高橋進『ムッソリーニ』


 世界史リブレット人の一冊。副題は「帝国を夢みた政治家」。
 
 ムッソリーニ、あるいはファシスト・イタリアはヒトラーやナチ・ドイツに比べて日本語で読める本が少ない。ということで、本書は気軽に手に取れるムッソリーニの評伝として貴重な一冊となる。
 イタリアは日本やドイツと比べ、戦後の国際軍事裁判が開かれなかった(ファシストの犯罪への裁判は国内の枠で行われた)ことを筆頭に、いくつかの相違がある。ではその相違が何に由来するのか、その考察がまず一本の柱となる。相違の由来はすなわちイタリアの背景事情となるわけだが、その背景の中でムッソリーニがどう歩み何をしようとしていたのかを考える、とういうのが二本目の、そしてメインの柱となっている。

 さて、その背景だが、イタリアでは社会主義系勢力が強く、ムッソリーニも当初は社会主義運動とかかわりを持ち、社会党のメンバーとして政治活動を行っている。もっとも、ムッソリーニ自身は政治思想的には定見を持たず、むしろ理論より実践を重んじるべきだと考え、その立場を誇っていた節すらある。
 第一次世界大戦を経てムッソリーニは社会党に見切りをつけ、やがてファシスト党を結成することになる。この党の運動は実践=暴力を伴い、やがて国内諸勢力の思惑もむなしく、独裁化の道を進むことになる。ムッソリーニは様々な政策で国民の取り込みと動員の強化を図るが、一方で社会主義系勢力が強かったという背景は、ファシスト政権成立後も影響を保つ。
 やがて第二次世界大戦がはじまるわけだが、先の背景から社会主義系勢力からキリスト教民主派までを広範に巻き込み抵抗運動が組織され、連合国の進軍の前に地元生え抜きの反ファシスト勢力が自力でイタリアを解放した、という形を作ることができた。このあたりは日本、ドイツと異なる所以だろう。

 ムッソリーニの行動はヒトラーと異なりマスタープランを持たずかなり行き当たりばったりで(もっとも、ヒトラーのマスタープランの実現可能性は別の話だ)、イタリア自体の国力も単独で戦争を遂行する程度には強くはかった。またムッソリーニが独裁体制を敷いたとはいえ国王の権威も健在であり、古参ファシストの間ではムッソリーニは同輩の中の第一人者にすぎず、国内の政治勢力も敗戦が近くなると抵抗運動を組織する程度にファシスト体制は綻びていた。結局ムッソリーニのファシズムは「不完全な全体主義」であった、ということになる。
 この結果がイタリアにとって幸であったか不幸であったかは見方によるだろうが、自力でファシズムからの解放を成し遂げた一方で、ファシスト体制期のイタリアの加害性への対話が課題となっていることは本書の末尾で指摘されている通りである(このあたりの話は、ムッソリーニの評伝という本書の性格からははみ出すものになるのだろうが、もう少し詳しい話を読みたいところだ)。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
西アジア史が好きな一介の歴史好き。歴史理論にも興味があり哲学関係の本も読みます。
望月桜先生の『囚われの歌姫』を考証面でお手伝い中。

当ブログは管理人が読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ