面白いかもしれない。

 先にも書いたが一人の手で世界史を書くということは難しい。本書にもいくつか気になる点はある。例えば『文明の生態史観』を軸に据えるのであれば、ユーラシアの乾燥地帯と北アフリカとの連続性に着目した嶋田『砂漠と文明』は引くべきであったろうし、アジア史の出発点を遊牧・農業・商業の交錯するところに求めるのであれば、まさにその三項の連環(商業性ではなく都市性、という言い方はしているが)を軸にイスラーム文明を論じた小杉『イスラーム――文明と国家の形成』も参照すべきだっただろう。
 また、西洋中心史観を脱却しようとして東洋中心史観に陥ってはいないか、という疑問も生じるかもしれない。これは羽田正氏が『新しい世界史へ』で論じていた危惧に通じる。ただ、これに関しては著者があとがきで「あえて自らを不要とすべく」と書いている通り、過渡期のものだと考えたい。

 ともあれ、本書がやはり一人の手で世界史を書くというなしがたいことをなした本であることに変わりはなく、巷間に溢れている専門家でもないような人物の書いた世界通史のような本のカウンターとして、岡本氏がこの一冊を書き上げたということの意味は少なくないのではないだろうかと思う次第である。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ