世界の教科書シリーズ21 ベトナムの歴史


 ベトナムで使用されている中学歴史教科書の邦訳本。世界史・自国史(ベトナム史)両方が掲載されている。
 
 中学校(ベトナムの学校制度は5・4・3制なので中学校は日本の小学6年から中学3年に相当)の歴史教科書ではあるが、自国史であるベトナム史に関しては、やはりかなり詳しい。中学生向けの文章なので当然分かりやすく書かれており、なかなか日本には詳しい本が無いベトナム史を調べる上ではありがたい本だろう。
 特徴としてはベトナムの現在置かれている状況から、他国の侵略に対する抵抗運動に重点が置かれており、軍事史的な記述、作戦図なども見られる。

 末尾には現在のこの教科書を見渡した上で分析された、訳者のベトナムの現状の教育についての考察も掲載されている。詳しく便利な本ではあるが、考察を読んである程度穿った見方をしないとバイアスに囚われることになる。

 個人的にはモンゴルのベトナム侵攻を調べる上で非常に役立った。
プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ