耶律楚材/陳舜臣


 副題は上巻が「草原の夢」下巻が「無絃の曲」。
 某教授には散々にこき下ろされている、キタイ人の官僚である耶律楚材が主人公。楚材の名は外国に用いられる人材、の意である。
 
 まあ、学会での楚材に対する評価はさておき小説の筋の話をすると、金朝に仕えた、漢化したキタイ人の子孫であり、モンゴルに仕え、宰相となり、その野蛮な力を警察力に転化させるべく奮闘する、という物語である。
 基本的に政治と宮廷で渦巻く陰謀の話で、武将は目立たない。個人的にはいささか物足りない感もあったのだが、それでも読み切れてしまうのは著者の文才だろうか。

 以前紹介した「チンギス・ハーンの一族」もこの著者の作品だが、両方読めば理解が深まることだろう。特に四狗の一人、スブタイについてのエピソードは相互補完できると思う。

 楚材の努力を前面に押し出すためにモンゴルの残虐性、野蛮性がいささか強調されている気もするが、まあ小説なのでそこは割り切ろう。

 金朝に仕える者の子として生まれ、育ち、モンゴルに用いられた彼は、楚材として生まれ、楚材として生き、楚材として死んだのだろう。

 付け加えておくとモンゴル帝国と中華官僚の話でもあるので、カタカナ人名と漢字人名が入り乱れて出てくる。両方に興味のある人でないといささか厳しいかもしれない。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ