蒙古襲来 歴史よもやま話/白石一郎


 元寇(と表現すると某教授に怒られるのだが)に関するエッセイ風の読み物。
 
 著者は直木賞受賞の歴史小説作家。
 蒙古襲来という事件は世界史と日本史の両方のバックグラウンドを理解していないと理解し辛いと思うのだが、モンゴルはチンギス・カンから(匈奴にも触れられている)、日本は源頼朝から説き起こしている上、文章が平易なので読みやすい。
 蒙古来襲に関しては昔から「神風」の影響の存否や両国の戦闘形態の相違など侃々諤々の議論があったが、まあ一つの解釈として読んでみるのもよいだろう。

 モンゴルが日本侵攻を企てたのは忠誠心の浅い南宋の兵士を「棄兵」するためだった、というような最近の説にも触れられている。

章立て

大草原の王
鎌倉幕府
クビライ・カアン
北条時宗
異国合戦(文永の役・弘安の役)
戦役以後
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ