鈴木恒之『スカルノ』


 世界史リブレット人の一冊。副題は「インドネシアの民族形成と国家建設」。

続きを読む

佐藤彰一『禁欲のヨーロッパ』


 副題は「修道院の起源」。

続きを読む

野村啓介『ナポレオン四代』


 ナポレオン1~4世の評伝。
 副題は「二人のフランス皇帝と悲運の後継者たち」。

続きを読む

長谷川貴彦『現代歴史学への展望』


 主にイギリスと日本の現代歴史学の方法論の変遷を辿る史学史的論集。
 副題は「言語論的転回を超えて」。

続きを読む

小松久男[編]『1905年 革命のうねりと連帯の夢』


 山川のシリーズ「歴史の転換期」の第六回配本。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ