近況・新刊情報と最近読んだ本など

 近況記事を書くほど読んだ本が溜まっていなかったので年始の挨拶をしておりませんでした。今更ですが明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 実は仕事の方で引っ越すことになりまして、生まれてこの方過ごしてきた瀬戸内を離れて日本海側に出て一ヶ月というところになっています。大きな本屋が近場にないのがいささか不便ですが、通勤時間は圧倒的に短縮されたので作業する時間はできそうかなあというところ。

 最近、某ゲームの影響で色々部外にも影響があるようです(というか私も便乗して年始のコラムを書いたわけですが)。どうやらその流れにのって筑摩書房が学芸文庫の岩村忍『暗殺者教国』を復刊したとのこと。あの本、ニザール派の本と見せかけて途中からモンゴルの話になっていくので、その辺大丈夫かなあとは思いつつ、サブカルの影響で学術界隈の本が復刊されるのは大いに歓迎したいところです。
 本の販促の話と言えばつい先日京都に遊びに行った折に折角だからということで丸善の京都本店に行ってたのですが、岡本隆司先生の『中国の誕生』のサイン本があったので結構な予定外の出費になったものの買ってしまうという一幕が……。

 それはさておき新刊情報。
 戎光祥出版の「シリーズ・実像に迫る」から生駒孝臣『楠木正成・正行』が今月23日。大楠公であれ小楠公であれ、楠木一党は軍記以外では史料が少なくあまりよくわかっていない人たちだと思うのですが、さてどう料理してくるのか。
 同シリーズからは4月に亀田俊和『征夷大将軍・護良親王』も予定に挙がっています。亀田先生は高師直や足利直義の評伝も書いていますが、今回は護良親王とは。
 角川選書より平山優『武田氏滅亡』が今月24日。選書なのに750頁3000円越えという何故分冊しなかったのかという疑問が湧くようなシロモノ。しかしながら平山先生の武田本とあれば関心のある向きには必読でしょう。
 集英社新書3月に神田千里『宣教師と『太平記』』。日本に来る宣教師はみんな太平記を読んでいて、なぜかと言えば太平記こそ当時の日本で大人気かつ基礎教養であったからだ、という内容の本の模様。とても面白そうです。
 山川出版社の世界史リブレットの新刊『オスマン帝国治下のアラブ社会』は、そろそろ出てもいい頃なんですがAmazonでは予約中になっています。
 ちくま学芸文庫3月には山内進『増補 十字軍の思想』。新書で出ていたものが増補版になって文庫に収録されるようです。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 すっかり間があいてしまって、スターク『十字軍とイスラーム世界』のレビューを書くまでの数日間広告が出てしまっていました。ちょっと事情があって調べごとに時間をとられていたので、歴史から離れていたわけではないのですが、流石に一ヶ月無更新というのは無いようにしたいところです。
 下でも書きましたが大河『真田丸』もそろそろ最終盤になりました。今のところ見逃しは無いので、全話完走を目指したいところです。関連本も今年は豊作だったので、そこも含めて当たり年だったなあと。

 さて、新刊情報。
 山川の世界史リブレット人12月の新刊は安村直己『コルテスとピサロ』。書店向けページには屋敷二郎『フリードリヒ大王』も上がっていましたが、山川のことなので年明けに延期でしょうかね。
 中公新書12月に藤澤房俊『ガリバルディ――イタリア建国の英雄』が。イタリア三傑のうちでも一番ワイルドな男というイメージがありますが、果たしてどういう内容になるのでしょうか。
 ちくま学芸文庫12月に羽田正『増補 モスクが語るイスラム史』。中公新書からの再録。近年、羽田先生は「イスラーム史」という枠組み自体に批判的になってきていますが、増補はそのあたりの事情を汲んだものになるのかなと思います。
 岩波12月でタヌーヒー『イスラム帝国夜話』が森本公誠先生の和訳で。結構なお値段になっていますが……。また、岩波新書1月で池田嘉郎『ロシア革命 破局の8か月』 。
 白水社1月には『覇王と革命』の杉山祐之氏の『張作霖 爆殺への軌跡1875-1928』。
 戎光祥出版のシリーズ「実像に迫る」の12月新刊は岩松要輔『鍋島直茂』と久保田順一『長野業政と箕輪城』。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 誘われて呉越国展と大妖怪展に行ってきました。
 呉越国展の方は案の定というかなんというか祝日だというのにあんまり人がおらず。ゆっくり見れたのでそれはそれでよかったのですが。仏教関連の遺物が多く、江南らしいなあというところ。
 大妖怪展は妖怪だけでは間が持たなかったのか幽霊や、こちらも仏教関連の展示が見られました。

 さて、新刊情報。
 吉川弘文館11月の「人をあるく」シリーズは中澤克昭『真田氏三代と信濃・大坂の合戦』。大河の放送中にねじ込んできた感じでしょうか。
 彩流社12月には『スペインレコンキスタ時代の王たち(仮): 中世八〇〇年の国盗り物語』という本が。学術書というより読み物に近い感じのようです。
 明石書店からはエリア・スタディーズシリーズの新刊が二冊。森井裕一[編著]『ドイツの歴史を知るための50章』、立石博高・内村俊太[編著]『スペインの歴史を知るための50章』。いずれも10月31日発売となっています。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 前回の近況記事から一月も間が空いてしまいました。この間、「始皇帝と大兵馬俑展」や「朝鮮時代の水滴」展を見に行ったりしています。
 兵馬俑展は大阪国立国際美術館での開催で、今回初めて訪れたんですが、あそこ、地下にかなり大きな展示スペースがあるんですねえ。初見ではちょっと驚きました。
 一緒に行った方の話では兵馬俑は現地ではガラスケースに入って展示されているそうですが、今回の展示では八体の兵馬俑が覆い無く細部まで観察できるようになっていました。個人的に面白かったのは銅製馬車でしょうか、窓の作りが面白く、是非これは実物を見てもらいたいと思います。
 図録はハードカバー・フルカラー200ページの大型本というなかなか立派なもの(買ったもののちょっと置き場所に困っていたりしますけれども)。
 なお、大阪での開催期間は明々後日の10月2日までです。

 「朝鮮時代の水滴」展の方は東洋陶磁美術館にて。特段陶磁器が好きなわけではないのですが、たまに気になる企画展があって見に行くと面白いものがあったりします。今回の展示では饅頭のような形の水滴(硯用の水差しです)がたくさん置いてありましたが、あれがインテリア的に格好いいかなと思ったり。
 展示を見て朝鮮でも文具マニアというのはいたんだなあと感慨にふけるひとときでありました。
 同日に大阪歴博の「真田丸」展にも行きたかったのですが、生憎火曜日休館だったのでまた後日ということに。どなたか付き合ってくださる方がいれば連絡ください。
 また、東洋陶磁美術館でチラシを見つけたのですが、大和文華館で10月8日から「呉越国」展が開催されるようで。呉越と言えば銭鏐は好きな武将なのですが、どちらかと言えば文化系の展示のようです。こちらも付き合ってくださる方がいればご連絡をば。

 さて、新刊情報。
 中公新書10月には呉座勇一『応仁の乱』。複数のファクターの事情がそれぞれに絡み合いすぎて何が何やらわからないのが応仁の乱ですが、果たして呉座先生が新書のページ数でどのようにまとめてくるのか。
 講談社からは氣賀澤保規『則天武后』が11月に学術文庫より。おそらく白帝社の中国歴史人物選の同タイトルの文庫化と思われます(同シリーズは良書が多いので他のものも文庫化してくれるとありがたいのですが)。同月の興亡の世界史シリーズ文庫版は小杉泰『イスラーム帝国のジハード』。
 メチエ11月にはミシェル・ロクベール『異端カタリ派の歴史 十一世紀から十四世紀にいたる信仰、十字軍、審問』。定価3100円というメチエにあるまじき値段設定になっていますが、相当分厚いのでしょうか……。
 吉川弘文館「人をあるく」シリーズ10月は早島大祐『足利義満と京都』、また「読みなおす日本史」シリーズには下出積與『木曽義仲』が収録されるようです。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 去る8月16日、大阪府立弥生文化博物館に「世界の文字の物語」展に友人と行ってきました。平日とは言え夏休み中でしたが、人も少なく快適に見られました(こんなに少なくて大丈夫かとは思ったりしなくもなかったですが)。
 実物大のハンムラビ法典が屹立していたり、ヒエラティック・ヒエログリフ・デモティック・コプト文字の関係などもすっきり分かったりと中々面白い展示でした。
 昼食を取った後は大阪観光をしたり、梅田のジュンク堂で一緒に本を見たり。

 さて、新刊情報。
 戎光祥出版から「シリーズ・実像に迫る」という評伝の叢書が出る模様。ラインナップは大河ドラマを意識したのか第一巻は真田信繁、第二巻は大谷吉継となっています。A5版で100頁ほどのようなので、山川の日本史リブレット人シリーズと似たような感じになるのでしょうか。
 ミネルヴァ書房からは日本評伝選で9月に新井孝重先生の『護良親王』、10月には亀田俊和先生の『足利直義』が出版され、二か月連続で南北朝ものが出ます。
 南北朝と言えば岩波文庫『太平記』六巻は10月。これにて完結となります。ちゃんと順調に出たので何より。函入りセットは出るんでしょうかね。
 中公新書9月では佐藤信弥『周―理想化された古代王朝』。同じく中公新書から昨年出ていた落合先生の『殷―中国史最古の王朝』の続編的な扱いなのでしょうか。甲骨文だけでなく金文研究の成果も盛り込まれている模様。
 講談社学術文庫「興亡の世界史」シリーズ文庫版は9月が『ロシア・ロマノフ王朝の大地』、10月が『通商国家カルタゴ』。
 来年の大河ドラマ絡みで井伊直虎本も複数出るようです。小和田哲夫『井伊直虎』は洋泉社歴史新書yから9月5日、夏目琢史『井伊直虎(仮)』が講談社現代新書から10月18日。

 もうひとつ。めでたいことにリンク先の歴史系倉庫さんがPHPからマンガを出されます!

 発売日は9月21日。私も少しだけお手伝いしました。
 歴史系倉庫のマンガ読者の方なら魅力の説明は不要と思いますが、全編描き直し・描き下ろしです。Amazonの他、楽天やhontoでも予約が始まっていますので、興味のある方は是非。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は掲示板か拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ